ビットバンク:Lightning Network実用化に向け「NLoop」公開|取引所への機能実装も検討

by BITTIMES

bitbank(ビットバンク)は2022年2月16日に、少額のビットコイン(BTC)を低コストで素早く送金することができる技術「Lightning Network(ライトニング・ネットワーク)」の実用化に向けて、同社が独自開発したアプリケーション『NLoop(エヌループ)』を公開したことを発表しました。ビットバンクは今回の発表の中で、暗号資産取引所ビットバンクで「Lightning Networkを活用した入出金の実装」を検討していることも報告しています。

こちらから読む:GMOコイン、DAI・MKR取扱い開始「暗号資産」関連ニュース

Lightning Network実用化に向け「NLoop」公開

bitbank(ビットバンク)は2022年2月16日に、少額のビットコイン(BTC)を低コストで素早く送金することができる技術「Lightning Network(ライトニング・ネットワーク)」の実用化に向けて、同社が独自開発したアプリケーション『NLoop(エヌループ)』を公開したことを発表しました。

Lightning Network(ライトニング・ネットワーク)とは、ビットコインのブロックチェーンが抱える「拡張性・処理速度・送金手数料」などの課題を解決するために考案されたレイヤー2の最先端技術であり、ブロックチェーンの外(オフチェーン)で取引を実行することによって、送金速度を大幅に向上させ、少額のBTCを安い送金手数料で送金できる仕組みなっています。

ビットバンクが開発した『NLoop(エヌループ)』はこのライトニング・ネットワークを安定して使用するためのソフトウェアとなっており、公式発表では『ネットワーク参加者が世界の様々な流動性提供者に接続して、チャンネルを常に使用可能な状態に保つ処理を行うことを自動化するアプリケーションであり、Lightning Networkを普及させていく上で課題となっている流動性不足に対するソリューションとして機能する』と説明されています。

なお、Lightning Networkで流動性提供者とのやり取りを自動化するアプリケーションは国内初の事例であるとのことで、「ビットバンク株式会社」のシステム部門プラットフォーム部クリプトチームに所属している"NLoop開発者"の宮本 丈氏は、公式発表の中で次のようにコメントしています。

インターネットに Internet Service Provider (ISP) が存在するように、インターネットオブマネーであるビットコインには、ライトニングネットワークへの接続を担保する Lightning Service Provider (LSP) という主体が必要になります。現在「暗号資産取引所」と呼ばれれているものの多くは、近い将来LSPになると私は考えています。

本ソフトウェアは、弊社がその過程を歩むための第一歩です。技術的な詳細については、テックブログをご参照ください(https://tech.bitbank.cc/nloop-announcement-jp/

LSP事業の潜在的な重要性自体は多くの事業者が認識していることと思いますが、現時点でR&Dを行っている会社はそう多くはないと思います。ビットバンクは、 Lightning Networkの普及を目標に研究開発を行っている数少ない会社のうちの一つです。絶賛採用中なので、我こそはと思う方はぜひご連絡ください。

なお、今回の発表では「暗号資産取引所ビットバンクでLightning Networkを活用した入出金機能を実装すること」を検討しているとも報告されており、『Lightning Networkを活用することによって、よりスムーズな入出金を可能にし、裁定取引(アービトラージ)などにおける利便性を高めるだけでなく、少額決済など様々な送金需要に対応した機能性を実現することができる』と説明されています。

Lightning Networkを活用した入出金イメージ(画像:ビットバンク)Lightning Networkを活用した入出金イメージ(画像:ビットバンク)

>>「ビットバンク」の公式発表はこちら

暗号資産取引所ビットバンクの新規登録はこちら

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

韓国向け暗号資産取引所「Binance KR」2021年1月でサービス終了へ

韓国向け暗号資産取引所「Binance KR」2021年1月でサービス終了へ

BINANCE:仮想通貨販売所で「15種類の法定通貨」をサポート

BINANCE:仮想通貨販売所で「15種類の法定通貨」をサポート

Upbit運営会社「Dunamu」韓国初の暗号資産事業者ライセンス申請

Upbit運営会社「Dunamu」韓国初の暗号資産事業者ライセンス申請

ビットコイン反発で一時「70万円台」まで回復|ロングポジションも増加傾向

ビットコイン反発で一時「70万円台」まで回復|ロングポジションも増加傾向

テレグラム:TONブロックチェーンの「テスト用ファイル・リソース」を公開

テレグラム:TONブロックチェーンの「テスト用ファイル・リソース」を公開

NFTマーケットプレイス「nanakusa」公認クリプトアーティストの審査受付を開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」公認クリプトアーティストの審査受付を開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

coinbook「暗号資産OTC取引サービス」提供開始|BTC・ETHを取扱い

coinbook「暗号資産OTC取引サービス」提供開始|BTC・ETHを取扱い

暗号資産取引所CoinBest「取引所取引API」を公開

暗号資産取引所CoinBest「取引所取引API」を公開

Coincheck NFT:日本発のジェネラティブアートNFT「Generativemasks」取扱いへ

Coincheck NFT:日本発のジェネラティブアートNFT「Generativemasks」取扱いへ

エルサルバドル:ビットコイン価格下落の中「500BTC」を買い増し

エルサルバドル:ビットコイン価格下落の中「500BTC」を買い増し

OKX:FAME MMAの「FAMEトークン」取扱いへ|暗号資産取引所に初上場

OKX:FAME MMAの「FAMEトークン」取扱いへ|暗号資産取引所に初上場

Chiliz:テストネットフェーズ2に突入|分散型取引所「PepperSwap」などを公開

Chiliz:テストネットフェーズ2に突入|分散型取引所「PepperSwap」などを公開

NFTマーケットプレイス「Coinbase NFT:ベータ版」全ユーザー向けに提供開始

NFTマーケットプレイス「Coinbase NFT:ベータ版」全ユーザー向けに提供開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年4月17日〜23日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年4月17日〜23日

女優・創作あーちすと「のん」ReConeでNFT保有者限定メタバースコミュニティ開設

女優・創作あーちすと「のん」ReConeでNFT保有者限定メタバースコミュニティ開設

Metahero×FAME MMA「没入型Play to Earn格闘ゲーム」のサンプル映像公開

Metahero×FAME MMA「没入型Play to Earn格闘ゲーム」のサンプル映像公開

Bybit:新規上場銘柄を投票で決める「ByVotes」導入へ|仮想通貨がもらえるチャンスも

Bybit:新規上場銘柄を投票で決める「ByVotes」導入へ|仮想通貨がもらえるチャンスも

米クラーケン:NFTマーケットプレイス「Kraken NFT」公開へ|事前登録受付を開始

米クラーケン:NFTマーケットプレイス「Kraken NFT」公開へ|事前登録受付を開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す