ウクライナ「大統領の提案に沿った暗号資産規制法案」を可決

by BITTIMES

ウクライナの議会は2022年2月17日に、同国のウォロディミル・ゼレンスキー大統領の提案に沿って暗号資産取引を合法とする法案を可決したことを発表しました。この法案が承認されたことによって、ウクライナでは「国家証券・株式市場委員会(NSSMC)」が暗号資産関連の規制を担当することになると報告されています。

こちらから読む:GMOコイン、Symbolのステーキングが可能に「暗号資産」関連ニュース

国家証券・株式市場委員会が暗号資産規制を担当

ウクライナの議会は2022年2月17日に「ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領の提案に沿って暗号資産取引を合法とする法案を可決したこと」を発表しました。

同国では昨年、仮想通貨や株式トークンなどといったバーチャルアセット(仮想資産)に関する包括的な規制を整備することを目的とした『仮想通貨に関する法律』という法案が作成されていましたが、2021年10月には「ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領が仮想通貨法案を承認せず、議会に送り返した」ということが報告されていました。

当時ゼレンスキー大統領は仮想通貨法案を承認しない理由として「新しい規制機関の設立に多額な費用がかかること」を挙げており、「新たな規制機関を設立する代わりに、ウクライナの国家証券・株式市場委員会(NSSMC)が仮想通貨関連の規制を担当するようにすること」を提案していましたが、今回の発表ではこの提案に沿った内容で修正を加えた暗号資産関連法案が承認されたことが報告されています。

国家証券・株式市場委員会(NSSMC)は、ウクライナの証券・株式市場を規制する役割を担う規制機関であり、アメリカにおける「米国証券取引委員会(SEC)」のような役割を持つ規制機関となっています。

今回可決された法案は、この国家証券・株式市場委員会が暗号資産関連の規制を担当するという内容となっているとのことで、具体的には国家証券・株式市場委員会が以下のような責任を担うことになると説明されています。

  • 暗号資産分野の政策策定と推進
  • 暗号資産の流通秩序を決定する
  • 暗号資産サービスプロバイダーに許可を発行する
  • 暗号資産分野の監督と財務監視を実施する

また、今回の発表では「ウクライナのデジタル改革省の担当チームが業界代表者と共に"仮想資産法"の原案作成に取り組んでいる」ということも報告されており、「デジタル改革担当チームはウクライナの税法・民法を適切に改正する活動にも取り組んでいる」とも報告されています。

ウクライナの副首相兼デジタル変革担当大臣であるMykhailo Fedorov氏は公式発表の中で次のようにコメントしており、IT開発のためのデジタル変革担当副大臣であるOleksandr Bornyakov氏は『暗号資産分野の成長率は経済の伝統的な分野を上回っているが、今回採択された法律によって、ウクライナはこの革新的な分野におけるビジネス開発の先進国になれるチャンスがある』と述べています。

【Mykhailo Fedorov氏】
この新しい法律は、我が国のビジネスを発展させるための新たな機会です。外国とウクライナの暗号資産関連企業は合法的に活動することができるようになり、ウクライナの国民は暗号資産のグローバル市場に安全にアクセスできるようになります。市場参加者は法的保護を受け、政府機関とのオープンな協議に基づいて意思決定を行う機会を得ることができます。これにより、新しい資産クラスに投資するための、透明性の高い仕組みが誕生するでしょう。

ウクライナは現在ロシアとの軍事的な緊張が続いている状態にありますが、今回の法案が承認されたことによって今後はウクライナで暗号資産を合法的に取引することができるようになるため、今後はウクライナで暗号資産市場が活性化する可能性があると予想する声も出ています。

>>「ウクライナ政府の公式発表」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

金融庁:仮想通貨関連の「事務ガイドライン」を一部改正|パブリックコメントにも回答

金融庁:仮想通貨関連の「事務ガイドライン」を一部改正|パブリックコメントにも回答

ビットフライヤー×Brave「暗号資産ウォレット開発」などに向け業務提携【日本初】

ビットフライヤー×Brave「暗号資産ウォレット開発」などに向け業務提携【日本初】

IOTA財団:ネットワークノードの「再起動」を完了

IOTA財団:ネットワークノードの「再起動」を完了

ビットコインATMを1ヶ月で250台設置「アルゼンチンが仮装通貨先進国へ」

ビットコインATMを1ヶ月で250台設置「アルゼンチンが仮装通貨先進国へ」

ゴールド連動のステーブルコイン「x-Gold」発行開始1ヶ月で発行残高1億円を突破

ゴールド連動のステーブルコイン「x-Gold」発行開始1ヶ月で発行残高1億円を突破

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

注目度の高い仮想通貨ニュース

HEXA:スマホゲームアプリ「トニーくん」シリーズのアプリアイコンNFT販売へ

HEXA:スマホゲームアプリ「トニーくん」シリーズのアプリアイコンNFT販売へ

Coincheck NFT:ジェネラティブNFTアート「Art Blocks」取扱開始

Coincheck NFT:ジェネラティブNFTアート「Art Blocks」取扱開始

コイントレード「5,000円相当の仮想通貨がもらえるキャンペーン」開始

コイントレード「5,000円相当の仮想通貨がもらえるキャンペーン」開始

コインチェック:NFTプロジェクト「NEO TOKYO PUNKS」とメタバース都市でコラボ

コインチェック:NFTプロジェクト「NEO TOKYO PUNKS」とメタバース都市でコラボ

Sotheby's:アートNFTオークションで「Polkadot(DOT)による支払い」に対応

Sotheby's:アートNFTオークションで「Polkadot(DOT)による支払い」に対応

Kraken「ポルカドット(Polkadot/DOT)」取扱開始|ステーキングサービスも提供

Kraken「ポルカドット(Polkadot/DOT)」取扱開始|ステーキングサービスも提供

HEXA(ヘキサ)住民票NFTの「第3回無償配布」登録受付開始

HEXA(ヘキサ)住民票NFTの「第3回無償配布」登録受付開始

P2EゲームJobTribes「南国少年パプワくん・ジバクくん」とのコラボNFT販売へ

P2EゲームJobTribes「南国少年パプワくん・ジバクくん」とのコラボNFT販売へ

FAME MMA「初のPlay to Earnゲームアプリ」iOS・Android向けに提供開始

FAME MMA「初のPlay to Earnゲームアプリ」iOS・Android向けに提供開始

Niftables:クリエイター向けオールインワンNFTプラットフォームを発表

Niftables:クリエイター向けオールインワンNFTプラットフォームを発表

代表的ステーブルコイン「テザー(Tether/USDT)」にも不穏な動き|価格下落で警戒感高まる

代表的ステーブルコイン「テザー(Tether/USDT)」にも不穏な動き|価格下落で警戒感高まる

MEXC Global:新たに「スマートかつ簡単でリーズナブルなNFT取引」を実現

MEXC Global:新たに「スマートかつ簡単でリーズナブルなNFT取引」を実現

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す