Block社のTBD:ビットコイン中心の新たな分散型ウェブ「Web5」を発表

by BITTIMES   

ジャック・ドーシー氏が率いる「Block(旧:Square)」が創設したビットコイン特化の事業部門「TBD」は2022年6月10日に、ビットコインを中心とした新たな分散型ウェブプラットフォーム『Web5』を構築する計画を発表しました。

こちらから読む:OKCoinJapan、アバランチ(AVAX)取扱いへ「暗号資産」関連ニュース

分散型ID用いて個人情報を自分で管理

Block(旧:Square)が創設したビットコイン特化の事業部門「TBD」は2022年6月10日に、ビットコインを中心とした新たな分散型ウェブプラットフォーム『Web5』を構築する計画を発表しました。

Web5の専用ページでは『ウェブは情報交換を民主化したがアイデンティティという重要なレイヤーが欠落している。私たちは何百ものアカウントと覚えきれないパスワードで個人データを保護するのに苦労している。現在ウェブ上では、IDと個人データは第三者の所有物になっている』と指摘されています。

TBDが新たに構築するWeb5は「ユーザーが個人情報や自身のデータを自分で管理できるようにするためのレイヤー」として機能するとのことで、『アプリケーションに分散型IDとデータストレージを提供することによって、開発者は新しいユーザー体験の創造に集中でき、データとIDの所有権を個人に戻すことができる』と説明されています。

Web5はビットコインのブロックチェーン上で動くオープンかつパブリックでパーミッションレスの分散型IDネットワークである「ION」の技術を活用しているとのことで、ユーザーはWeb5のデジタルウォレットに個人情報・データ・アプリへの権限などを保存しておくことによって、新たな分散型アプリを利用する際に新たにプロフィールを作成する手間を省くことが可能になると報告されています。

この機能が広く利用されるためには、各種アプリが「Web5」に対応する必要があるものの、開発キットは既に公開されているため、今後の普及などには注目が集まっています。

>>「Web5」の詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano NFTマーケットプレイス「Fibo」ベータ版をリリース:EMURGO

Cardano NFTマーケットプレイス「Fibo」ベータ版をリリース:EMURGO

社会貢献活動に対して「独自コイン」付与|デイリーアクション機能を追加:actcoin

社会貢献活動に対して「独自コイン」付与|デイリーアクション機能を追加:actcoin

ビットコイン時価総額が8兆円越え「それでも株式市場の0.1%」

ビットコイン時価総額が8兆円越え「それでも株式市場の0.1%」

日本経済のデジタル化に向け「LayerX Labs」新設|デジタル通貨・スマートシティに注力

日本経済のデジタル化に向け「LayerX Labs」新設|デジタル通貨・スマートシティに注力

CoinBest(コインベスト)取引手数料無料の「DAI大口取引サービス」提供開始

CoinBest(コインベスト)取引手数料無料の「DAI大口取引サービス」提供開始

VanEckが予想する「2024年に仮想通貨市場で起きる15のこと」

VanEckが予想する「2024年に仮想通貨市場で起きる15のこと」

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説