Web3.0企業「Animoca Brands」が日本進出|講談社などから約11億円調達

by BITTIMES

人気のブロックチェーンゲームなどを多数手がけている香港のWEB3.0企業「Animoca Brands(アニモカ・ブランズ)」は2022年2月15日に、日本における事業拡大に向けた戦略的子会社『Animoca Brands 株式会社』を2021年10月25日に設立したことを発表しました。今回の発表では、Animoca Brands株式会社が2022年1月にシードラウンドで約11億円の資金調達を完了したことも報告されています。

こちらから読む:Bitrue、SUNDAEトークン取扱い開始「暗号資産」関連ニュース

戦略的子会社「Animoca Brands 株式会社」を設立

Animoca Brands(アニモカ・ブランズ)は2022年2月15日に、日本における事業拡大に向けた戦略的子会社『Animoca Brands 株式会社』を2021年10月25日に設立したことを発表しました。

アニモカ・ブランズは香港を拠点とするWeb3.0企業であり、世界各国で150以上のメタバースやNFT企業・プロジェクトなどに関する投資を行っている他、350以上の人気グローバルブランドと提携、ブロックチェーン/NFTに関連したブロックチェーンゲーム・メタバース・DeFi・仮想通貨・ウォレットなど様々な分野への投資を行ない、独自のWeb3.0のエコシステムを構築しています。

今回新たに設立された「Animoca Brands 株式会社」は、『大手出版社・ブランド・教育・スポーツ競技団体・アスリート・アーティスト・ゲーム会社といった、日本の知財やコンテンツ(IP)ホルダーが世界に直接コミュニティを作り、グローバルでファンを獲得し、トラフィックを創生することを支援すること』を目的として設立された戦略的子会社であり、具体的には『ブロックチェーン技術を活用したプラットフォームを構築・提供し、日本の知財・IPホルダーがWeb3.0のエコシステムの中で自らNFTやトークンを発行できる仕組みを提供。それによって、ファンとのコミュニティを構築し成熟化させていくことを支援する』と説明されています。

Animoca Brands株式会社は2021年10月に「国際金融都市構想」を掲げる福岡市に日本進出に向けた準備会社を登記したとのことで、2022年1月にはシードラウンドとして「MCPアセット・マネジメント」が組成した「IPX1号ファンド」から500万ドル、「Animoca Brands」から500万ドルの合計1,000万ドル(約11億円)の資金調達を完了したと報告されています。なお、IPX1号ファンドには「株式会社講談社・西日本鉄道株式会社・三井住友信託銀行株式会社」などが参画しているとも報告されています。

同社は今後、東京都港区を拠点として日本での事業拡大に取り組んでいくとのことで『来たるWeb3.0時代に、日本と世界を直接つなげることを使命としてビジネスを展開していく』と説明されています。

「Animoca Brands」の共同創設者であるYat Siu(ヤット・シウ)氏と、「Animoca Brands株式会社」の代表取締役である谷 元樹氏は、同社の日本進出について次のようにコメントしています。

【Animoca Brands:Yat Siu氏】
高品質で魅力的な知財やコンテンツが豊富にある日本に、この度「Animoca Brands Japan」を設立することに大変興奮しています。また講談社などグローバルにおけるジャパンカルチャーに影響力のある世界的な企業から出資を受けられることを大変光栄に思っています。「Animoca Brands Japan」は、日本のIPオーナーの皆様がオープンメタバースでWeb3.0の新しい製品やサービスを提供できるよう、パートナーとして活動していきます。

【Animoca Brands株式会社:谷 元樹氏】
長く父の仕事の関係で幼少期から海外で育った私は、日本の文化が持つパワーを身近に感じてきました。漫画やアニメ、ゲーム、アート、芸術、スポーツといった日本が誇る文化・コンテンツは世界中のファンから愛されています。そうした日本の IP、アスリート、クリエイター、制作者と世界のファンを直接繋げる一助となるべく、「Animoca Brands KK」の代表取締役に着任しました。

Animoca Brands は、世界各地に 150 社以上のポートフォリオを有する世界一多様なコミュニティ群を形成しております。関連サービスの利用者は 1 億人を超え「アニモカエコシステム」と呼ばれる Web3.0の開かれた、共有する、共感する世界を広げています。 Animoca Brands KK は、その日本における戦略的子会社として設立されました。開かれたWeb3.0 の世界へ、日本の IP・知財ホルダー・アスリートの皆様を全力でご支援します。

>>「Animoca Brands 株式会社」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインチェック「IEO事業」開始を検討|ユーティリティトークンによる資金調達を支援

コインチェック「IEO事業」開始を検討|ユーティリティトークンによる資金調達を支援

【Chiliz】Trabzonsporの「TRAファントークン」9月22日に限定販売へ

【Chiliz】Trabzonsporの「TRAファントークン」9月22日に限定販売へ

DMMビットコイン:SHIB・OASなど「仮想通貨5銘柄」取扱いへ|レバレッジ取引も提供

DMMビットコイン:SHIB・OASなど「仮想通貨5銘柄」取扱いへ|レバレッジ取引も提供

ブロックチェーン技術の応用で激変する12の業界

ブロックチェーン技術の応用で激変する12の業界

Lumi Wallet:Apple Pay対応後、ビットコイン購入が「200%」増加

Lumi Wallet:Apple Pay対応後、ビットコイン購入が「200%」増加

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説