ビットコインキャッシュで簡単に寄付を募る|Akari-Pay

by BITTIMES

ビットコインキャッシュ(BCH)の普及促進を目的とした組織である「Akari Global Foundation」は「Akari-Pay Advanced」と呼ばれるBCHを受け入れるための支払いプラットフォームをリリースしました。この発表に伴い、プラットフォームを利用するためのコーディングに関する知識を必要としない、ビットコインキャッシュの支払い/寄付のためのシンプルなページが公開されています。

Akari Global Foundation

Akari Global Foundationは現在、新しいビットコインキャッシュ(BCH)をベースとして支払いの橋渡しを行うことで、BCHの普及を促進しています。

Akariは「ビットコインキャッシュネットワークを活用して、世界の経済的抑圧を減らし、自由を増やすことを支援することを使命としている」と述べています。

BitcoinCashの利点

公開されたウェブページでは、Akariが考えるビットコインキャッシュ利点や利便性について多くのことが綴られています。具体的には次のような内容が挙げられています。

  • トランザクションの節約(非常に低い/実質的に無料)
  • インスタント取引、10分決済(クレジットカードで90日間)
  • 小額の支払い(低額手数料を含む)が含まれます。
  • チャージバックなし(不正行為の減少)
  • 急速な採用率(最近100K+新規加盟店)
  • 採用の増加は、ビジネスや開発プロジェクトの無料マーケティングを意味します。
  • 仲介者や支払チャネルがない
  • IDが必要ない
  • 自由な使えるウォレットを無制限に誰でも簡単に始めることができる
  • Bitcoin Cashはホワイトペーパーに貼り付けられています
  • RBF/SegWit/off-chain™/second-layer™は不要です
  • 検閲抵抗(分散型)
  • ボーダレス、世界の旅行者からの支払いを受け入れます。
  • 銀行/政府が必要ない
  • 手数料無料で自身の貯蓄または支出口座を所有できる
  • 最も分散した開発者コミュニティ
  • 世界通貨になることを目標とする
  • Bitcoin Cashの開発は2009年以来、意識的にグローバルなP2P(peer-to-peer)に集中しています。

これらの項目は実際に挙げられている内の一部にしか過ぎませんが、彼らは「おそらくもっと理由がある」と語っています。

またAkari Global Foundationは「Akari-Pay Advancedは、ビットコインキャッシュのためのものである」と説明しています。

ビットコインキャッシュの今後の新しいプロジェクトにも期待

Akari-payAkari-pay(github.comから)

Akariの開発チームは、このプラットフォームを完全なフリーソフトウェアとしてリリースしています。
コードは公開されており、Akari-Payの最新バージョンに加えて、 寄付バーの使い方や目標の設定、合計の更新、配色のカスタマイズ方法に関するデモビデオなども公開されているため多くの人が簡単に利用できるサービスとなっています。

ビットコインキャッシュのコミュニティでは、Akariが提供する無料の寄付/支払いサービスに期待する声も上がっています。

先日のハードフォークを終えて多くの拡張性を備えた新しいビットコインキャッシュの今後のプロジェクトにもさらに注目が集まります。

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)なら手数料無料でビットコインキャッシュを購入することができます。

仮想通貨取引所 bitbank の画像ビットコインキャッシュ(BCH)を取引手数料無料で購入できる仮想通貨取引所bitbankはこちら

bitbankの登録方法を画像付きで分かりやすく解説

(引用:yours.org

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

サトシ・ナカモトが「ビットコインの神」を痛烈批判|BCHハードフォークで戦争勃発か

サトシ・ナカモトが「ビットコインの神」を痛烈批判|BCHハードフォークで戦争勃発か

タイ証券取引委員会が「仮想通貨の規制強化」BCHなど3銘柄をリストから除外

タイ証券取引委員会が「仮想通貨の規制強化」BCHなど3銘柄をリストから除外

イーサリアムがハードフォーク「Metropolis」を実行間近

イーサリアムがハードフォーク「Metropolis」を実行間近

Bitcoin Cashで購入できる

Bitcoin Cashで購入できる"過去から来た"未来のFord Mustang

SegWit2xが抱える11の問題とは?

SegWit2xが抱える11の問題とは?

南米初!3種類の仮想通貨で決済できるブラジル大手旅客バス会社

南米初!3種類の仮想通貨で決済できるブラジル大手旅客バス会社

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月19日〜25日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月19日〜25日

Cardano・Atalaの技術活用で「ジョージア政府」とMoU締結:IOHK

Cardano・Atalaの技術活用で「ジョージア政府」とMoU締結:IOHK

日銀・黒田総裁:記者会見で仮想通貨「Libra(リブラ)」に言及

日銀・黒田総裁:記者会見で仮想通貨「Libra(リブラ)」に言及

Facebookの独自仮想通貨「VISA・Mastercard・Uber」など12社以上が支援=WSJ報道

Facebookの独自仮想通貨「VISA・Mastercard・Uber」など12社以上が支援=WSJ報道

フェイスブックの仮想通貨プロジェクト「Libra(リブラ)」の詳細情報、徐々に明らかに

フェイスブックの仮想通貨プロジェクト「Libra(リブラ)」の詳細情報、徐々に明らかに

「仮想通貨Libra(リブラ)に本人確認は必要ない」BINANCE CEOのツイートが話題に

「仮想通貨Libra(リブラ)に本人確認は必要ない」BINANCE CEOのツイートが話題に

仮想通貨取引所DeCurret(ディーカレット)システム障害で「全てのサービス」一時停止

仮想通貨取引所DeCurret(ディーカレット)システム障害で「全てのサービス」一時停止

Block.one:EOSブロックチェーン活用した分散型ソーシャルメディア「Voice」を発表

Block.one:EOSブロックチェーン活用した分散型ソーシャルメディア「Voice」を発表

ビットコイン「100万円」突破近い|さらなる価格上昇を予想:Civic CEO

ビットコイン「100万円」突破近い|さらなる価格上昇を予想:Civic CEO

仮想通貨取引所BINANCE:米国ユーザー向けの「サービス停止」を発表|9月12日から

仮想通貨取引所BINANCE:米国ユーザー向けの「サービス停止」を発表|9月12日から

Coincheck:モナコイン(MONA)の取り扱いへ|交換可能な仮想通貨は「10銘柄」に

Coincheck:モナコイン(MONA)の取り扱いへ|交換可能な仮想通貨は「10銘柄」に

2019年末、ビットコイン価格が「330万円」に達する3つの理由:Kenetic Capital共同設立者

2019年末、ビットコイン価格が「330万円」に達する3つの理由:Kenetic Capital共同設立者

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

人気のタグから探す