【重要】Liquid by FTX「QASH・XLM」上場廃止へ

by BITTIMES   

暗号資産取引所「Liquid by FTX」は2022年8月15日に、同社が取り扱っている「QASH・XLM」の取扱いを2022年9月16日9時00分をもって終了することを発表しました。

こちらから読む:東京・大手町に"Cardano Cafe"登場「国内ニュース」

QASH・XLM「2022年9月16日9時」に上場廃止

Liquid by FTXは2022年8月15日に、同社が取り扱っている「QASH・XLM」の取扱いを2022年9月16日9時00分をもって終了することを発表しました。

同社は現在「Liquid by FTX」から「FTX Japan」への移行作業を進めていますが、FTX Japanでは「QASH」と「XLM」が取り扱われておらず、QASH・XLMを今後取扱う予定もないため、これら2銘柄の上場廃止が決定されたと報告されています。

FTX Japanでは「XLMのパーペチュアル取引」は提供されていますが、「QASH・XLMの現物取引」は提供されていないため、Liquidの口座でQASHやXLMを保有している方は外部ウォレットや外部取引所に資産を移動するか、上場廃止までにLiquidでQASH・XLMを売却する必要があります。

どちらの銘柄も取扱廃止日時までの期間であればシステム経由での出庫処理ができるとのことですが、取扱廃止日時に残高がある場合は市場価格を参照して適切な価格で現金化処理を行うと説明されています。現金化は取扱廃止日時に実施されることとなっており、現金化に適用する価格は『2021年8月15日から9月15日の各日午前9時のLiquidの各日の取引価格(該当が無い場合は直前の取引価格)の単純平均値とする』と説明されています。

現金化された日本円は対象者アカウントの日本円残高に反映されるとのことで、出金の指示があれば登録されている銀行口座もしくは指定された銀行口座に送金することができるとも報告されています。

>>「Liquid by FTX」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン購入の「ベストタイミング」著名アナリストが語る、現在のBTC市場

ビットコイン購入の「ベストタイミング」著名アナリストが語る、現在のBTC市場

日産自動車:Web3・NFT・メタバース関連で商標出願「NISSAN HYPE LAB」の実証実験も開始

日産自動車:Web3・NFT・メタバース関連で商標出願「NISSAN HYPE LAB」の実証実験も開始

FTX Japan:顧客資産の返還「2月中旬」に予定|今後のスケジュールを発表

FTX Japan:顧客資産の返還「2月中旬」に予定|今後のスケジュールを発表

Symbol/NEMコア開発者のHatchet氏「7月に東京来日」大阪カンファレンスも予定

Symbol/NEMコア開発者のHatchet氏「7月に東京来日」大阪カンファレンスも予定

2024年の仮想通貨市場はどうなる?ビットフィネックスが分析レポートを公開

2024年の仮想通貨市場はどうなる?ビットフィネックスが分析レポートを公開

TOYOTA×NTT「スマートシティ開発」に向けた業務資本提携を発表

TOYOTA×NTT「スマートシティ開発」に向けた業務資本提携を発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説