ウクライナ「大統領の提案に沿った暗号資産規制法案」を可決

by BITTIMES

ウクライナの議会は2022年2月17日に、同国のウォロディミル・ゼレンスキー大統領の提案に沿って暗号資産取引を合法とする法案を可決したことを発表しました。この法案が承認されたことによって、ウクライナでは「国家証券・株式市場委員会(NSSMC)」が暗号資産関連の規制を担当することになると報告されています。

こちらから読む:GMOコイン、Symbolのステーキングが可能に「暗号資産」関連ニュース

国家証券・株式市場委員会が暗号資産規制を担当

ウクライナの議会は2022年2月17日に「ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領の提案に沿って暗号資産取引を合法とする法案を可決したこと」を発表しました。

同国では昨年、仮想通貨や株式トークンなどといったバーチャルアセット(仮想資産)に関する包括的な規制を整備することを目的とした『仮想通貨に関する法律』という法案が作成されていましたが、2021年10月には「ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領が仮想通貨法案を承認せず、議会に送り返した」ということが報告されていました。

当時ゼレンスキー大統領は仮想通貨法案を承認しない理由として「新しい規制機関の設立に多額な費用がかかること」を挙げており、「新たな規制機関を設立する代わりに、ウクライナの国家証券・株式市場委員会(NSSMC)が仮想通貨関連の規制を担当するようにすること」を提案していましたが、今回の発表ではこの提案に沿った内容で修正を加えた暗号資産関連法案が承認されたことが報告されています。

国家証券・株式市場委員会(NSSMC)は、ウクライナの証券・株式市場を規制する役割を担う規制機関であり、アメリカにおける「米国証券取引委員会(SEC)」のような役割を持つ規制機関となっています。

今回可決された法案は、この国家証券・株式市場委員会が暗号資産関連の規制を担当するという内容となっているとのことで、具体的には国家証券・株式市場委員会が以下のような責任を担うことになると説明されています。

  • 暗号資産分野の政策策定と推進
  • 暗号資産の流通秩序を決定する
  • 暗号資産サービスプロバイダーに許可を発行する
  • 暗号資産分野の監督と財務監視を実施する

また、今回の発表では「ウクライナのデジタル改革省の担当チームが業界代表者と共に"仮想資産法"の原案作成に取り組んでいる」ということも報告されており、「デジタル改革担当チームはウクライナの税法・民法を適切に改正する活動にも取り組んでいる」とも報告されています。

ウクライナの副首相兼デジタル変革担当大臣であるMykhailo Fedorov氏は公式発表の中で次のようにコメントしており、IT開発のためのデジタル変革担当副大臣であるOleksandr Bornyakov氏は『暗号資産分野の成長率は経済の伝統的な分野を上回っているが、今回採択された法律によって、ウクライナはこの革新的な分野におけるビジネス開発の先進国になれるチャンスがある』と述べています。

【Mykhailo Fedorov氏】
この新しい法律は、我が国のビジネスを発展させるための新たな機会です。外国とウクライナの暗号資産関連企業は合法的に活動することができるようになり、ウクライナの国民は暗号資産のグローバル市場に安全にアクセスできるようになります。市場参加者は法的保護を受け、政府機関とのオープンな協議に基づいて意思決定を行う機会を得ることができます。これにより、新しい資産クラスに投資するための、透明性の高い仕組みが誕生するでしょう。

ウクライナは現在ロシアとの軍事的な緊張が続いている状態にありますが、今回の法案が承認されたことによって今後はウクライナで暗号資産を合法的に取引することができるようになるため、今後はウクライナで暗号資産市場が活性化する可能性があると予想する声も出ています。

>>「ウクライナ政府の公式発表」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【PSGトークン価格急騰】パリ・サンジェルマン「チャンピオンズリーグ準決勝」進出へ

【PSGトークン価格急騰】パリ・サンジェルマン「チャンピオンズリーグ準決勝」進出へ

Zaif:チャットへの意見投稿で「Zaif時計 by フランク三浦」が当たるキャンペーン開催へ

Zaif:チャットへの意見投稿で「Zaif時計 by フランク三浦」が当たるキャンペーン開催へ

半減期前にして「ビットコインクジラ」急増中|1,000BTC以上の大口取引も多数報告

半減期前にして「ビットコインクジラ」急増中|1,000BTC以上の大口取引も多数報告

関東財務局「エクシア・デジタル・アセット」に対する業務停止命令を延長

関東財務局「エクシア・デジタル・アセット」に対する業務停止命令を延長

1inch Network:カード型ハードウェアウォレット「1inch Hardware Wallet」を発表

1inch Network:カード型ハードウェアウォレット「1inch Hardware Wallet」を発表

スペイン銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)を「今後の優先研究課題」に盛り込み

スペイン銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)を「今後の優先研究課題」に盛り込み

注目度の高い仮想通貨ニュース

FTX Japan:確定申告に必要な「年間取引報告書」の交付時期を発表

FTX Japan:確定申告に必要な「年間取引報告書」の交付時期を発表

話題の分散型SNS「Damus」中国版App Storeから削除

話題の分散型SNS「Damus」中国版App Storeから削除

カルダノ開発企業「カスタムサイドチェーン開発用のツールキット」発表

カルダノ開発企業「カスタムサイドチェーン開発用のツールキット」発表

MCH:GameFi領域で「カイカフィナンシャルホールディングス」と業務提携

MCH:GameFi領域で「カイカフィナンシャルホールディングス」と業務提携

2023年の注目すべき関連銘柄7選 - 月に到達するのは一体誰だ

2023年の注目すべき関連銘柄7選 - 月に到達するのは一体誰だ

OKCoinJapan:販売所・取引所でテゾス(Tezos/XTZ)取扱いへ

OKCoinJapan:販売所・取引所でテゾス(Tezos/XTZ)取扱いへ

Bitget:安全性を高める専用ウォレットによる資産カストディサービスを開始

Bitget:安全性を高める専用ウォレットによる資産カストディサービスを開始

タイSEC:暗号資産のオンライン学習コース「SEC Crypto Academy」開設

タイSEC:暗号資産のオンライン学習コース「SEC Crypto Academy」開設

カルダノDEXの「MuesliSwap・Minswap」Djed・Shen上場を発表

カルダノDEXの「MuesliSwap・Minswap」Djed・Shen上場を発表

StockTwits「カルダノNFTの出来高ランキングTOP10」公開|ADAはトレンド1位に浮上

StockTwits「カルダノNFTの出来高ランキングTOP10」公開|ADAはトレンド1位に浮上

OKCoinJapan:国内初エフィニティトークン(EFI)取扱いへ|上場記念キャンペーンも

OKCoinJapan:国内初エフィニティトークン(EFI)取扱いへ|上場記念キャンペーンも

シバイヌ(SHIB)近日公開のL2ネットワーク「Shibarium」の概要を発表

シバイヌ(SHIB)近日公開のL2ネットワーク「Shibarium」の概要を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す