米バイデン大統領「暗号資産に関する大統領令」に署名|仮想通貨業界からは歓迎の声

by BITTIMES   

アメリカのジョー・バイデン大統領が「暗号資産(仮想通貨)に関する大統領令」に正式に署名したことが明らかになりました。今回の大統領令に関しては以前から『規制によって仮想通貨業界が締め付けられる可能性がある』と懸念する声が出ていたものの、正式発表後は『仮想通貨業界関係者は今回の大統領令を歓迎している』との報告も行われています。

こちらから読む:仮想通貨送金で"受取人情報"が必要に「暗号資産」関連ニュース

リスクを軽減しつつ、イノベーションを推進

アメリカのジョー・バイデン大統領が「暗号資産(仮想通貨)に関する大統領令」に正式に署名したことが明らかになりました。ホワイトハウスは2022年3月9日に『バイデン大統領、デジタル資産の責任ある発展を実現するための大統領令に署名』というタイトルの概要報告書を公開してこのことを報告しています。

公開された大統領令の概要報告書では"暗号資産を含めたデジタル資産がこの数年間で大幅に成長していること"が説明されており、具体的には「デジタル資産全体の時価総額が昨年11月に3兆ドルと突破したこと、成人アメリカ人の約16%にあたる約4,000万人が暗号資産を取引・使用したことがあること、100カ国以上で中央銀行デジタル通貨(CBDC)が検討・試験導入されていること」などが挙げられています。

またその上で『デジタル資産の台頭は、世界の金融システムと技術開発で米国がリーダーシップ強化する機会を生み出すだけでなく、消費者保護・金融安定性・国家安全保障・気候リスクにも大きな影響を与える』とも説明されており『米国はこの急速に成長する領域で技術的なリーダーシップを維持し、様々なリスクを軽減しながらイノベーションを支援し、民主主義的価値や米国の国際的な競争力のもとで、デジタル資産領域における主導的な役割を果たす必要がある』とコメントされています。

大統領令では「暗号資産やデジタル資産がもたらすリスクにしっかりと対応しながら、デジタル資産や基盤技術の潜在的なメリットを活用してイノベーションを支援しつつ、デジタル資産領域における米国のリーダーシップを強化する必要がある」ということが説明されており、具体的な施策としては以下のようなことが挙げられています。

  • 消費者・投資家・企業を保護するための影響評価と政策提言
  • 米国と世界の金融安定性確保とシステミックリスク対策
  • デジタル資産の不正利用による金融・国家安全保障上のリスクを軽減する
  • グローバル金融システムにおける米国のリーダーシップ強化
  • 安全かつ手頃な金融サービスへのアクセスを促進する
  • プライバシー・セキュリティ・不正利用への対処・気候への悪影響軽減を優先しつつ、技術の進歩を研究・支援する具体的な措置を取る
  • CBDCの可能性に関する研究開発を早急に行い、必要な場合は米国のCBDCを検討する

大統領令では、財務省など米国の各機関と協力してデジタル資産関連の対応を進めていくことが説明されており、同盟国・パートナー・民間企業などとも協力しながら"デジタル資産のリスクにも対処した責任あるイノベーション推進政策"を確立していくと説明されています。

今回の大統領令に関しては以前から『規制によって仮想通貨業界が締め付けられる可能性がある』と懸念する声が出ていたものの、正式発表後は『米国政府がビットコイン関連のイノベーションの支持することは素晴らしいことだ』『大統領令は真面目に仮想通貨関連の取り組みを進めてきた人々にとって良いニュースだ』といったように、仮想通貨業界関係者からも今回の大統領令を歓迎する声が多数出ているとも報告されています。

>>「ホワイトハウス」の公式発表はこちら
>>「大統領令の詳細」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios:スポーツテクノロジーアワードの「最終候補」に選出

Chiliz&Socios:スポーツテクノロジーアワードの「最終候補」に選出

【重要】JPYCv1→JPYCv2へのアップデート「2022年5月21日」に実施予定

【重要】JPYCv1→JPYCv2へのアップデート「2022年5月21日」に実施予定

BINANCE(バイナンス):韓国の仮想通貨市場に進出

BINANCE(バイナンス):韓国の仮想通貨市場に進出

中央銀行デジタル通貨で「プライバシー」が失われる?金持ち父さん著者が警告

中央銀行デジタル通貨で「プライバシー」が失われる?金持ち父さん著者が警告

MP3音楽配信老舗「eMusic」独自仮想通貨eMUトークンを公開

MP3音楽配信老舗「eMusic」独自仮想通貨eMUトークンを公開

レアルマドリード:ブロックチェーン基盤のグッズ交換アプリ「Fantastec SWAP」に参加

レアルマドリード:ブロックチェーン基盤のグッズ交換アプリ「Fantastec SWAP」に参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

OpenAIの動画生成AI「Sora」が影響?ワールドコイン(WLD)価格高騰

OpenAIの動画生成AI「Sora」が影響?ワールドコイン(WLD)価格高騰

メタマスク:仮想通貨購入方法をさらに拡充「Robinhood」と提携

メタマスク:仮想通貨購入方法をさらに拡充「Robinhood」と提携

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

新規口座開設+購入で「10,000円相当のNIDT」が当たるキャンペーン開始:コインブック

仮想通貨DEPが稼げる対戦バトルゲーム「BouncyBunny」リリース

仮想通貨DEPが稼げる対戦バトルゲーム「BouncyBunny」リリース

現物ビットコインETFが「歴史上No.1」に|1ヶ月間の資金流入額で記録更新

現物ビットコインETFが「歴史上No.1」に|1ヶ月間の資金流入額で記録更新

チリーズ(Chiliz/CHZ)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チリーズ(Chiliz/CHZ)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

BINANCE「本人確認(KYC)情報漏洩の噂」について説明|自分でできる対策は?

BINANCE「本人確認(KYC)情報漏洩の噂」について説明|自分でできる対策は?

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA」などで注目記事多数

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA」などで注目記事多数

千葉県佐倉市:DOGEで知られる「かぼすちゃん」のマンホール設置

千葉県佐倉市:DOGEで知られる「かぼすちゃん」のマンホール設置

米国政府がシルクロード関連のBitcoin1億3000万ドルを売却へ、賢いトレーダーが下落相場で購入するミームコインとは?

米国政府がシルクロード関連のBitcoin1億3000万ドルを売却へ、賢いトレーダーが下落相場で購入するミームコインとは?

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

危険なWeb3取引を事前通知「KEKKAIのモバイルアプリ」が登場|ポイント機能も搭載

危険なWeb3取引を事前通知「KEKKAIのモバイルアプリ」が登場|ポイント機能も搭載

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す