Microstrategy CEO「ビットコインを密かに売却している」という噂に反論

by BITTIMES

ビットコイン(BTC)を大量に購入し続けていることで知られるNADAQ上場企業「Microstrategy(マイクロストラテジー)」のCEOであるMichael Saylor氏は2022年4月23日に、一部で囁かれている『Microstrategyはビットコインは密かに売却している』という噂について『BTC企業戦略に重要な変更を加える場合には、SECへの提出書類で情報開示する』と説明を行いました。

こちらから読む:中央アフリカ、ビットコインを通貨採用「暗号資産」関連ニュース

『BTC戦略変更時には公的文書で情報開示する』と説明

Microstrategy(マイクロストラテジー)のCEOであるMichael Saylor氏は2022年4月23日に、一部で囁かれている『Microstrategyはビットコインは密かに売却している』という噂ついて説明するツイートを投稿しました。

同社はビットコインを大量に購入し続けていることでも知られており、今月5日には『4,167BTCの追加購入によってBTC保有量が合計約129,218BTCになった』と報告、Michael Saylor氏も以前から『ビットコインを売却する予定はない』との発言を繰り返していました。

しかし、先週は「一部のTwitterアカウント」や「Mediumの記事」で『Microstrategyは保有するビットコインは密かに売却している』という内容の文章が公開されたため、仮想通貨業界ではこれらの投稿・記事が注目を集めていました。

投稿・記事の内容は『Microstrategyのメインアドレスと見られるウォレットの取引履歴を追跡した結果、同社がBTCを売却するためにCoinbaseやOKExのウォレットにBTCを送金したことが判明した』といった内容となっており、『BTC購入を報告するのであれば、BTC売却も報告すべきだ』と主張されていました。

このツイートは「3,000以上のいいね」「1,000件以上のリツイート」を記録するなど大きな注目を集めていましたが、Michael Saylor氏はこれについて2022年4月23日のツイートで『Microstrategyがビットコインの購入・保有などの企業戦略に重要な変更を加える場合には、米国証券取引委員会(SEC)への提出書類を通じてそのことを株主に開示する。この提出書類は誰でも見ることができる』と説明しています。

誰がこれを知る必要があるのかは分かりませんが、Microstrategyがビットコインの取得・保有などの企業戦略に重要な変更を加えた場合、我々は誰でも見ることができるSECへの提出書類を通じて株主にそれを開示します。

Michael Saylor氏の説明後も『MicrostrategyがBTCを売却している』という噂を信じている人は存在しているものの、この件に関しては別の仮想通貨メディアの調査で『取引履歴を詳しくより確認した結果、最初のBTC購入時期・購入数量がMicrostrategyの報告と一致していない』と報告されており、『このアドレスは実際には暗号資産取引所によって所有されているものである可能性が高い』との報告も行われています。

なお、Michael Saylor氏は今年1月のインタビューで『マイクロストラテジーの戦略はビットコインを購入して保有し続けることであり、売ることではない』と説明しており、昨年12月には『ビットコイン価格は最終的に600万ドル(約7億7,000万円)になる』との予想も語っています。

ビットコイン(BTC)などの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【国内初】プラチナ連動ステーブルコイン「x-Platinum」提供開始:エクスチェンジャーズ

【国内初】プラチナ連動ステーブルコイン「x-Platinum」提供開始:エクスチェンジャーズ

BINANCE:仮想通貨決済の「Alchemy Pay」と提携|ACH価格は数日で10倍以上に高騰

BINANCE:仮想通貨決済の「Alchemy Pay」と提携|ACH価格は数日で10倍以上に高騰

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

仮想通貨取引所Kraken「外国為替取引サービス」の提供開始

仮想通貨取引所Kraken「外国為替取引サービス」の提供開始

日本市場で「セキュリティトークン関連ソリューション」展開へ:HashPort×Tokensoft

日本市場で「セキュリティトークン関連ソリューション」展開へ:HashPort×Tokensoft

GMOコイン:スマホアプリに「横画面チャート・簡易ロック機能」を追加

GMOコイン:スマホアプリに「横画面チャート・簡易ロック機能」を追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

3D仮想空間「HEXAメタバース・ゲートウェイα版」公開|家の編集・NFT展示などが可能に

3D仮想空間「HEXAメタバース・ゲートウェイα版」公開|家の編集・NFT展示などが可能に

Wikipedia「暗号資産寄付の受け入れ」停止へ|複数の問題点を指摘

Wikipedia「暗号資産寄付の受け入れ」停止へ|複数の問題点を指摘

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年5月1日〜7日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年5月1日〜7日

SQUARE ENIX「NFTコンテンツ拡大・独自トークン発行」などを計画

SQUARE ENIX「NFTコンテンツ拡大・独自トークン発行」などを計画

DEA社:NPO法人「高卒支援会」と提携|Play to Earnゲームで青少年の自律を支援

DEA社:NPO法人「高卒支援会」と提携|Play to Earnゲームで青少年の自律を支援

The Sandbox:香港最大の鉄道事業者「MTR」と提携|鉄道特化の仮想空間を構築

The Sandbox:香港最大の鉄道事業者「MTR」と提携|鉄道特化の仮想空間を構築

人気マンガ作品「魔法使いの嫁」の3D ARフィギュアNFT、Palette上で発行へ

人気マンガ作品「魔法使いの嫁」の3D ARフィギュアNFT、Palette上で発行へ

Googleクラウドグループ「Web3.0(分散型ウェブ)専門チーム」設立へ=報道

Googleクラウドグループ「Web3.0(分散型ウェブ)専門チーム」設立へ=報道

LINE BITMAX:最大7万円相当のLINKがもらえる「暗号資産買ってみようキャンペーン」開始

LINE BITMAX:最大7万円相当のLINKがもらえる「暗号資産買ってみようキャンペーン」開始

Symbolテーマの漫画「じむコミ XYMcomic」連載開始:Atomos-Seed×東城みな

Symbolテーマの漫画「じむコミ XYMcomic」連載開始:Atomos-Seed×東城みな

F1ドライバーのPierre Gasly氏「Everdome」のメタバース土地を取得

F1ドライバーのPierre Gasly氏「Everdome」のメタバース土地を取得

エルサルバドル「44カ国が参加するBTC関連の会合」開催へ|中央銀行・金融当局が参加

エルサルバドル「44カ国が参加するBTC関連の会合」開催へ|中央銀行・金融当局が参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジパングコイン(Zipangcoin/ZPG)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソラナ(Solana/SOL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す