MicroStrategy CEO「ビットコイン価格暴落しても売る気はない」と説明

by BITTIMES

ビットコイン(BTC)を長期的に購入し続けていることでも知られる「MicroStrategy(マイクロストラテジー)」のMichael Saylor(マイケル・セイラー)CEOは2022年1月20日に公開された「Bloomberg」とのインタビューの中で『たとえビットコイン価格が暴落しようと、保有するビットコインを売却するつもりなはい』という考えを語りました。

こちらから読む:カルダノ基盤の分散型取引所リリース「暗号資産」関連ニュース

戦略は「購入&保有」売却ではないと説明

MicroStrategy(マイクロストラテジー)のCEOであるMichael Saylor(マイケル・セイラー)氏は2022年1月20日に公開された「Bloomberg」とのインタビューの中で『たとえビットコイン価格が暴落しようと、保有するビットコインを売却するつもりなはい』という考えを語りました。

マイクロストラテジーは2020年から定期的にビットコインを購入し続けている米国のデータ分析ソフト企業であり、昨年末には「約9,420万ドル(約108億円)の現金を用いて1,914BTCを追加購入したことによって、同社が保有するビットコインが合計約124,391BTCになったこと」も報告されています。

同社はビットコイン価格が600万円台で取引されていた際にも定期的にビットコインを購入し続けていたため、BTC価格のピーク時に比べると同社のビットコイン投資による利益は大幅に減少していますが、マイケル・セイラー氏は今回のインタビューで『マイクロストラテジーの戦略はビットコインを購入して保有し続けることであり、売ることではない』と説明しています。

ビットコインは半減期が約4年間隔であることなどから「1年間上昇して2〜3年間は停滞する」といった動きがみられるため、仮想通貨業界ではそのような下落・停滞期間のことが「仮想通貨の冬」とも呼ばれていますが、セイラー氏はそのような"冬の到来"への心配について『ビットコイン投資で見るべき期間は、短い時間軸では4年、中期間では10年、そして正しい時間は永遠である』と語っています。

ビットコインは「インフレに対する最高の防御手段」

マイケル・セイラー氏は「暗号資産はインフレに対する最高の防御手段である」との見解を示しており、『インフレ環境化でマイクロストラテジーを有利な位置につかせるためには、バランスシートをビットコインに変えること以上に良い方法はないと思う』と説明しています。

同氏は99%の競合他社が潰れていくの目の当たりにしている中で『何もせずに現状を維持すればそのような方向に向かうだろう』と感じていたとのことで、「ビットコイン戦略をとるか、会社を売るか」という2つの選択肢を迫られた中で「ビットコインを買う」という選択肢を選んだと説明しています。

なお、マイケル・セイラー氏は先月20日に公開されたインタビューの中で「自身が個人的に少なくとも17,732BTCを保有していること」も明かしており、「ビットコイン価格は今後60万ドル(約6,860万円)に達し、最終的には600万ドル(約6億8,600万円)になる」との予想も語っています。

>>「Bloomberg」の報道はこちら

2022年1月21日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)は昨年11月に760万円台まで上昇して以降は下落傾向が続いており、2022年1月21日時点では「1BTC=4,415,805円」で推移しています。

2021年7月26日〜2022年1月21日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2021年7月26日〜2022年1月21日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアム(ETH)がもはや「アルトコインではない」7つの理由

イーサリアム(ETH)がもはや「アルトコインではない」7つの理由

Xtheta「仮想通貨投資に関するアンケート調査」を実施|ギフト券が当たるチャンスも

Xtheta「仮想通貨投資に関するアンケート調査」を実施|ギフト券が当たるチャンスも

XRPレジャーのアカウント数「150万」を突破|Rippleコミュニティ順調に拡大中

XRPレジャーのアカウント数「150万」を突破|Rippleコミュニティ順調に拡大中

米マイアミ市長:ビットコインによる「給料支払い・納税受け入れ」などを検討

米マイアミ市長:ビットコインによる「給料支払い・納税受け入れ」などを検討

Cardano(ADA)新たなバージョンへとアップグレード|DAEDALUS Walletにも新機能

Cardano(ADA)新たなバージョンへとアップグレード|DAEDALUS Walletにも新機能

ErisX「仮想通貨先物取引」の提供開始|NASDAQ・マネックスなど大手企業が支援

ErisX「仮想通貨先物取引」の提供開始|NASDAQ・マネックスなど大手企業が支援

注目度の高い仮想通貨ニュース

韓国ソウル市:仮想空間で行政サービス展開「メタバース・ソウル」提供開始

韓国ソウル市:仮想空間で行政サービス展開「メタバース・ソウル」提供開始

ドージコイン(DOGE)、ソラナ(SOL)とメタケード(MCADE)市場はインフレ冷え込みを示すにつれて上昇傾向にあり

ドージコイン(DOGE)、ソラナ(SOL)とメタケード(MCADE)市場はインフレ冷え込みを示すにつれて上昇傾向にあり

Cardanoウォレット数「過去1ヶ月間で50,000以上増加」今年春には400万到達か

Cardanoウォレット数「過去1ヶ月間で50,000以上増加」今年春には400万到達か

シバイヌ(SHIB)近日公開のL2ネットワーク「Shibarium」の概要を発表

シバイヌ(SHIB)近日公開のL2ネットワーク「Shibarium」の概要を発表

米テキサスA&M大学「ビットコイン(BTC)に関する授業」春学期から開始

米テキサスA&M大学「ビットコイン(BTC)に関する授業」春学期から開始

OKCoinJapan:30日間預入で年率88.88%「DEPのFlash Deals」開催へ

OKCoinJapan:30日間預入で年率88.88%「DEPのFlash Deals」開催へ

明日花キララの「匂いNFT」1万枚限定で先行予約販売:Horizon

明日花キララの「匂いNFT」1万枚限定で先行予約販売:Horizon

FTXの債権者リスト公開|Apple・Googleなどの大手企業や各国政府機関も名称も

FTXの債権者リスト公開|Apple・Googleなどの大手企業や各国政府機関も名称も

中国初の公認NFTマーケット「中国デジタル資産取引プラットフォーム」開設へ

中国初の公認NFTマーケット「中国デジタル資産取引プラットフォーム」開設へ

【重要】Coinbase Japan「日本居住者向け取引サービスの停止」を発表

【重要】Coinbase Japan「日本居住者向け取引サービスの停止」を発表

中国のデジタル人民元アプリ、お年玉・ご祝儀を贈れる「紅包」機能追加

中国のデジタル人民元アプリ、お年玉・ご祝儀を贈れる「紅包」機能追加

アート・NFT分散型保有プラットフォームSTRAYM「Astar Japan Lab」に入会

アート・NFT分散型保有プラットフォームSTRAYM「Astar Japan Lab」に入会

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す