Trezor「個人情報流出の可能性」について調査|フィッシングメールに要注意

by BITTIMES

複数の暗号資産をオフライン環境で安全に保管することができるハードウェアウォレットを展開している「Trezor(トレザー)」は2022年4月3日に、ユーザーのメールアドレスなどの個人情報が流出した可能性についての調査を開始したことを発表しました。同社はTrezor利用者を狙ったフィッシングメールについての注意喚起もおこなっています。

こちらから読む:スヌープ・ドッグ氏、カルダノ基盤のNFT発行へ「暗号資産」関連ニュース

「Trezorを装うフィッシングメール」に要注意

Trezor(トレザー)は2022年4月3日に、米国のメールマーケティングサービスプロバイダーである「MailChimp(メールチンプ)」を利用したニュースレターを受け取っていたユーザーのメールアドレスなどの個人情報が流出した可能性についての調査を開始したことを発表しました。

同社の報告によると、現在は「Trezorのデータ流出を警告する詐欺メール」が出回っているとのことで、「noreply@trezor.us」から送信されたメールはフィッシングドメインであるため、メールを開かないようにと注意喚起が行われています。

MailChimpでホストされているオプトイン・ニュースレターのデータ漏洩の可能性について調査しています。

データ流出を警告する詐欺メールが出回っています。「noreply@trezor.us」から送信されたメールは開かないでください。これはフィッシングドメインです。

複数のユーザーの報告によると、一部のTrezorユーザーは同社は装った人物から連絡を受けているとのことで、Trezorの公式ドメインである『trezor.io』とは異なる『trezor.us』というドメインからアプリケーションをダウンロードする旨の電子メールを受け取ったと報告されています。

Trezorはその後3日のツイートで『MailChimpは仮想通貨企業を標的とするインサイダーによって同社サービスが侵害されたことを確認した』と報告しており、『現在影響を受けたメールアドレスの数の特定を進めている。事態が収束するまでニュースレターで連絡することはないので、追って通知があるまで"Trezorから送信されたように見える電子メール"を開かないでください』と注意喚起をおこなっています。

MailChimpは、仮想通貨企業を狙ったインサイダーによって同社サービスが侵害されたことを確認しました。

私たちは、フィッシングドメインをオフラインにすることに成功しました。現在、被害に遭われたメールアドレスの数を調査中です。

事態が収束するまでニュースレターでのご連絡は控えさせていただきます。追って連絡があるまで「Trezorから送信されたと思われるメール」は開封しないようにしてください。ビットコイン関連の活動には、匿名のメールアドレスを使用するよう徹底してください。

仮想通貨関連企業やサービスを装ったメールアドレスやドメインでユーザーを騙してパスワード・秘密鍵・暗号資産を盗み取ろうとする詐欺行為は毎年世界中で頻繁に行われているため、暗号資産を保有している方は今回の件だけに限らず十分な注意が必要です。

TREZOR(トレザー)の購入は、英語が苦手でも安心して購入することができる"TREZOR日本正規販売店"「RISEST COLTD」からどうぞ

TREZORの画像 TREZORの日本正規販売店はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨決済企業「Crypto.com」オーストラリア金融サービス業ライセンスを取得

仮想通貨決済企業「Crypto.com」オーストラリア金融サービス業ライセンスを取得

映画公開記念「エウレカセブン初のNFTデジタルカード」発売へ:博報堂DY×アーリーワークス

映画公開記念「エウレカセブン初のNFTデジタルカード」発売へ:博報堂DY×アーリーワークス

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

COMSA(コムサ)上場から数時間でパニック状態に

COMSA(コムサ)上場から数時間でパニック状態に

ビットフライヤー:1万円分のビットコインが当たる「フォロー&RTキャンペーン」開始

ビットフライヤー:1万円分のビットコインが当たる「フォロー&RTキャンペーン」開始

【重要】ディーカレット:暗号資産の「レバレッジ取引サービス」終了へ

【重要】ディーカレット:暗号資産の「レバレッジ取引サービス」終了へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

GUCCI(グッチ)一部店舗で「仮想通貨決済」試験導入へ|BTCなど10銘柄以上に対応

GUCCI(グッチ)一部店舗で「仮想通貨決済」試験導入へ|BTCなど10銘柄以上に対応

Liquid by FTX:ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ|本日午後から

Liquid by FTX:ポルカドット(Polkadot/DOT)取扱いへ|本日午後から

米Coinbase:STEPN関連仮想通貨「GMT・GST」取扱いへ|価格はさらに上昇

米Coinbase:STEPN関連仮想通貨「GMT・GST」取扱いへ|価格はさらに上昇

仮想通貨DEPが稼げる新作ゲーム「麺屋 ドラゴンラーメン」公開へ|NFTプレセールも

仮想通貨DEPが稼げる新作ゲーム「麺屋 ドラゴンラーメン」公開へ|NFTプレセールも

中央アフリカ共和国:ビットコイン(BTC)を「通貨」として採用

中央アフリカ共和国:ビットコイン(BTC)を「通貨」として採用

OKCoinJapan:パレットトークン(PLT)取扱いへ|pPLT・ePLTの両方に対応

OKCoinJapan:パレットトークン(PLT)取扱いへ|pPLT・ePLTの両方に対応

アルゼンチンの大手銀行「暗号資産取引サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど

アルゼンチンの大手銀行「暗号資産取引サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど

Robinhood:NFT・DeFi・DApps対応の「自己管理型Web3ウォレット」発表

Robinhood:NFT・DeFi・DApps対応の「自己管理型Web3ウォレット」発表

Socios.com:米プロサッカーリーグ「MLS」と提携|26クラブの公式パートナーに

Socios.com:米プロサッカーリーグ「MLS」と提携|26クラブの公式パートナーに

Coincheck NFT:ジェネラティブNFTアート「Art Blocks」取扱開始

Coincheck NFT:ジェネラティブNFTアート「Art Blocks」取扱開始

FAME MMA:仮想通貨FAMEトークンの「TGLPプレセール」開始

FAME MMA:仮想通貨FAMEトークンの「TGLPプレセール」開始

コインチェック:NFTプロジェクト「NEO TOKYO PUNKS」とメタバース都市でコラボ

コインチェック:NFTプロジェクト「NEO TOKYO PUNKS」とメタバース都市でコラボ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す