イーサリアム(ETH)の現状と解決すべき6つの課題とは

by BITTIMES

仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)の現状や今後の問題点に関する議論が進む中、その内容の理解に苦しむ人も多いようです。海外メディアCryptonews.comが掲載した「2018年にイーサリアムに起きたこと」に関するわかりやすい解説を元にイーサリアムの現状と今後の課題について紹介します。

イーサリアムホルダーに不安をもたらした2018年

イーサリアム(Ethereum/ETH)ビットコイン(Bitcoin/BTC)の次に人気のある暗号化プロジェクトとして発足しました。
イーサリアムの時価総額は500億ドルを超えており、分散型元帳技術の試行を行っている金融機関や企業の多くはイーサリアムのブロックチェーンを使用しています。

しかし、Ethereumトークンの価値が1月中旬以降に大幅な下落をみせたため、2018年はイーサリアムを保有する人々にとって不透明な年となっています。

過去最高額を記録した後の価格の下落

2018年 イーサリアム(ETH)の価格推移2018年 イーサリアム(ETH)の価格推移

イーサリアム(ETH)の価格は、2018年1月14日に16万円近くまで上昇し過去最高の価格を記録しました。

しかしその後ETHの価格は大きく下落し、現在約7万円前後で取引されています。

ADA/EOS/XLMなどの仮想通貨との競争激化

イーサリアム(ETH)は、ネオ(NEO)/ステラ(Stellar/XLM)/カルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)/ネム(NEM/XEM)/イオス(EOS)などの、他のスマートコントラクトプラットフォームとの競争激化に直面しています。

しかし、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)で資金調達を行なった企業や団体は、紙幣の通貨で彼らの請求書を支払うために提起したイーサリアム(ETH)を販売する必要があるため、イーサリアム(ETH)に大きな問題をもたらすことになるようです。

ICOがもたらした問題点

Crypto Asset Managementの創設者でありマネージングディレクターでもあるTim Enneking氏は、このようなスタートアップ企業はイーサリアムの価値や市場をより悪化させる可能性があると語っています。

Enneking氏によると「ICOを行った企業は法令などの命令にお金や時間を費やす必要があるだけでなく、支払いにイーサリアム(ETH)を販売しなければならず、彼らは偉大なトレーダーではないため、すでに下落している市場で更にそれらのイーサリアムを売却することは、価値の下落をより悪化させることなりかねない」とのことです。

「Ethash ASIC Minerのリリース」や「イーサリアムは証券となるか?」といった話題の他「スマートコントラクトで発覚した重大なバグ」などのニュースが飛び交う今の現状は、イーサリアムベースのブロックチェーンを活用したスタートアップ企業にとって、非常に過酷な状況でもあるのかもしれません。

イーサリアムは世界中で特に普及しているため、このような問題は今後の重要な課題の一つとなる可能性も考えられます。

Bitmainの新しいEthash ASIC Miner

4月3日、最大マイニング企業であるBitmainは、新しく「Antminer E3 Ethash ASIC Miner」のリリースを発表しました。

これはEthashアルゴリズムを使用するイーサリアムやその他の暗号化通信をマイニング(採掘)することができる最初のASICマイナーです。
今までは、Ethashベースの暗号化通信はASICに耐性があり、GPU(グラフィックス処理装置)またはCPU(中央処理装置)を使用してのみ採掘することができました。

ASICマイニングが導入されることによって、ビットコイン(BTC)ビットコインキャッシュ(BCH)のマイニングプールなどで見られる、配分の集中化が起こることが懸念されています。

このような問題を考慮した仮想通貨プロジェクトであるモネロ(Monero/XMR)はBitMainのMonera ASIC Minerのリリースに続いてハードフォークを発表し、仮想通貨がASICに耐性を持ち、高い地方分権を維持することを保証しています。

これに対するイーサリアム開発陣のコメントは?

アップグレードに関する議論

しかし、Ethereum創設者であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏は、新しいASIC Minerがイーサリアムネットワークの地方分権を潜在的に脅かすことはそこまで心配していないようです。

隔週開催される開発者会議で彼は次のように述べています。

「全ての人がアップグレードすると、おそらくかなりの混乱を招くことになり、より重要なものを損なう可能性が高そうです。現時点では個人的に偏った行動は起こしません。」

イーサリアムは将来的にこれまでのプルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work/PoW)という承認方法から、『Casper(キャスパー)』と呼ばれる独自のプルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)への変更が予定されています。Proof of Stakeは「保有している仮想通貨の量が多いほど、採掘の成功確率が上昇する」という承認方式のことです。

このCasper(キャスパー)という承認方法は、PoWとPoSを組み合わせた承認方式となっており、初めはイーサリアムを預けてPoWでマイニング報酬を受け取り、一定のブロック数に達した時点からPoSによる報酬が得られる仕組みとなっています。

Buterin氏はイーサリアムネットワークをPoWからPoSに変更することに関して楽観的ですが、仮想通貨のデリバティブ取引サービスを提供しているBitMEX(ビットメックス)の報告書は、この変更が起こる可能性は非常に低いと示唆しています。

