ゴールドマン・サックス元社長が仮想通貨の将来について語る

by BITTIMES   

ゴールドマン・サックスの元社長であるGary Cohn(ゲイリー・コーン)氏は、将来的には仮想通貨が国際的に普及すると考えているものの、その仮想通貨はビットコイン(BTC)よりも「理解しやすい」ものになるだろうと語っています。

ブロックチェーンを信じている

ゴールドマン・サックスの元社長であり、トランプ政権で経済担当大統領補佐官を務めていたGary Cohn(ゲイリー・コーン)氏はCNBCとのインタビューで自身が「ビットコインを信じている」わけではなく「ブロックチェーンテクノロジーを信じている」と明言しています。

「私はビットコインを信じているわけではない。ブロックチェーン技術を信じている。」

「私はいつかで仮想通貨が世界中の人々に受け入れられると確信しています。そしてそれはマイニングコストや電力コストなどの問題とは無縁だろう。」

仮想通貨はより簡単に理解される

ビットコイン(BTC)マイニング(採掘)は、マイナー(採掘者)のコンピュータを利用してProof-of-Work(PoW)プロトコルを使用してブロック報酬を得ることができ、昨年の10月ビットコインは、1日あたり5600万KWhの電力を670万ドルの費用で賄ったと推定されています。

コーン氏は将来的に世界的に主流になる仮想通貨はブロックチェーン技術が使われた通貨ではあるものの、ビットコインではなく「より簡単に理解できる仮想通貨になる」と考えているとのことです。

「将来的に主流となる仮想通貨にはおそらくブロックチェーン技術が使われていると思うが、それがどのように作成され、どのように動いて、どのように人々がそれを使うことができるかは、はるかに容易に理解されるだろう。」

ゴールドマン・サックスの取引所開設に

コーン氏の以前の雇用主であったゴールドマン・サックスは先日、ビットコイン(BTC)の取引を開始することを発表しました。
数週間以内に自らの資金を使ってビットコインの先物取引を開始するとのことで、取引は5月中にも開始される予定となっています。

ゴールドマン・サックスは先月、元トレーダーであるJustin Schmidt氏を証券部門のデジタル資産市場の第一人者に雇っています。

コーン氏は、ゴールドマン・サックスの取引所開設に関連する最近の報道についての質問に対し、「彼ら(ゴールドマン・サックス)は株主の最善の利益となるようにすべきだ」と述べています。ちなみにコーン氏はゴールドマン・サックスの株式を所有していません。

コーン氏は、3月の初旬にトランプ政権のチーフ・経済アドバイザーとしての役割も辞任しています。

ビットコインを支持するGS元関係者

その一方、同じく元ゴールドマン・サックスのMichael Novogratz(マイケル・ノヴォグラッツ)氏は長い間続いているビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の間で議論されているブランドの正当性についてコメントし、ビットコインキャッシュ(BCH)を批判しました。

ノヴォグラッツ氏は、ビットコイン(BTC)こそがサトシ・ナカモトが著したホワイトペーパーで論述されている仮想通貨であると主張しています。

ここ最近ではイーサリアム(ETH)が証券に該当するか?などの議論も行われており、今後の主流となる仮想通貨に関して多くの議論が行われています。

今後も続くとみられるこのような議論には多くの注目が集まっています。

仮想通貨取引所bitFlyerはビットコインだけでなくビットコインキャッシュやイーサリアムクラシックなどの主要な仮想通貨を多く取り扱っています。

仮想通貨取引所bitFlyerの登録はこちら仮想通貨取引所bitFlyerの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Fidelity®「仮想通貨関連会社」の新設を発表 ー 機関投資家へ取引・管理サービス提供

Fidelity®「仮想通貨関連会社」の新設を発表 ー 機関投資家へ取引・管理サービス提供

Peter Thiel:ブロックチェーン投資に移行「シリコンバレーの時代は終わりに近い」

Peter Thiel:ブロックチェーン投資に移行「シリコンバレーの時代は終わりに近い」

話題の「ブロックチェーン技術」を学ぶには?オンライン講座で自宅学習も可能

話題の「ブロックチェーン技術」を学ぶには?オンライン講座で自宅学習も可能

ビットコインクジラ「数億円規模の出金報告」相次ぐ|中央銀行への信頼低下も影響か

ビットコインクジラ「数億円規模の出金報告」相次ぐ|中央銀行への信頼低下も影響か

アトランタに広がるランサムウェアはビットコインの支払いを要求

アトランタに広がるランサムウェアはビットコインの支払いを要求

韓国政府:ブロックチェーンで食品情報を管理「牛肉サプライチェーン」追跡へ

韓国政府:ブロックチェーンで食品情報を管理「牛肉サプライチェーン」追跡へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン価格「130万円台」に突入|予想される今後の抵抗線は?

ビットコイン価格「130万円台」に突入|予想される今後の抵抗線は?

Libraブロックチェーン活用した「トークン化資産」のテスト発行に成功:eToroX

Libraブロックチェーン活用した「トークン化資産」のテスト発行に成功:eToroX

中央銀行による「デジタル通貨発行」現実的に:国際通貨基金(IMF)調査報告

中央銀行による「デジタル通貨発行」現実的に:国際通貨基金(IMF)調査報告

DMM Bitcoin:仮想通貨リップル(XRP)の「現物取引」提供へ|本日18時から

DMM Bitcoin:仮想通貨リップル(XRP)の「現物取引」提供へ|本日18時から

ビットコイン価格、今後はゆっくりと「1,000万円」に|4chan匿名アナリストが予想

ビットコイン価格、今後はゆっくりと「1,000万円」に|4chan匿名アナリストが予想

Bakkt:業界待望のビットコイン先物「テスト開始」今後は30カ国以上に提供予定

Bakkt:業界待望のビットコイン先物「テスト開始」今後は30カ国以上に提供予定

ブロックチェーン活用した「電子マネー」アイスランドで合法化=ヨーロッパ初

ブロックチェーン活用した「電子マネー」アイスランドで合法化=ヨーロッパ初

仮想通貨取引所「Binance Singapore」正式に公開|ビットコインなど3銘柄から提供開始

仮想通貨取引所「Binance Singapore」正式に公開|ビットコインなど3銘柄から提供開始

Libraは「利益を得られないETF」ステーブルコインではないと指摘:eToroアナリスト

Libraは「利益を得られないETF」ステーブルコインではないと指摘:eToroアナリスト

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年6月30日〜7月6日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年6月30日〜7月6日

大手IT企業の仮想通貨発行「罰金1億円」の可能性|米国会議員が新たな草案を提出

大手IT企業の仮想通貨発行「罰金1億円」の可能性|米国会議員が新たな草案を提出

マイナンバーカード用いたブロックチェーン投票に「顔認証技術」統合:茨城県つくば市

マイナンバーカード用いたブロックチェーン投票に「顔認証技術」統合:茨城県つくば市

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す