北京オリンピック公式NFTゲーム「Olympic Games Jam:Beijing 2022」リリース

by BITTIMES   

Animoca Brands(アニモカ・ブランド)は2022年2月3日に、同社の子会社である「nWay」が「国際オリンピック委員会(IOC)」と共同制作した2022年北京オリンピック冬季競技大会の公式ブロックチェーンゲーム『Olympic Games Jam:Beijing 2022』がリリースされたことを発表しました。

こちらから読む:ゲーム大手Ubisoft、HBAR財団と提携「暗号資産」関連ニュース

『Olympic Games Jam:Beijing 2022』公開

Animoca Brands(アニモカ・ブランド)は2022年2月3日に、同社の子会社である「nWay」が「国際オリンピック委員会(IOC)」と共同制作した2022年北京オリンピック冬季競技大会の公式ブロックチェーンゲーム『Olympic Games Jam:Beijing 2022』がリリースされたことを発表しました。

『Olympic Games Jam:Beijing 2022』は、2022年2月4日~20日までの期間にかけて開催される「第24回冬季オリンピック北京2022」から公式認定されたマルチプレーヤーパーティーゲームとなっており、ゲームをプレイすることによって暗号資産を稼ぐことができる「Play-to-Earn(P2E)」と呼ばれるモデルが採用されています。

このゲームは最大20人のプレイヤーがオリンピック競技のミニゲームで競い合って遊ぶことができるパーティーゲームとなっており、アバターの外見を自由にカスタマイズすることも可能となっています。

プレイヤーはゲームをプレイすることによって過去の大会のマスコットや競技のピクトグラムを模した「NFTピンバッジ」を獲得することもできるようになっており、獲得したNFTピンバッジはnWayが運営するNFTマーケットプレイス「nWayPlay」で売買することもできると説明されています。

「nWay」のCEOであるTaehoon Kim氏は『Olympic Games Jam:Beijing 2022』のリリースについて次のようにコメントしています。

オリンピックは世界最大のスポーツの祭典です。この世界的な祭典に様々なゲームスキルを持つ皆様が参加できるようにするという点においてパーティーゲームほど適したジャンルはないと思います。

「nWay」は高品質なマルチプレイヤーゲームを制作してきた実績を有しています。『Olympic Games Jam:Beijing 2022』をPlay-to-Earnモデルのゲームとすることによって、ゲーマーやNFTコレクターはオリンピックに参加するだけでなく、オリンピックの歴史の一部を所有できるようになるのです。

私たちは、今後数ヶ月間、継続的なアップデートでゲームをサポートし、プレイヤーを魅了し、オリンピック精神を継続させるつもりです。

なお『Olympic Games Jam:Beijing 2022』は2022年2月3日にAndroid・iOS向けアプリとして無料で公開されたと報告されていますが、日本居住者は利用できないようになっているとも報告されています。

>>「Animoca Brands」の公式発表はこちら
>>「Olympic Games Jam」の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

CAMPFIRE:Web3事業を手掛ける新会社「Livefor」を設立

CAMPFIRE:Web3事業を手掛ける新会社「Livefor」を設立

日本セキュリティトークン協会「Security Token Market(STM)」とパートナー契約

日本セキュリティトークン協会「Security Token Market(STM)」とパートナー契約

EUを業界リーダーへ「欧州ブロックチェーン協会」を設立|Ripple・CARDANOなど4企業

EUを業界リーダーへ「欧州ブロックチェーン協会」を設立|Ripple・CARDANOなど4企業

Twitter CEO:分散型SNS実現目指し「BlueSky」に出資|ブロックチェーンで問題解決へ

Twitter CEO:分散型SNS実現目指し「BlueSky」に出資|ブロックチェーンで問題解決へ

代替インターネット展開する「tomiNet」4000万ドルの資金調達|仮想通貨TOMIも価格急騰

代替インターネット展開する「tomiNet」4000万ドルの資金調達|仮想通貨TOMIも価格急騰

NFTStudio:NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」提供開始

NFTStudio:NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」提供開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

FET・OCEAN・AGIXをASIトークンに集約「人工超知能アライアンス」設立へ

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

「ビットコインは詐欺かもしれないが大好き」ロバート・キヨサキ氏が様々な質問に回答

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す