Three Arrows Capital:ビットコイン価格下落でポジション強制清算か=報道

by BITTIMES   

シンガポールの大手暗号資産ヘッジファンド「Three Arrows Capital(3AC)」が、仮想通貨貸借サービス「BlockFi」の追加証拠金(マージンコール)に応じることができず、ポジションを強制清算された可能性があることが「Financial Times」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:メルコイン、暗号資産交換業者登録を完了「暗号資産」関連ニュース

BlockFiのマージンコールに応じれず

シンガポールの大手暗号資産ヘッジファンド「Three Arrows Capital(3AC)」が、仮想通貨貸借サービス「BlockFi」の追加証拠金(マージンコール)に応じることができず、ポジションを強制清算された可能性があることが「Financial Times」の報道で明らかになりました。

「BlockFi」の最高経営責任者(CEO)であるZac Prince氏は2022年6月17日のツイートで特定の企業名は明かすことなく『最近ある大手顧客の過剰担保ローンについて最良の判断を下して清算を行なった』と報告していましたが、Financial Timesは17日の報道で"事情に詳しい人物の話"として「3ACはBlockFiからBTCを借りていたが、今週初めの市場暴落でマージンコールに応じられなくなった」と報じているため、Zac Prince氏が語った大手顧客は「Three Arrows Capital」であるとみられています。

複数の報道によると、清算された証拠金は複数のポジションの合計で4億ドル(約537億円)にものぼるとのことで、Three Arrows Capitalはその後も複数のレンディングプロバイダーで保有する債務の調整に追われていると報じられています。

ただし、BlockFiのZac Prince氏は『今回の清算が他の顧客の資産に影響を与えることはない』とも説明しており、『今回の相手企業に実際に清算を行ったのは、当社が初めてだろう』ともコメントしています。

「Three Arrows Capital保有資産売却」に懸念の声も

Three Arrows Capital(3AC)は「BTC・ETH・AVAX・DOT」など様々な暗号資産を保有する大手暗号資産ヘッジファンドであり、「Aave・Balancer」などのDeFiプラットフォームや、NFTゲームの「Axie Infinity」、先月の価格暴落で注目を集めた「LUNA(現在はLUNC)」などにも投資、市場のピーク時には100億ドル(約1兆円)規模の資産を運用していたとも報じられています。

しかし、今回の強制清算は1,000ドル付近まで急落したイーサリアム(ETH)の価格暴落が引き金になったとみられており、同社がグレイスケール投資信託(GBTC)やLidoのステークドETH(stETH)などの合成資産に触れていたことも原因になったと推測されています。

Three Arrows Capitalは今回のBlockFiに加えて「Genesis・Nexo・Celsius」などといった大手融資会社からも資金を借り入れていると見られており、以前から『債務不履行が起きた場合にはこれらの企業の自己資本が損失を被る可能性がある』などの指摘が出ていたと報告されています。

3ACの問題は同社から出資を受けていたという貸付サービスの「Finblox」にも影響を及ぼしているとのことで、16日には報酬分配の一時停止や出金限度額の引き下げなどを実施するとの説明も行われています。

ここ最近の仮想通貨価格暴落によって各種暗号資産の価格は重要視されるラインまで下落していますが、今回の清算報道を受けて、仮想通貨業界では「Three Arrows Capitalの保有資産売却」に対する懸念が高まっています。

>>「Financial Times」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

ワールドコイン(WLD)新SMPCシステムへの移行で「古い虹彩コード」を削除

ビットコイン女子が増加傾向、1年間で「3倍」に|暗号業界の管理職でも活躍

ビットコイン女子が増加傾向、1年間で「3倍」に|暗号業界の管理職でも活躍

ビットバンク:現金1,000円がもらえる「はじめてのご入金プログラム」開始

ビットバンク:現金1,000円がもらえる「はじめてのご入金プログラム」開始

Chiliz:プレミアリーグ所属「Aston Villa FC」と提携|$AVLファントークン発行へ

Chiliz:プレミアリーグ所属「Aston Villa FC」と提携|$AVLファントークン発行へ

Cardano Shelleyテストネット、登録プール数が「目標値」突破:IOHK報告

Cardano Shelleyテストネット、登録プール数が「目標値」突破:IOHK報告

ELF Masters:メタバース型ファーミングゲーム『THE LAND 〜エルフの森〜』へと大型アップデート

ELF Masters:メタバース型ファーミングゲーム『THE LAND 〜エルフの森〜』へと大型アップデート

注目度の高い仮想通貨ニュース

NFTマーケットプレイスのHEXA「Googleログイン」に対応

NFTマーケットプレイスのHEXA「Googleログイン」に対応

カルダノ(ADA)のエコシステムをさらに強化|EMURGOが「GSR」と提携

カルダノ(ADA)のエコシステムをさらに強化|EMURGOが「GSR」と提携

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

コインチェック:ブリリアンクリプトトークン(BRIL)のIEO詳細を発表

ビットコインが維持すべき「重要なサポートライン」著名アナリストの価格予想

ビットコインが維持すべき「重要なサポートライン」著名アナリストの価格予想

2024年のブルランに向けて、クジラが購入している低価格なアルトコイン

2024年のブルランに向けて、クジラが購入している低価格なアルトコイン

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

ミームコインで横ばいが続く中、Rebel Satoshiのプレセールが市場を席巻|DogwifhatとPEPEは調整相場に突入

ミームコインで横ばいが続く中、Rebel Satoshiのプレセールが市場を席巻|DogwifhatとPEPEは調整相場に突入

Coinbase:グローバル取引所で「BONK・FLOKI・SHIBの永久先物取引」提供へ

Coinbase:グローバル取引所で「BONK・FLOKI・SHIBの永久先物取引」提供へ

カルダノ財団:ドバイ・ブロックチェーン・センター(DBCC)と提携

カルダノ財団:ドバイ・ブロックチェーン・センター(DBCC)と提携

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

ソラナ(SOL)のFiredancer「2025年」に完全版リリースへ

ソラナ(SOL)のFiredancer「2025年」に完全版リリースへ

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す