イーロン・マスク氏「Twitterの買収撤回」を通知|契約違反を指摘

by BITTIMES

TeslaやSpaceXのCEOであるイーロン・マスク氏が2022年7月8日に、総額440億ドル(約5兆9,000億円)で合意していた「Twitter(ツイッター)」の買収を取りやめることを同社に通知したことが明らかになりました。

こちらから読む:ルーラ×Bitgate、ルーラトークンのIEO実施へ「暗号資産」関連ニュース

「Twitterは契約上の義務を遵守していない」と指摘

TeslaSpaceXのCEOであるイーロン・マスク氏が2022年7月8日に、総額440億ドル(約5兆9,000億円)で合意していた「Twitter(ツイッター)」の買収を取りやめることを同社に通知したことが明らかになりました。

イーロン・マスク氏はSNS上の検閲的行為が行き過ぎていることなどを問題視した上で『言論の自由を守る』との公約を掲げて2022年4月に"Twitter買収"を提案、本人確認済みアカウントを増やして利用者の匿名性を下げていく方針を示しており、2022年4月25日には「1株あたり54.20ドル(総額約440億ドル)での買収」に合意したことが報告されていました。

しかし、米国証券取引委員会(SEC)に提出された最新の書類では『マスク氏は取引完了に関連する合理的な事業目的のために必要なデータと情報の提供を求めていたが、Twitterはその契約上の義務を遵守していない』と指摘されています。

イーロン・マスク氏は『収益化可能なデイリーアクティブユーザーの約5%が偽アカウントである』というTwitter側の主張を精査したいとして買収手続きを一時保留にしていましたが、今回の書類では『Twitter側は過去2ヶ月間に渡って要求した情報を提出しなかった』と主張されています。

Twitter側は米SECへの開示の中で「1日あたりの利用者約2億2900万人のうち、偽アカウントの割合は5%未満だ」と推定していますが、マスク氏は「この比率がもっと高かった場合には実際の利用者数が減り、企業価値が損なわれる可能性がある」との懸念を示していました。

マスク氏側の弁護士は「このような情報はTwitterの事業と財務実績に関する基本的なものであり、今後の事業移行計画を進めるために必要なものであるため、買収取引を完了するためにはそれらの情報が必要である」と説明しており、必要な情報が提出されなかったことが買収撤回の要因の1つであることを説明しています。

また今回の書類の中では『Twitterは"現在の事業組織の重要な構成要素を実質的にそのまま維持する"という義務から逸脱する際には、その前にマスク氏の同意を得るという契約上の義務に違反した』とも主張されており、Twitter社が最近行った従業員解雇がこの契約に違反していると指摘されています。

しかし、Twitterの会長であるBret Taylor(ブレット・テイラー)氏は2022年7月8日のツイートで『Twitterの取締役会は、マスク氏と合意した価格と条件で取引を完了させることを約束し、買収契約を執行するために法的措置を取る予定だ』とも語っているため、今後は訴訟合戦に発展する可能性があると見られています。

Twitterの取締役会は、マスク氏と合意した価格と条件で取引を完了させることを約束し、買収契約を執行するために法的措置を取る予定です。私たちはデラウェア州裁判所で勝訴することを確信しています。

>>「米SECが公開した書類」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンでオレンジジュースの品質保証 ー オランダ小売大手「Albert Heijn」

ブロックチェーンでオレンジジュースの品質保証 ー オランダ小売大手「Albert Heijn」

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

国内初の非営利DEX接続所「非営利QuickSwap接続所」提供へ:公益研究基盤機構

国内初の非営利DEX接続所「非営利QuickSwap接続所」提供へ:公益研究基盤機構

新型コロナ以降「高齢世代のビットコイン投資」が倍増|Google検索にも変化

新型コロナ以降「高齢世代のビットコイン投資」が倍増|Google検索にも変化

カルティエの親会社「Richemont」ブロックチェーンでダイヤを追跡

カルティエの親会社「Richemont」ブロックチェーンでダイヤを追跡

Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

Ripple社「今後2年間で大きく成長」プロダクト責任者が自信示す

注目度の高い仮想通貨ニュース

MetaMask:仮想通貨の誤送金を狙う「アドレスポイズニング詐欺」について注意喚起

MetaMask:仮想通貨の誤送金を狙う「アドレスポイズニング詐欺」について注意喚起

レイヤー1オラクルネットワーク「Flare」がローンチ

レイヤー1オラクルネットワーク「Flare」がローンチ

バハマ証券委員会「35億ドル相当のFTX資産」を保有|債権者に返還予定

バハマ証券委員会「35億ドル相当のFTX資産」を保有|債権者に返還予定

柴犬コイン(SHIB)VS メタケード(MCADE)2023年の仮想通貨投資の成功への道

柴犬コイン(SHIB)VS メタケード(MCADE)2023年の仮想通貨投資の成功への道

FTX Japan:顧客資産の返還「2月中旬」に予定|今後のスケジュールを発表

FTX Japan:顧客資産の返還「2月中旬」に予定|今後のスケジュールを発表

韓国の暗号資産取引所「Huobi Korea」フォビグループ離脱で社名変更か

韓国の暗号資産取引所「Huobi Korea」フォビグループ離脱で社名変更か

米カリフォルニア州車両管理局:車の所有権管理で「Tezos」のブロックチェーン活用

米カリフォルニア州車両管理局:車の所有権管理で「Tezos」のブロックチェーン活用

OKCoinJapan:国内初エフィニティトークン(EFI)取扱いへ|上場記念キャンペーンも

OKCoinJapan:国内初エフィニティトークン(EFI)取扱いへ|上場記念キャンペーンも

クリプタクト「dHealthTax」に新規対応|DHPの損益計算が簡単に

クリプタクト「dHealthTax」に新規対応|DHPの損益計算が簡単に

イーサリアム・ネーム・サービス(ENS)Coinbaseの「iOS・Androidアプリ」に対応

イーサリアム・ネーム・サービス(ENS)Coinbaseの「iOS・Androidアプリ」に対応

POS端末展開のClover「ビットコインのLightning決済」を試験導入|StrikeとFiservが提携

POS端末展開のClover「ビットコインのLightning決済」を試験導入|StrikeとFiservが提携

匂いのNFT:実業家グラドルの「ヴァネッサ・パン氏」がアンバサダーに就任

匂いのNFT:実業家グラドルの「ヴァネッサ・パン氏」がアンバサダーに就任

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す