前澤友作氏:フォロワーに「分散型自律組織(DAO)の立ち上げ」を提案

by BITTIMES

株式会社スタートトゥデイの代表取締役である前澤友作氏は2022年5月30日に、Twitterのフォロワーに対して「Web3.0(分散型ウェブ)を基軸とした分散型自律組織(DAO)の立ち上げ」について呼びかけを行いました。前澤氏は「参加希望者に少額出資を募って、スマホでできる簡単な作業を依頼し、発生した利益を皆で山分けする」といった仕組みを提案しています。

こちらから読む:コインチェック、Othersideのメタバース土地を取得「国内ニュース」

Twitterフォロワーに「分散型自律組織の設立」を提案

株式会社スタートトゥデイの代表取締役である前澤友作氏は2022年5月30日に、Twitterのフォロワーに対して「Web3.0(分散型ウェブ)を基軸とした分散型自律組織(DAO)の立ち上げ」について呼びかけを行いました。

分散型自律組織(DAO)とは、中央管理者が存在しない形で参加メンバーやアルゴリズムによって運営管理が行われる"自律的に機能する分散型の組織"のことであり、ブロックチェーン・仮想通貨業界でも様々なDAOが誕生してきています。

前澤氏は「参加希望者に1万円などの少額出資を募って、スマホでできる簡単な作業を依頼し、発生した利益を皆で山分けする」といった仕組みを提案しており、『株式会社ではできなかったことがDAOではできるかもしれない。みんなで一丸となり、みんなでアイデア出し合い、みんなで儲けて、みんなで分け合うイメージです』と説明しています。

今回のツイートは記事執筆時点で「18万いいね、5万リツイート、3,200コメント」を記録しており、Twitter上ではコミュニティ間で様々な意見が出されています。

「個人が複数のDAOに参加する時代の到来」も予想

前澤氏は今回のツイートに続ける形で『分かりやすいように"会社"と表現したが、正確に言えば"みんなでDAOを作りませんか?"ということになる』と説明しており、『今後は新しい組織形態のDAOが株式会社のように拡がり、1人の人が複数のDAOに参加するようになると思う。雇い雇われのザ・資本主義はもう古くなる』との考えも語っています。

同氏が考えるDAOの具体的な取り組みについては「仮に参加者100万人が集まって何かの新商品を作り、それをTwitter上で宣伝したとすれば、参加者の平均フォロワー数が50人だったとしても、100万人×50人で一気に5,000万人に知ってもらうことができる」といった例が挙げられており、『集まったみんなで新しい価値を作っていくことに醍醐味があると思う。100万人いたらほんとに世の中動かせるから。ワクワクしない?』とも語られています。

分散型自律組織(DAO)は既に国内外で多数立ち上げられており、世界的にも注目が集まっていますが、今回前澤氏がDAO設立についてツイートしたことによって、今後は日本国内でもDAO関連の取り組みが活発化する可能性があると期待されています。

なお、前澤氏は今月27日にWeb3.0(分散型ウェブ)メタバース(仮想空間)関連の企業やプロジェクトに投資を行う100億円規模の投資ファンド『MZ Web3ファンド』を立ち上げたことも発表しており、同ファンドの公式サイトではWeb3やメタバースについて"わからない人たち"も巻き込んでいくことが強調されていました。

今回のDAO設立計画については現在もTwitter上で様々な意見が交わされているため、今後の動向にも注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Levi's:ブロックチェーンベースの「労働安全衛生マネジメントシステム」導入へ

Levi's:ブロックチェーンベースの「労働安全衛生マネジメントシステム」導入へ

Ford:大都市の大気汚染問題解決に向け「ブロックチェーン・ジオフェンシング」を活用

Ford:大都市の大気汚染問題解決に向け「ブロックチェーン・ジオフェンシング」を活用

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

Hyundai:ブロックチェーン活用した電気自動車(EV)の「性能コントロール技術」を開発

Hyundai:ブロックチェーン活用した電気自動車(EV)の「性能コントロール技術」を開発

ブロックチェーン基盤の「電力取引・トレーサビリティシステム」で特許取得:みんな電力

ブロックチェーン基盤の「電力取引・トレーサビリティシステム」で特許取得:みんな電力

Algorand投資子会社から仮想通貨「数億円相当」が流出|CTOの携帯電話が標的に

Algorand投資子会社から仮想通貨「数億円相当」が流出|CTOの携帯電話が標的に

注目度の高い仮想通貨ニュース

Zaif(ザイフ)暗号資産上場希望アンケート「上位30位銘柄」を発表

Zaif(ザイフ)暗号資産上場希望アンケート「上位30位銘柄」を発表

PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

PLT Place「WOVN.io」用いた英語版ページ公開|多言語対応も視野

Huobi Japan:日本円出金手数料「最大3,300円キャッシュバック」キャンペーン開始

Huobi Japan:日本円出金手数料「最大3,300円キャッシュバック」キャンペーン開始

Brave Search:検索結果ランキングをカスタムできる新機能「Goggles」ベータ版公開

Brave Search:検索結果ランキングをカスタムできる新機能「Goggles」ベータ版公開

Bitget KCGI 2022、5,000人近い参加者で閉幕

Bitget KCGI 2022、5,000人近い参加者で閉幕

CoinBest:取引所サービスで「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱開始

CoinBest:取引所サービスで「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱開始

エチオピア国立銀行「暗号資産・デジタル通貨の違法な取引」について警告

エチオピア国立銀行「暗号資産・デジタル通貨の違法な取引」について警告

Binance Custody:エスクローサービス「Binance Escrow」を発表

Binance Custody:エスクローサービス「Binance Escrow」を発表

米Coinbase:初のビットコイン先物商品「Nano Bitcoin Futures」提供へ

米Coinbase:初のビットコイン先物商品「Nano Bitcoin Futures」提供へ

日本向け暗号資産取引所「FTX Japan」ローンチ|仮想通貨10銘柄を取扱い

日本向け暗号資産取引所「FTX Japan」ローンチ|仮想通貨10銘柄を取扱い

LINE証券「STOサービス」提供開始|国内初の個人向け公募引受型デジタル債を販売

LINE証券「STOサービス」提供開始|国内初の個人向け公募引受型デジタル債を販売

カイカキャピタル:シンボル(XYM)レンディングの第1回募集「6月15日」に開始【先着順】

カイカキャピタル:シンボル(XYM)レンディングの第1回募集「6月15日」に開始【先着順】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す