北京オリンピック公式NFTゲーム「Olympic Games Jam:Beijing 2022」リリース

by BITTIMES   

Animoca Brands(アニモカ・ブランド)は2022年2月3日に、同社の子会社である「nWay」が「国際オリンピック委員会(IOC)」と共同制作した2022年北京オリンピック冬季競技大会の公式ブロックチェーンゲーム『Olympic Games Jam:Beijing 2022』がリリースされたことを発表しました。

こちらから読む:ゲーム大手Ubisoft、HBAR財団と提携「暗号資産」関連ニュース

『Olympic Games Jam:Beijing 2022』公開

Animoca Brands(アニモカ・ブランド)は2022年2月3日に、同社の子会社である「nWay」が「国際オリンピック委員会(IOC)」と共同制作した2022年北京オリンピック冬季競技大会の公式ブロックチェーンゲーム『Olympic Games Jam:Beijing 2022』がリリースされたことを発表しました。

『Olympic Games Jam:Beijing 2022』は、2022年2月4日~20日までの期間にかけて開催される「第24回冬季オリンピック北京2022」から公式認定されたマルチプレーヤーパーティーゲームとなっており、ゲームをプレイすることによって暗号資産を稼ぐことができる「Play-to-Earn(P2E)」と呼ばれるモデルが採用されています。

このゲームは最大20人のプレイヤーがオリンピック競技のミニゲームで競い合って遊ぶことができるパーティーゲームとなっており、アバターの外見を自由にカスタマイズすることも可能となっています。

プレイヤーはゲームをプレイすることによって過去の大会のマスコットや競技のピクトグラムを模した「NFTピンバッジ」を獲得することもできるようになっており、獲得したNFTピンバッジはnWayが運営するNFTマーケットプレイス「nWayPlay」で売買することもできると説明されています。

「nWay」のCEOであるTaehoon Kim氏は『Olympic Games Jam:Beijing 2022』のリリースについて次のようにコメントしています。

オリンピックは世界最大のスポーツの祭典です。この世界的な祭典に様々なゲームスキルを持つ皆様が参加できるようにするという点においてパーティーゲームほど適したジャンルはないと思います。

「nWay」は高品質なマルチプレイヤーゲームを制作してきた実績を有しています。『Olympic Games Jam:Beijing 2022』をPlay-to-Earnモデルのゲームとすることによって、ゲーマーやNFTコレクターはオリンピックに参加するだけでなく、オリンピックの歴史の一部を所有できるようになるのです。

私たちは、今後数ヶ月間、継続的なアップデートでゲームをサポートし、プレイヤーを魅了し、オリンピック精神を継続させるつもりです。

なお『Olympic Games Jam:Beijing 2022』は2022年2月3日にAndroid・iOS向けアプリとして無料で公開されたと報告されていますが、日本居住者は利用できないようになっているとも報告されています。

>>「Animoca Brands」の公式発表はこちら
>>「Olympic Games Jam」の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン基盤の「電力取引・トレーサビリティシステム」で特許取得:みんな電力

ブロックチェーン基盤の「電力取引・トレーサビリティシステム」で特許取得:みんな電力

G7「中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する共通原則」を発表

G7「中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する共通原則」を発表

ビットコイン価格「40万円台」まで暴落|主要仮想通貨も大幅マイナス

ビットコイン価格「40万円台」まで暴落|主要仮想通貨も大幅マイナス

Zaif・フィスコ仮想通貨取引所「サービス統合」を完了

Zaif・フィスコ仮想通貨取引所「サービス統合」を完了

Twitter主導の分散型SNS「Bluesky」仮想通貨Zcash開発者がリーダーに

Twitter主導の分散型SNS「Bluesky」仮想通貨Zcash開発者がリーダーに

日本仮想通貨税務協会「正しい確定申告方法」が学べるイベント開催へ|国税庁も支援

日本仮想通貨税務協会「正しい確定申告方法」が学べるイベント開催へ|国税庁も支援

注目度の高い仮想通貨ニュース

L'OREAL PROFESSIONAL「Ready Player Me」との提携によるバーチャルヘアスタイル公開

L'OREAL PROFESSIONAL「Ready Player Me」との提携によるバーチャルヘアスタイル公開

FBI:Harmonyブリッジの仮想通貨窃盗事件「北朝鮮支援のハッカー集団が関与」と断定

FBI:Harmonyブリッジの仮想通貨窃盗事件「北朝鮮支援のハッカー集団が関与」と断定

イーサリアム・ネーム・サービス(ENS)Coinbaseの「iOS・Androidアプリ」に対応

イーサリアム・ネーム・サービス(ENS)Coinbaseの「iOS・Androidアプリ」に対応

OKCoinJapan:販売所・取引所でテゾス(Tezos/XTZ)取扱いへ

OKCoinJapan:販売所・取引所でテゾス(Tezos/XTZ)取扱いへ

AI搭載NFTアバター「XANA:GENESIS」のリアルアート展開催へ

AI搭載NFTアバター「XANA:GENESIS」のリアルアート展開催へ

2023年の専門家が選ぶ確実に伸びる仮想通貨5選

2023年の専門家が選ぶ確実に伸びる仮想通貨5選

匂いのNFT:実業家グラドルの「ヴァネッサ・パン氏」がアンバサダーに就任

匂いのNFT:実業家グラドルの「ヴァネッサ・パン氏」がアンバサダーに就任

POS端末展開のClover「ビットコインのLightning決済」を試験導入|StrikeとFiservが提携

POS端末展開のClover「ビットコインのLightning決済」を試験導入|StrikeとFiservが提携

大きなリターンが期待される仮想通貨プロジェクト5選

大きなリターンが期待される仮想通貨プロジェクト5選

ドージコイン(DOGE)、ソラナ(SOL)とメタケード(MCADE)市場はインフレ冷え込みを示すにつれて上昇傾向にあり

ドージコイン(DOGE)、ソラナ(SOL)とメタケード(MCADE)市場はインフレ冷え込みを示すにつれて上昇傾向にあり

バハマ証券委員会「35億ドル相当のFTX資産」を保有|債権者に返還予定

バハマ証券委員会「35億ドル相当のFTX資産」を保有|債権者に返還予定

The Sandboxに「北斗の拳」のメタバース構築|世紀末LAND展開へ

The Sandboxに「北斗の拳」のメタバース構築|世紀末LAND展開へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す