オリンピック公式認定された「NFTピンバッジ」発売へ:IOC × nWay

by BITTIMES

Animoca Brands(アニモカ・ブランド)は2021年6月3日に、同社の子会社である「nWay」が国際オリンピック委員会(IOC)とのライセンス契約を通じて『NFTオリンピックピン』を発売することを発表しました。また今回の発表では「NFTオリンピックピン」と「クロスプレイマルチプレイヤーゲーム」を組みわせた新しいデジタルエンターテインメントサービスを近日中に開始することも報告されています。

こちらから読む:bitFlyer、日米間のクロスボーダー取引開始「暗号資産」関連ニュース

公式ライセンスの「NFTオリンピックピン」発売へ

(画像:国際オリンピック委員会)(画像:国際オリンピック委員会)

Animoca Brands(アニモカ・ブランド)は2021年6月3日に、同社の子会社である「nWay」が国際オリンピック委員会(IOC)とのライセンス契約を通じて『NFTオリンピックピン』を発売することを発表しました。

nWayはサンフランシスコを拠点にモバイル・PC・コンソール向けの対戦型マルチプレイヤーゲームを開発している企業であり、「WWEⓇ Undefeated、POWER RANGERS、Battle for the Grid、POWER RANGERS、Legacy Wars、ChronoBlade」などのゲームを開発した実績を有しています。

今回発表された『NFTオリンピックピン』は、ブロックチェーン技術を活用した収集・交換可能な"オリンピックピンバッジのデジタル版"となっています。このNFTピンバッジはNon-Fungible Token(NFT)として発行されるされるため、真物保証・レア度などといった面で物理的なピンバッジと変わらない特徴を持ち、真のコレクターズアイテムになると説明されています。

「NFTオリンピックピン」は過去に開催されたオリンピックの記念デザインのものも発行されることになっており、公式発表では『NFTオリンピックピンは、過去のオリンピックのアートとデザインを讃え、過去125年にわたる近代オリンピックのポスター・エンブレム・ピクトグラム・マスコットなど、世界最大のスポーツイベントのグラフィックレガシーを反映した"オリンピック ヘリテージ コレクション"の一部としてセットで発売される』と説明されています。

NFTオリンピックピンの入手方法

「nWay」と「国際オリンピック委員会」が発行する"NFTオリンピックピン"は以下3つの方法で入手することができるとされています。

  1. 「nWayPlay.com」で組み合わせパックを購入する
  2. 「nWayPlay マーケットプレイス」で他のコレクターから特定のピンを直接購入する
  3. 「nWayPlay」に接続され、2022年冬季オリンピック北京大会に向けて発売されるオリンピックをテーマにしたリアルタイムの対戦型ビデオゲームをプレイして無料で獲得する

なお「nWayPlay」は『NFTを景品としたPlay-to-earn機能を備えた、対戦型マルチプレイヤーゲームのプラットフォーム』だと説明されており、公式認定された様々な知的財産(IP)関連のNFTを購入・販売・獲得することができる分散型マーケットプレイスとしても機能すると説明されています。

nWayPlayでの組み合わせパック購入は2021年6月17日から可能になり、その後はすぐにオンラインマーケットプレイスでもNFTオリンピックピンを取引できるようになるとのことです。

IOC・nWay代表者のコメント

国際オリンピック委員会(IOC)テレビマーケティングサービスのマネージングディレクターであるTimo Lumme(ティモ・ルンメ)氏と、nWayのCEOであるTaehoon Kim氏は「NFTオリンピックピン」の発行について次のようにコメントしています。

【国際オリンピック委員会:Timo Lumme氏】
元々オリンピックピンはアスリート・審判員・職員を識別するための手段として配布されていましたが、過去125年の間にアスリートからイベントスタッフ・ジャーナリスト・観客がオリンピック村やそれ以外の場所でも、ピン集めや交換することが、オリンピックの伝統になりました。

本日の発表は、この伝統が自然な進化を遂げたものであり、オリンピック アジェンダ2020+5と、新しいデジタル技術を取り入れたことでオリンピックの価値を広め、ファンとの直接的な関係を深めるというIOCのデジタル戦略に沿ったものです。今では、全く新しい方法でも大会の興奮を味わうことができ、オリンピックの伝統のピンをデジタルで所有することができるようになりました。

【nWay:Taehoon Kim氏】
国際オリンピック委員会(IOC)と協力して、NFTオリンピックピンコレクションを「nWayPlay マーケットプレイス」に初めて導入できることを光栄に思います。ゲーム開発者としての経験を活かし、高品質な3Dモデルにアニメーションやビジュアルエフェクトを組み込むことで、真にプレミアムなNFTを実現しました。

なお、オリンピックをテーマにした新しいビデオゲームは、2022年の冬季オリンピック北京大会に向けて2021年後半にリリースされる予定だと報告されています。

>>「Animoca Brands」の公式発表はこちら
>>「国際オリンピック委員会」の公式発表はこちら
>>「nWayPlay」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで「マンガの売上をファンに還元」権利売買サービスを実証実験:TART

ブロックチェーンで「マンガの売上をファンに還元」権利売買サービスを実証実験:TART

ステーブルコイン:ジェミニドルの流通量「約80%」がHuobiに|集中化の理由と懸念点

ステーブルコイン:ジェミニドルの流通量「約80%」がHuobiに|集中化の理由と懸念点

カルダノ財団CEOが語る「銀行がCardano(ADA)を保有する可能性」

カルダノ財団CEOが語る「銀行がCardano(ADA)を保有する可能性」

仮想通貨・ブロックチェーン業界に「春」到来:Reddit共同創設者Alexis Ohanian

仮想通貨・ブロックチェーン業界に「春」到来:Reddit共同創設者Alexis Ohanian

ビットコインアドレスで音声通話できるアプリ「TKS Cell」登場|特徴・機能・使い方も

ビットコインアドレスで音声通話できるアプリ「TKS Cell」登場|特徴・機能・使い方も

中国:国家主導のブロックチェーンネットワーク「2020年4月」から本格稼働へ

中国:国家主導のブロックチェーンネットワーク「2020年4月」から本格稼働へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

カルダノウォレット「Lace」取引内容確認で嬉しいアップデートを実施

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

仮想通貨決済のSlash「SVLトークンのエアドロップ」実施へ|対象者なども発表

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

シバイヌ(SHIB)は今後「300%以上」上昇する?さらに強気な価格予想も

シバイヌ(SHIB)は今後「300%以上」上昇する?さらに強気な価格予想も

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

【重要】ビットトレード「OMG・ENJの取扱い廃止」を発表|上場廃止の理由は?

【重要】ビットトレード「OMG・ENJの取扱い廃止」を発表|上場廃止の理由は?

DexHunter:カルダノ分散委任ツール「Atrium」と提携|独自のステーキングバスケット提供へ

DexHunter:カルダノ分散委任ツール「Atrium」と提携|独自のステーキングバスケット提供へ

Magic Eden:イーサリアムNFT利用者に「ダイヤモンドリワード」を配布

Magic Eden:イーサリアムNFT利用者に「ダイヤモンドリワード」を配布

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す