BitMEXの報告書には、次のようなことが書かれています。

「Ethereumの最新のPoS提案はこれまでのところ最高の提案です。」

「私たちは、その提案がシステムのセキュリティに正の肯定的な貢献をすることができると考えています。しかし、システムは少なくとも中間段階ではPoW採掘に依拠しています。」

「この提案を踏み台として使う計画があるにもかかわらず、完全なPoSシステムへの段階的な移行の一環として、これはEthereumのコミュニティの考えよりも達成が難しいかもしれません。」

イーサリアムコミュニティのメンバー間での議論

最大供給量に関する議論

Buterin氏は4月1日、エイプリルフールの「メタ・ジョーク」として新しい「Ethereum Improvement Proposal(EIP)」を発表しました。
しかしその後、彼はその考えが「考える価値がある」と考えていると述べています。

どちらにしてもButerin氏は、EIPのプロジェクトの次回のソフトウェアアップデートで、約1億2000万ドルの総トークン供給量を上限にすることを想定できると述べています。

「可能な限り広範な状況下でプラットフォームの経済的持続可能性を確保するためや、PoWマイナーに新しいコインを発行することが、もはや平等なコインの供給を促進するための効果的な方法、重要な政策目標ではないという事実を考慮して、私はETH総量の厳しい上限に同意することを提案します。」

Buterin氏は、イーサリアムの最大供給量を120,204,432ETHに設定することを提案していますが、これは2014年のトークンセールで販売されたイーサリアムの約2倍に相当します。

この提案された金融政策の変更が、無限の需要に対しての潜在的な対処法となり限られた供給をもたらすことを考えれば、この提案が実施された場合にはイーサリアムの価格の上昇に期待することができます。

(引用:cryptonews.com

ビットコイン取引量高 No.1 の仮想通貨取引所 bitFlyer(ビットフライヤー)の画像イーサリアムやイーサリアムクラシックを取り扱う仮想通貨取引所bitFlyerはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SBIバーチャル・カレンシーズ:仮想通貨イーサリアム(ETH)の取り扱いへ

SBIバーチャル・カレンシーズ:仮想通貨イーサリアム(ETH)の取り扱いへ

5つ星ホテル・高級車ディーラーが「仮想通貨決済」に対応|キャッシュレス先進国スイス

5つ星ホテル・高級車ディーラーが「仮想通貨決済」に対応|キャッシュレス先進国スイス

イーサリアム用ASICについて|ヴィタリック・ブテリン氏

イーサリアム用ASICについて|ヴィタリック・ブテリン氏

「通信業界向け」ブロックチェーン基盤の構築でOrbs・ConsenSys・IBMなどが協力

「通信業界向け」ブロックチェーン基盤の構築でOrbs・ConsenSys・IBMなどが協力

仮想通貨ウォレット「Switch」ベータ版公開|XRP・BTC・ETHを即時交換:Kava Labs

仮想通貨ウォレット「Switch」ベータ版公開|XRP・BTC・ETHを即時交換:Kava Labs

SBIが大手仮想通貨メディアCoinDeskと業務提携

SBIが大手仮想通貨メディアCoinDeskと業務提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:チェーンリンク(Chainlink/LINK)の「先物取引」を新規追加

BINANCE:チェーンリンク(Chainlink/LINK)の「先物取引」を新規追加

半減期後、ビットコイン価格は「25万ドル」へ:ティム・ドレイパー

半減期後、ビットコイン価格は「25万ドル」へ:ティム・ドレイパー

bitFlyer「最大5万円相当のビットコインが当たる」キャンペーン開催

bitFlyer「最大5万円相当のビットコインが当たる」キャンペーン開催

Poloniex「本人確認(KYC)不要のアカウントレベル」を導入|凍結口座もロック解除へ

Poloniex「本人確認(KYC)不要のアカウントレベル」を導入|凍結口座もロック解除へ

石油・ガスブロックチェーンコンソーシアム「支出承認書の投票プロセス」をデジタル化

石油・ガスブロックチェーンコンソーシアム「支出承認書の投票プロセス」をデジタル化

【重要】コインチェック:仮想通貨の「信用取引」サービス終了へ|期日までに返済を

【重要】コインチェック:仮想通貨の「信用取引」サービス終了へ|期日までに返済を

MyCryptoHeroes専用アプリ「GO!マイクリ」リリース:株式会社スマートアプリ

MyCryptoHeroes専用アプリ「GO!マイクリ」リリース:株式会社スマートアプリ

楽天ウォレット:仮想通貨と「楽天ポイント」の交換サービスを開始

楽天ウォレット:仮想通貨と「楽天ポイント」の交換サービスを開始

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月22日〜28日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月22日〜28日

NEM財団:カタパルトの「新名称SYMBOL」及び「パブリックテスト開始」を発表

NEM財団:カタパルトの「新名称SYMBOL」及び「パブリックテスト開始」を発表

JCB:ブロックチェーン企業「keychain」とパートナーシップ締結|決済分野で技術活用

JCB:ブロックチェーン企業「keychain」とパートナーシップ締結|決済分野で技術活用

ChiliZ:Socios.comアプリで「仮想通貨CHZ&ファントークン」を無料配布

ChiliZ:Socios.comアプリで「仮想通貨CHZ&ファントークン」を無料配布

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す