米クラーケン:NFTマーケットプレイス「Kraken NFT」公開へ|事前登録受付を開始

by BITTIMES

米国の大手暗号資産取引所「kraken(クラーケン)」は2022年5月3日に、独自のNFTマーケットプレイス『Kraken NFT』を公開することを明らかにしました。今回の発表では、NFTマーケットプレイスの順番待ちリストに登録することができるようになったことをも報告されています。

こちらから読む:DEA社、事業戦略発表会を開催「暗号資産」関連ニュース

NFTマーケットプレイス「Kraken NFT」公開へ

kraken(クラーケン)は2022年5月3日に、独自のNFTマーケットプレイス『Kraken NFT』を公開することを明らかにしました。krakenの創設者兼CEOであるJesse Powell氏は昨年12月に公開された「Bloomberg」とのインタビューで、NFTマーケットプレイスの立ち上げを計画していることを明かしていましたが、今回の発表ではKraken NFTの事前予約が可能になったことが報告されています。

迅速・低コスト・安心なNFT取引サービスを提供

公式発表によると「Kraken NFT」でNFTを保有するユーザーはプラットフォーム内で行われる取引のブロックチェーンネットワーク手数料を支払う必要がないとのことで、『ほぼ瞬時の移転速度でコレクションを構築することができ、"ネットワーク活動の急増が購入・取引コストに影響しない"という安心感を得ることができる』と説明されています。

NFTの希少性判断に役立つツールも

また「Kraken NFT」には"そのNFTが他のNFTと比較してどの程度希少であるか"を判断するのに役立つツールも組み込まれているとされており、レアリティスコアなどでより多くの情報に基づいて意思決定を行うことができると報告されています。

各種法定通貨+120以上の仮想通貨に対応

Kraken NFTは「Krakenアカウント」と連携しているため、NFT売買を簡単に行うことができるようになっており、売り手は「米ドル・ユーロ・カナダドル・英ポンド・スイスフラン・豪ドル」などの法定通貨に加えて「Krakenがサポートする120種類以上の仮想通貨」でNFTの出品が可能、買い手はこれらの通貨を使用してNFTを入札することができるとされています。

クリエイターへの報酬還元機能も搭載

また、NFTクリエイターに転売時の報酬を還元するための仕組みも搭載されているため、自分が作成したNFTが2次販売で売買された際には、各販売価格の一部を報酬として受け取ることもできるとのことです。

最初は「Ethereum・Solana」に対応

「Kraken NFT」では単一のインターフェースで複数のブロックチェーン基盤のNFTコレクションを管理することができるようになっており、サービス公開時には「イーサリアム(Ethereum/ETH)」と「ソラナ(Solana/SOL)」のNFTをサポート、その後はさらに多くのブロックチェーンをサポートしていく予定だと報告されています。

>>「Kraken」の公式発表はこちら
>>「Kraken」の日本向けサービスはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「デジタル通貨はお金を再定義する可能性がある」アリババ創設者ジャック・マー

「デジタル通貨はお金を再定義する可能性がある」アリババ創設者ジャック・マー

ビットコイン、本当の重要ラインは「108万円」一部専門家は大幅下落を警告

ビットコイン、本当の重要ラインは「108万円」一部専門家は大幅下落を警告

BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

【G7会議】仮想通貨Libra「早急な規制対応」が必要|各国代表者の意見が一致

【G7会議】仮想通貨Libra「早急な規制対応」が必要|各国代表者の意見が一致

SBIバーチャル・カレンシーズ「仮想通貨の送付サービス」開始|資産管理をより安全に

SBIバーチャル・カレンシーズ「仮想通貨の送付サービス」開始|資産管理をより安全に

FIFA:2026年W杯に向け暗号資産・メタバース関連の商標出願

FIFA:2026年W杯に向け暗号資産・メタバース関連の商標出願

注目度の高い仮想通貨ニュース

イーサリアムの「The Merge・ETHS・ETHW」とは?暗号資産取引所の対応方針まとめ

イーサリアムの「The Merge・ETHS・ETHW」とは?暗号資産取引所の対応方針まとめ

Chiliz:メキシコのサッカークラブ「Tigres UANL」と提携|$TIGRESファントークン発行へ

Chiliz:メキシコのサッカークラブ「Tigres UANL」と提携|$TIGRESファントークン発行へ

日本政府:暗号資産の犯罪利用防止に向け「顧客情報の共有」義務化へ

日本政府:暗号資産の犯罪利用防止に向け「顧客情報の共有」義務化へ

ネットマーブルのMARBLEX「MBXのステーキングサービス」提供開始

ネットマーブルのMARBLEX「MBXのステーキングサービス」提供開始

カルダノ(ADA)Vasil対応デスクトップウォレット「Daedalus 5.0.0」リリース

カルダノ(ADA)Vasil対応デスクトップウォレット「Daedalus 5.0.0」リリース

Sorare:NBAと提携して「NFT活用ファンタジーバスケゲーム」提供へ

Sorare:NBAと提携して「NFT活用ファンタジーバスケゲーム」提供へ

ビットバンク:アスター(Astar/ASTR)取扱いへ|日本国内初上場

ビットバンク:アスター(Astar/ASTR)取扱いへ|日本国内初上場

米MicroStrategy:ビットコインを買い増し|保有量は合計13万BTCに

米MicroStrategy:ビットコインを買い増し|保有量は合計13万BTCに

ELF Mastersの「ゲームトークンIEO」に向けた契約締結:bitFlyer×HashPalette

ELF Mastersの「ゲームトークンIEO」に向けた契約締結:bitFlyer×HashPalette

イーサリアム(ETH)大型アップグレード「The Merge」を完了|PoSへと移行

イーサリアム(ETH)大型アップグレード「The Merge」を完了|PoSへと移行

SQUARE ENIX:ゲーム特化型ブロックチェーン「Oasys」に参加|新ゲーム開発も模索

SQUARE ENIX:ゲーム特化型ブロックチェーン「Oasys」に参加|新ゲーム開発も模索

Big Eyes(BIG)、SHIB・WAVES保有者を引き付け「最大の仮想通貨コミュニティ」を構築する可能性

Big Eyes(BIG)、SHIB・WAVES保有者を引き付け「最大の仮想通貨コミュニティ」を構築する可能性

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す