ゴールドマン・サックス元社長が仮想通貨の将来について語る

by BITTIMES

ゴールドマン・サックスの元社長であるGary Cohn(ゲイリー・コーン)氏は、将来的には仮想通貨が国際的に普及すると考えているものの、その仮想通貨はビットコイン(BTC)よりも「理解しやすい」ものになるだろうと語っています。

ブロックチェーンを信じている

ゴールドマン・サックスの元社長であり、トランプ政権で経済担当大統領補佐官を務めていたGary Cohn(ゲイリー・コーン)氏はCNBCとのインタビューで自身が「ビットコインを信じている」わけではなく「ブロックチェーンテクノロジーを信じている」と明言しています。

「私はビットコインを信じているわけではない。ブロックチェーン技術を信じている。」

「私はいつかで仮想通貨が世界中の人々に受け入れられると確信しています。そしてそれはマイニングコストや電力コストなどの問題とは無縁だろう。」

仮想通貨はより簡単に理解される

ビットコイン(BTC)マイニング(採掘)は、マイナー(採掘者)のコンピュータを利用してProof-of-Work(PoW)プロトコルを使用してブロック報酬を得ることができ、昨年の10月ビットコインは、1日あたり5600万KWhの電力を670万ドルの費用で賄ったと推定されています。

コーン氏は将来的に世界的に主流になる仮想通貨はブロックチェーン技術が使われた通貨ではあるものの、ビットコインではなく「より簡単に理解できる仮想通貨になる」と考えているとのことです。

「将来的に主流となる仮想通貨にはおそらくブロックチェーン技術が使われていると思うが、それがどのように作成され、どのように動いて、どのように人々がそれを使うことができるかは、はるかに容易に理解されるだろう。」

ゴールドマン・サックスの取引所開設に

コーン氏の以前の雇用主であったゴールドマン・サックスは先日、ビットコイン(BTC)の取引を開始することを発表しました。
数週間以内に自らの資金を使ってビットコインの先物取引を開始するとのことで、取引は5月中にも開始される予定となっています。

ゴールドマン・サックスは先月、元トレーダーであるJustin Schmidt氏を証券部門のデジタル資産市場の第一人者に雇っています。

コーン氏は、ゴールドマン・サックスの取引所開設に関連する最近の報道についての質問に対し、「彼ら(ゴールドマン・サックス)は株主の最善の利益となるようにすべきだ」と述べています。ちなみにコーン氏はゴールドマン・サックスの株式を所有していません。

コーン氏は、3月の初旬にトランプ政権のチーフ・経済アドバイザーとしての役割も辞任しています。

ビットコインを支持するGS元関係者

その一方、同じく元ゴールドマン・サックスのMichael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ)氏は長い間続いているビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の間で議論されているブランドの正当性についてコメントし、ビットコインキャッシュ(BCH)を批判しました。

ノヴォグラッツ氏は、ビットコイン(BTC)こそがサトシ・ナカモトが著したホワイトペーパーで論述されている仮想通貨であると主張しています。

ここ最近ではイーサリアム(ETH)が証券に該当するか?などの議論も行われており、今後の主流となる仮想通貨に関して多くの議論が行われています。

今後も続くとみられるこのような議論には多くの注目が集まっています。

仮想通貨取引所bitFlyerはビットコインだけでなくビットコインキャッシュやイーサリアムクラシックなどの主要な仮想通貨を多く取り扱っています。

仮想通貨取引所bitFlyerの登録はこちら仮想通貨取引所bitFlyerの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カナダ政府機関が「Blockchain Explorer」を発表|イーサリアムの技術を活用

カナダ政府機関が「Blockchain Explorer」を発表|イーサリアムの技術を活用

仮想通貨74種を格付け!米大手機関Weiss Ratingsが5段階評価

仮想通貨74種を格付け!米大手機関Weiss Ratingsが5段階評価

ビットコインキャッシュ(BCH)が賞金!フィナンシャル・ゲーム・ショーとは

ビットコインキャッシュ(BCH)が賞金!フィナンシャル・ゲーム・ショーとは

ビットコインが使えるお店2017年で2万店舗を超える可能性も!

ビットコインが使えるお店2017年で2万店舗を超える可能性も!

「人類が仮想通貨を使いこなせるのは300年後」カペルスキー代表が発言

「人類が仮想通貨を使いこなせるのは300年後」カペルスキー代表が発言

ビットコイン授業料受付をドイツの欧州経営大学(ESMT)が開始

ビットコイン授業料受付をドイツの欧州経営大学(ESMT)が開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

チャールズ・ホスキンソン「イーサリアムが成功するとは思わなかった」

チャールズ・ホスキンソン「イーサリアムが成功するとは思わなかった」

RippleNetに総資産49兆円の米大手銀行「PNC Bank」が参加

RippleNetに総資産49兆円の米大手銀行「PNC Bank」が参加

初のビットコイン決済は「レストラン経営者」話題の高級車ディーラーがBentleyを売却

初のビットコイン決済は「レストラン経営者」話題の高級車ディーラーがBentleyを売却

仮想通貨ニュース週間まとめ|10月7日〜13日

仮想通貨ニュース週間まとめ|10月7日〜13日

ブロックチェーンで「経済的自由」の実現を ー シリア自治区Rojava

ブロックチェーンで「経済的自由」の実現を ー シリア自治区Rojava

tokenbox:仮想通貨ファンドも作成できる資産管理プラットフォーム

tokenbox:仮想通貨ファンドも作成できる資産管理プラットフォーム

ビットクラブ:仮想通貨市場の低迷から「GPUマイニング」一時停止|再開の目処は?

ビットクラブ:仮想通貨市場の低迷から「GPUマイニング」一時停止|再開の目処は?

米海軍がブロックチェーン技術の調査を開始 ー DARPAも関わる「SIMBA Chain」採用

米海軍がブロックチェーン技術の調査を開始 ー DARPAも関わる「SIMBA Chain」採用

Blockchainベースの取引アプリを発表し「リバプールFC」と提携|TigerWit

Blockchainベースの取引アプリを発表し「リバプールFC」と提携|TigerWit

ビットコイン誕生10周年記念「限定モデル」を発売|スイス高級腕時計ブランド:Hublot

ビットコイン誕生10周年記念「限定モデル」を発売|スイス高級腕時計ブランド:Hublot

ブロックチェーンは音楽業界をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは音楽業界をどのように変えるのか?

仮想通貨XRPを使用する「xRapid」10月リリースか|Ripple関係者が示唆

仮想通貨XRPを使用する「xRapid」10月リリースか|Ripple関係者が示唆

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

音楽業界とブロックチェーン:流通や販売・著作権の管理など産業を透明化 ー MUSICまとめ

音楽業界とブロックチェーン:流通や販売・著作権の管理など産業を透明化 ー MUSICまとめ

美容業界は「ブロックチェーン」を活用して安心安全な環境とサービスへ:Beautyまとめ

美容業界は「ブロックチェーン」を活用して安心安全な環境とサービスへ:Beautyまとめ

BMWがブロックチェーンで「未来のクルマ」を創る|今注目すべき最先端プロジェクト

BMWがブロックチェーンで「未来のクルマ」を創る|今注目すべき最先端プロジェクト

自動車業界×ブロックチェーン:安全管理や環境保護など広く利用される新技術まとめ

自動車業界×ブロックチェーン:安全管理や環境保護など広く利用される新技術まとめ

人気のタグから探す