イーサリアム(ETH)の今後に関わる重要なアップグレード|Casper v0.1.0リリース

by BITTIMES   

イーサリアムネットワークのプロトコルをアップグレードする『Casper v0.1.0』の最初のバージョンが、5月8日に開発者らによってリリースされました。このリリースはプルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)への最終的な移行に向けた重要な一歩となります。

Casper(キャスパー)FFG開発者ダニー・ライアン氏のコメント

Casper the Friendly Finality Gadget(Casper FFG)の開発者であるDanny Ryan(ダニー・ライアン)氏は、イーサリアム(ETH)のネットワークがコンセンサスに達するように意図的に変更された『Casper(キャスパー)v0.1』のコードを5月8日にGitHubに投稿しました。

ライアン氏は「v0.1.0は、より明確にタグ付けできるように修正したリリースであり、クライアントや外部監査人が契約や変更をより簡単に追跡できるようになる」と述べています。

ライアン氏は今回のアップグレードに関する掲示板Redditの投稿に対して次のように述べています。

「現在契約を利用しているのは、研究チームだけに限らず、監査人、クライアント開発者、およびその他の企業を含む多くの企業が使用しているため、より明確なバージョニングと変更ログを発行し、誰もが整理された状態を保つことができる、より明確なバージョンをリリースしたいと考えていました。」

EthereumネットワークにおけるCasper(キャスパー)の効果

Casper(キャスパー)とは、完全なプルーフ・オブ・ワーク(PoW)ではなく、PoWとプルーフ・オブ・ステーク(PoS)を組み合わせた承認方式となっており、初めはイーサリアムを預けてPoWでマイニング報酬を受け取り、一定のブロック数に達した時点からPoSによる報酬が得られる仕組みとなっています。

Casper FFGは2017年10月に公開されており、今年の4月20日には「Ethereum Improvement Proposal(EIP)#1011」の発行に伴い「Hybrid Casper FFG」が導入されました。

これらはマイニング(採掘)に関連する問題からネットワークを遠ざけるための、コンセンサスのハイブリッドシステムを作り出すことを目指しており、アップデートの具体的な項目の1つには、マイナー(採掘者)に対するブロック報酬を現在の3ETHから0.6ETHに減額する修正が含まれています。

PoSに移行することによって、マイニングで消費される「無駄な電力」を軽減することができるとされており、ネットワークバリデータは無駄な処理などを削減することができるため、イーサリアムのインフレ率をそれに応じて下げることができると言われています。

今後の発表や動きには特に注目

これまでのイーサリアムは、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)を通して合意を達成していますが、開発者たちはイーサリアムをプルーフ・オブ・ステーク(PoS)に移行することを望んでいます。

PoSに移行することによってノード事業者はイーサネットを入金したりネットワークのバリデータになるように「支える」ことができます。

Casperがネットワーク上でアクティブになると、イーサリアムは、PoWとPoSの両方の要素を組み合わせたハイブリッドコンセンサスアルゴリズムを使用します。初めのコンセンサスは主にPoWによって達成されますが、PoSは次のリリースで徐々により重い作業負荷を引き受けることになります。

Casperがメインネット上でオンラインになるかについてはまだ明らかではありませんが、イーサリアムは最終的な形に徐々に近づいています。

イーサリアム(ETH)のアップデートMetropolis(メトロポリス)は2018年で完了するといわれており、アップデートが完了する際には大きな価格変動が起こるとも言われています。

今後のイーサリアムにはさらに注目が集まります。

公開されたcasper(キャスパー)のソースコードはこちら
>>github.com

(引用:reddit.com

イーサリアム(ETH)やイーサリアムクラシック(ETC)も購入できる仮想通貨取引所bitFlyerへの登録はこちらからどうぞ

仮想通貨取引所bitFlyerの登録はこちら仮想通貨取引所bitFlyerの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨はお金の「自然な進化過程」にすぎない ー ConsenSys創設者ジョセフ・ルービン

仮想通貨はお金の「自然な進化過程」にすぎない ー ConsenSys創設者ジョセフ・ルービン

次世代マイニング事業者SKYHASH(スカイハッシュ)が提供する世界最高のマイニングプラットフォーム「SKY-NET」とは?

次世代マイニング事業者SKYHASH(スカイハッシュ)が提供する世界最高のマイニングプラットフォーム「SKY-NET」とは?

クリプトゲームズ:ブロックチェーンカードゲームの「開発支援」を開始

クリプトゲームズ:ブロックチェーンカードゲームの「開発支援」を開始

米大統領選で仮想通貨による活動資金の寄付を受け入れ:アンドリュー・ヤン

米大統領選で仮想通貨による活動資金の寄付を受け入れ:アンドリュー・ヤン

イーサリアムがハードフォーク「Metropolis」を実行間近

イーサリアムがハードフォーク「Metropolis」を実行間近

仮想通貨マイニングマシンの輸入を禁止|ロシアの厳しい対応

仮想通貨マイニングマシンの輸入を禁止|ロシアの厳しい対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ontology:自動車大手「Daimler Mobility AG」と提携|新サービス開発で技術活用

Ontology:自動車大手「Daimler Mobility AG」と提携|新サービス開発で技術活用

オンラインイベント「Ripple Swell 2020」タイムスケジュールと講演者情報

オンラインイベント「Ripple Swell 2020」タイムスケジュールと講演者情報

アポロンFC:Sociosアプリのファン投票で「フォーメーション・選手配置」決定へ

アポロンFC:Sociosアプリのファン投票で「フォーメーション・選手配置」決定へ

Ripple社「米国外に本社移転」の可能性|過度な暗号資産規制を問題視

Ripple社「米国外に本社移転」の可能性|過度な暗号資産規制を問題視

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

スペイン銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)を「今後の優先研究課題」に盛り込み

スペイン銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)を「今後の優先研究課題」に盛り込み

著名歌手AKONの仮想通貨Akoin:暗号資産取引所「Bittrex Global」上場へ

著名歌手AKONの仮想通貨Akoin:暗号資産取引所「Bittrex Global」上場へ

G7:中央銀行デジタル通貨の「重要3要素」を強調|中国CBDCの透明性に対する懸念も

G7:中央銀行デジタル通貨の「重要3要素」を強調|中国CBDCの透明性に対する懸念も

BTCBOX:暗号資産の「かんたん売買(販売所)」サービス提供開始

BTCBOX:暗号資産の「かんたん売買(販売所)」サービス提供開始

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

コインチェック:ブロックチェーンゲーム開発企業「Dapper Labs」との連携を開始

コインチェック:ブロックチェーンゲーム開発企業「Dapper Labs」との連携を開始

長期投資戦略として「ビットコインを大量購入」英上場企業Mode Global Holdings

長期投資戦略として「ビットコインを大量購入」英上場企業Mode Global Holdings

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す