イーサリアム(ETH)開発者がアップグレード提案を公開

by BITTIMES   

イーサリアム(Ethereum/ETH)の開発者は、マイニング(採掘)に関連する問題からネットワークを遠ざけるためのコンセンサスのハイブリッドシステムを構築するために「Ethereum Improvement Proposal(EIP)#1011」を4月20日金曜日に発行しました。

EIPのドキュメントによると、アップグレードのパラメータの1つは、現在の3ETHから0.6ETHまでの鉱夫のブロック報酬を削減します。

「チェーンのセキュリティがPoWの難しさからPoSの最終的なものに大きくシフトし、現在、バリデーターと鉱夫の両方に報酬が発行されているため、PoWブロック報酬は0.6 ETH/ブロックに削減されます。」

Ethereum Newsによると、キャスパーのアップデートは現在までのネットワークにとって「おそらく最も重要な」変更です。

提案の「動機づけ」セクションでは、Ethereumの開発者は、アップグレードの究極の目標は、ネットワークをプルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)システムに移行することであることを明確にしました。

「PoWからPoSへのEthereumネットワークの移行は、プロトコルの開始以来、ロードマップと黄色い紙で行われてきました。PoWは、分権的な合意形成に効果的であるが、信じられないほどのエネルギーを消費し、経済的な最終性はなく、カルテルに抵抗する有効な戦略もない。過度のエネルギー消費、鉱山のハードウェアへの均等なアクセス、鉱業プールの集中化、新興市場のASICの問題はそれぞれ、できるだけ早く移行を行う明確な動機付けを提供します。」

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)は、ビットコイン(BTC)でもっとも有名なアプリケーションであるブロックチェーンネットワークの元のコンセンサスアルゴリズムです。PoWコンセンサスでは、マイナー(採掘者)はブロックチェーンネットワーク上のトランザクションを検証するために互いに競争し、彼らが採掘している仮想通貨で報酬を得ています。

公開されたイーサリアムの改善提案では以下のように説明されています。

EthereumのメインネットをPoofからStake of Stake(PoS)に移行するための最初のステップの仕様。得られたコンセンサスモデルは、PoW/PoSハイブリッドである。

このEIPは、Ethereumメインネット用のハイブリッドPoW/PoSコンセンサスモデルを指定します。既存のPoWメカニックが新しいブロック作成に使用され、Casper the Friendly Finality Gadget(FFG)と呼ばれる新しいPoSメカニズムが、スマートな契約を使用して上部に重ねられます。

Ether堆積物、スラッシング条件、および変更されたフォーク選択を使用することにより、FFGは基礎となるPoWブロックチェーンを完成させることができます。ネットワークセキュリティがPoWからPoSに大きくシフトするにつれて、PoWブロックの報酬は減少する。

(引用:eips.ethereum.org/ethnews.com

仮想通貨取引所 Zaif の画像イーサリアムの積立もできる仮想通貨取引所Zaifはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン価格予測2018年版「人工知能は220万円と考える」

ビットコイン価格予測2018年版「人工知能は220万円と考える」

ビットコイン採掘(マイニング)で個人が稼ぐ方法・スマホで可能?

ビットコイン採掘(マイニング)で個人が稼ぐ方法・スマホで可能?

仮想通貨投資の簡単な始め方|Zaifコイン積立とは?

仮想通貨投資の簡単な始め方|Zaifコイン積立とは?

仮想通貨価格はどこまで下がる?これから重要となるのは…|Vitalik Buterin

仮想通貨価格はどこまで下がる?これから重要となるのは…|Vitalik Buterin

多くの仮想通貨は過大評価されている|Spencer Bogart氏

多くの仮想通貨は過大評価されている|Spencer Bogart氏

仮想通貨ニュース週間まとめ|9月16日〜22日

仮想通貨ニュース週間まとめ|9月16日〜22日

注目度の高い仮想通貨ニュース

3Dでビットコイン・ブロックチェーンが確認できる「Symphony 2.0」公開:IOHK

3Dでビットコイン・ブロックチェーンが確認できる「Symphony 2.0」公開:IOHK

ブロックチェーン活用した「中古車情報マーケットプレイス」設立:シンガポール

ブロックチェーン活用した「中古車情報マーケットプレイス」設立:シンガポール

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

ビットコイン価格「130万円台」に突入|予想される今後の抵抗線は?

ビットコイン価格「130万円台」に突入|予想される今後の抵抗線は?

ブロックチェーン基盤の「モバイルID認証システム」開発へ|韓国の大手企業が協力

ブロックチェーン基盤の「モバイルID認証システム」開発へ|韓国の大手企業が協力

投資可能な株式リストに「Slack(スラック)」を追加:仮想通貨ウォレットアプリAbra

投資可能な株式リストに「Slack(スラック)」を追加:仮想通貨ウォレットアプリAbra

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

「ビットコインとリブラは競合しない」共同制作者がLibraのビジョンについて言及

「ビットコインとリブラは競合しない」共同制作者がLibraのビジョンについて言及

米国政府が「Orbs」と協力|中東・紛争地域の問題解決に向けブロックチェーン活用

米国政府が「Orbs」と協力|中東・紛争地域の問題解決に向けブロックチェーン活用

再び「100万円下回る」可能性も?ビットコイン価格、わずか1日で「26%急落」

再び「100万円下回る」可能性も?ビットコイン価格、わずか1日で「26%急落」

仮想通貨の「所得税・付加価値税」を免除:ジョージア共和国

仮想通貨の「所得税・付加価値税」を免除:ジョージア共和国

【東京都】LINE Payなどのスマホ決済で「水道料金」の支払いが可能に

【東京都】LINE Payなどのスマホ決済で「水道料金」の支払いが可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す