ゴールドマン・サックス元社長が仮想通貨の将来について語る

by BITTIMES   

ゴールドマン・サックスの元社長であるGary Cohn(ゲイリー・コーン)氏は、将来的には仮想通貨が国際的に普及すると考えているものの、その仮想通貨はビットコイン(BTC)よりも「理解しやすい」ものになるだろうと語っています。

ブロックチェーンを信じている

ゴールドマン・サックスの元社長であり、トランプ政権で経済担当大統領補佐官を務めていたGary Cohn(ゲイリー・コーン)氏はCNBCとのインタビューで自身が「ビットコインを信じている」わけではなく「ブロックチェーンテクノロジーを信じている」と明言しています。

「私はビットコインを信じているわけではない。ブロックチェーン技術を信じている。」

「私はいつかで仮想通貨が世界中の人々に受け入れられると確信しています。そしてそれはマイニングコストや電力コストなどの問題とは無縁だろう。」

仮想通貨はより簡単に理解される

ビットコイン(BTC)マイニング(採掘)は、マイナー(採掘者)のコンピュータを利用してProof-of-Work(PoW)プロトコルを使用してブロック報酬を得ることができ、昨年の10月ビットコインは、1日あたり5600万KWhの電力を670万ドルの費用で賄ったと推定されています。

コーン氏は将来的に世界的に主流になる仮想通貨はブロックチェーン技術が使われた通貨ではあるものの、ビットコインではなく「より簡単に理解できる仮想通貨になる」と考えているとのことです。

「将来的に主流となる仮想通貨にはおそらくブロックチェーン技術が使われていると思うが、それがどのように作成され、どのように動いて、どのように人々がそれを使うことができるかは、はるかに容易に理解されるだろう。」

ゴールドマン・サックスの取引所開設に

コーン氏の以前の雇用主であったゴールドマン・サックスは先日、ビットコイン(BTC)の取引を開始することを発表しました。
数週間以内に自らの資金を使ってビットコインの先物取引を開始するとのことで、取引は5月中にも開始される予定となっています。

ゴールドマン・サックスは先月、元トレーダーであるJustin Schmidt氏を証券部門のデジタル資産市場の第一人者に雇っています。

コーン氏は、ゴールドマン・サックスの取引所開設に関連する最近の報道についての質問に対し、「彼ら(ゴールドマン・サックス)は株主の最善の利益となるようにすべきだ」と述べています。ちなみにコーン氏はゴールドマン・サックスの株式を所有していません。

コーン氏は、3月の初旬にトランプ政権のチーフ・経済アドバイザーとしての役割も辞任しています。

ビットコインを支持するGS元関係者

その一方、同じく元ゴールドマン・サックスのMichael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ)氏は長い間続いているビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の間で議論されているブランドの正当性についてコメントし、ビットコインキャッシュ(BCH)を批判しました。

ノヴォグラッツ氏は、ビットコイン(BTC)こそがサトシ・ナカモトが著したホワイトペーパーで論述されている仮想通貨であると主張しています。

ここ最近ではイーサリアム(ETH)が証券に該当するか?などの議論も行われており、今後の主流となる仮想通貨に関して多くの議論が行われています。

今後も続くとみられるこのような議論には多くの注目が集まっています。

仮想通貨取引所bitFlyerはビットコインだけでなくビットコインキャッシュやイーサリアムクラシックなどの主要な仮想通貨を多く取り扱っています。

仮想通貨取引所bitFlyerの登録はこちら仮想通貨取引所bitFlyerの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ConsenSys:欧州地域の中央銀行デジタル通貨「デジタルユーロ」の技術開発を支援

ConsenSys:欧州地域の中央銀行デジタル通貨「デジタルユーロ」の技術開発を支援

人気マンガ「魔法使いの嫁」の3DフィギュアNFT、Palette上で発行へ:Hashpalette

人気マンガ「魔法使いの嫁」の3DフィギュアNFT、Palette上で発行へ:Hashpalette

ブロックチェーンベースの「ドローン通信システム」に関する特許出願:Walmart

ブロックチェーンベースの「ドローン通信システム」に関する特許出願:Walmart

CME:ビットコインの「オプション取引」提供へ|2020年第1四半期に開始予定

CME:ビットコインの「オプション取引」提供へ|2020年第1四半期に開始予定

DeFiの損益計算・確定申告を簡単に「Gtax」で新機能β版をリリース:Aerial Partners

DeFiの損益計算・確定申告を簡単に「Gtax」で新機能β版をリリース:Aerial Partners

Walmart「200台のビットコインATM」を試験導入|Coinstar端末でBTCの購入が可能に

Walmart「200台のビットコインATM」を試験導入|Coinstar端末でBTCの購入が可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

ニューヨーク新市長:初任給は「ビットコイン・イーサリアム」で受け取り

ニューヨーク新市長:初任給は「ビットコイン・イーサリアム」で受け取り

DeFi協会に「ステーブルコイン部会」新設|JPYC代表の岡部 典孝氏が部会長に

DeFi協会に「ステーブルコイン部会」新設|JPYC代表の岡部 典孝氏が部会長に

Moonstake Wallet「Everscale(EVER)のステーキング」対応へ

Moonstake Wallet「Everscale(EVER)のステーキング」対応へ

手塚プロ公式NFT原稿アート「ブラック・ジャック」「火の鳥」の発売日が決定

手塚プロ公式NFT原稿アート「ブラック・ジャック」「火の鳥」の発売日が決定

クリプトガレージ「暗号資産交換業登録に基づくサービス提供開始」国内初のL-BTC取扱い

クリプトガレージ「暗号資産交換業登録に基づくサービス提供開始」国内初のL-BTC取扱い

JPYC株式会社:次世代Visaクレジットカード「Nudge」と提携|NFT特典などを計画

JPYC株式会社:次世代Visaクレジットカード「Nudge」と提携|NFT特典などを計画

NFTアイコンメーカー「iconee」2022年1月22日にα版リリースへ

NFTアイコンメーカー「iconee」2022年1月22日にα版リリースへ

ビットフライヤー「創業8周年記念!総額88,888,888satoshi山分けキャンペーン」開始

ビットフライヤー「創業8周年記念!総額88,888,888satoshi山分けキャンペーン」開始

4周年を迎えた暗号資産取引所「CoinEx」過去・現在、そして未来を探る

4周年を迎えた暗号資産取引所「CoinEx」過去・現在、そして未来を探る

BINANCE:アフリカ最大のサッカー大会「AFCON」の公式スポンサーに

BINANCE:アフリカ最大のサッカー大会「AFCON」の公式スポンサーに

ディーカレット「最大2,000円相当のビットコインがもらえるキャンペーン」開始

ディーカレット「最大2,000円相当のビットコインがもらえるキャンペーン」開始

Disney:メタバース・AR関連で「仮想世界シミュレーター」の特許取得

Disney:メタバース・AR関連で「仮想世界シミュレーター」の特許取得

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す