DEA社:NPO法人「高卒支援会」と提携|Play to Earnゲームで青少年の自律を支援

by BITTIMES   

ディープコイン(DEAPcoin/DEP)を発行している「Digital Entertainment Asset(DEA)」は2022年4月20日に、不登校や引きこもりなど生きづらさを抱える青少年の自律を支援するNPO法人である「高卒支援会」と提携したことを発表しました。同社は今回の提携を通じて高校生に「Play to Earnゲームでお金を稼ぐ経験」を提供し、社会的自立への一歩を踏み出すきっかけを作ると説明しています。

こちらから読む:「ゲーム」関連ニュース

高校生に「P2Eゲームでお金を稼ぐ経験」を提供

ディープコイン(DEAPcoin/DEP)を発行している「Digital Entertainment Asset(DEA)」は2022年4月20日に、不登校や引きこもりなど生きづらさを抱える青少年の自律を支援するNPO法人である「高卒支援会」と提携したことを発表しました。

DEA社はゲームをプレイすることによって仮想通貨DEPを稼ぐことができる「Play to Earn(P2E)」と呼ばれるモデルのゲームやNFTマーケットプレイスを展開していますが、今回のパートナーシップは「不登校・引きこもりなどで就職などの社会的自立が困難な状況に直面している子どもたち」や「経済的・環境的に困難を抱える高校生」などに"Play to Earnゲームを通じてお金を稼ぐ機会"を提供することによって、自己肯定感を育てて社会参加を促すことを目的としたものとなっています。

具体的には、DEA社が運営するゲームプラットフォーム「PlayMining」上のデジタル資産やゲームアイテムNFTを「高卒支援会」に貸与して、高卒支援会管理のもとで在籍する高校生にPlay to Earnゲームの世界を体験してもらうとされています。

高卒支援会は、Play to Earnゲームで獲得した報酬を団体の運営資金として利用し、報酬の一部をゲームをプレイした高校生に還元することを計画しているとのことです。

このような取り組みを実施することによって、Play to Earnゲームを通して高校生に「自分でお金を稼ぐ経験」を提供し、社会的自立への一歩を踏み出すきっかけを作ることができると期待されています。

なお、18歳未満の方がDEA社が運営するPlay to Earnゲームを利用する場合には、原則として法定代理人となる保護者(親権者)の同意が必要となるため、今回の取り組みは「高卒支援会」の協力のもとで保護者の同意を得た上で実施されていると説明されています。

「高卒支援会」の理事長である竹村聡志氏と、「DEA社」のCEOである山田耕三氏は、今回のパートナーシップについて次のようにコメントしています。

【高卒支援会:竹村聡志氏】
高卒支援会では、子どもたちが規則正しい生活をし、自信を持ち自律し社会に貢献する未来を実現することをミッションとして、様々な施策に取り組んでおります。その一環として、e-sportsの授業に注力しており、今回DEA社からご提案頂いたPlay to Earnゲームとの親和性を感じております。

また、GameFiによる社会貢献を標榜するDEA社のミッションに共感すると共に、子どもたちのもつ可能性を、時代の最先端の取り組みで解放していきたいと思いました。DEA社と手を組み、子どもたちが未来へ希望を持ち、これからの社会を生き抜く力を育むことのできる機会を提供出来ればと思います。

【DEA社:山田耕三氏】
DEAが運営する『PlayMining』事業におけるPlay to Earnゲームは、持続可能な社会的課題の解決や、世界の人々の自己実現を導く手段の一つになると考えています。

今回の取り組みで良い結果を出せれば、単なる慈善事業としてではなく最先端のWeb3事業として、この取組みを持続的にご一緒できるパートナー企業を見つけていきたいと考えております。ご興味を持たれた皆さま、是非 お問い合わせください。

>>「DEA社の公式発表」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

G7財務相会議:金融デジタル化で「暗号資産・CBDC」に言及|国際的な規制を支持

G7財務相会議:金融デジタル化で「暗号資産・CBDC」に言及|国際的な規制を支持

Albright Capital「LUNC・USTC関連の訴訟」を取り下げ

Albright Capital「LUNC・USTC関連の訴訟」を取り下げ

Tron CEO「過激なマーケティング」について謝罪|技術開発に注力する意思を表明

Tron CEO「過激なマーケティング」について謝罪|技術開発に注力する意思を表明

シバイヌ(SHIB)「DAppsとウォレットの接続」に関する注意喚起

シバイヌ(SHIB)「DAppsとウォレットの接続」に関する注意喚起

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

米大手銀行USバンク:機関投資家向けの「暗号資産カストディサービス」提供開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

SHIBで話題の新NFT「Sheboshis」正式ローンチ|総供給量変更の報告も

SHIBで話題の新NFT「Sheboshis」正式ローンチ|総供給量変更の報告も

Symbol活用のNFTウォレット「NFTDriveEX」マルチチェーン対応を発表

Symbol活用のNFTウォレット「NFTDriveEX」マルチチェーン対応を発表

シバイヌで発表された「SHEboshis」とは?SHIBバーン貢献など詳細が明らかに

シバイヌで発表された「SHEboshis」とは?SHIBバーン貢献など詳細が明らかに

Astar zkEVMの技術活用進む|ポケモンカードなどのRWA販売サービス「PACKS」も採用

Astar zkEVMの技術活用進む|ポケモンカードなどのRWA販売サービス「PACKS」も採用

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

BTC・ETH・ADAがリード|暗号資産投資商品に「11億ドル」の流入

BTC・ETH・ADAがリード|暗号資産投資商品に「11億ドル」の流入

仮想通貨損益計算のクリプタクト「おすすめプラン診断機能」を導入

仮想通貨損益計算のクリプタクト「おすすめプラン診断機能」を導入

クジラウォレットへのSHIB流入額が「2,595%」増加|下落中に買い増しか?

クジラウォレットへのSHIB流入額が「2,595%」増加|下落中に買い増しか?

2024年:コインベースVS証券取引委員会の勝敗はビットボットなどのアルトコインを高値に押し上げる?

2024年:コインベースVS証券取引委員会の勝敗はビットボットなどのアルトコインを高値に押し上げる?

Mantle(MNT)とVeChain(VET)に買いシグナル、Pullix(PLX)も投資家の注目を集める

Mantle(MNT)とVeChain(VET)に買いシグナル、Pullix(PLX)も投資家の注目を集める

「金は暴落し、銀・ビットコインは高騰する」金持ち父さん著者の価格予想

「金は暴落し、銀・ビットコインは高騰する」金持ち父さん著者の価格予想

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す