BINANCE「LUNCの取引手数料バーン」実施へ|LUNC価格上昇

by BITTIMES

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2022年9月26日に、ルナ・クラシック(Luna Classic/LUNC)の現物取引・証拠金取引で徴収された全ての取引手数料をバーンするメカニズムを実装することを発表しました。今回の発表を受けてLUNC価格は大幅に上昇しています。

こちらから読む:SBI VCトレード、ADAステーキング提供へ「暗号資産」関連ニュース

LUNC現物・証拠金取引で「バーンメカニズム」を実装

BINANCE(バイナンス)は2022年9月26日に、ルナ・クラシック(Luna Classic/LUNC)の現物取引・証拠金取引で徴収された全ての取引手数料をバーンするメカニズムを実装することを発表しました。

BINANCEはLUNCのスポット・マージン取引ペアの全ての取引手数料をバーンするためのバーンメカニズムを実装します。

ルナ・クラシック(Luna Classic/LUNC)では、増えすぎたLUNC供給量を減らすことを目的としたバーン(トークンの焼却処分)の取り組みが活発化してきており、最近では全てのオンチェーン取引で一定数量のLUNCをバーンする「1.2% Tax Burn」などが注目を集めていましたが、今回はこれとは別に「BINANCEにおけるLUNC取引・売買で徴収された取引手数料をBINANCEが自主的にバーンする(オフチェーンバーン)」ということが報告されています。

オプトインボタンの代わりに「取引手数料バーン」を実施

BINANCEは2022年9月24日のブログ投稿で「LUNCオフチェーンバーン運動に参加するかどうかを表明できる"オプトインボタン"を実装する」という案について説明を行っていましたが、BINANCEのCEOであるChangpeng Zhao氏は26日のツイートでこの案の代用案として今回の「LUNC取引手数料バーン」が決定されたことを説明しています。

Changpeng Zhao氏は以前の「オプトインボタン設置」の案の問題点として『LUNCコミュニティが満足していなかったこと・開発に時間がかかること・トレーダーが投票しないこと』などを挙げており、『LUNC取引手数料のバーンを採用することによって全てのユーザーに公平に対応することができる。取引体験と流動性は変えずに、コミュニティが望んでいるLUNC供給量の削減に貢献することができる』と説明しています。

なお、今回発表された新しいバーンメカニズムでは、BINANCEにおけるLUNC/BUSD・LUNC/USDTの現物・証拠金取引で徴収された全ての取引手数料がバーンされるとのことで、手数料はLUNCに変換した上でバーン用ウォレットに送金、バーンの費用はユーザーではなくBINANCEから支払われると説明されています。

» BINANCE、Terra Classic(LUNC)のバーンメカニズム実装へ。私たちが行っていることとその理由についての簡単なスレッドを以下に示します。

金曜日に行ったAMA以来、LUNCコミュニティのTax Burn要望をBINANCEがより良くサポートする方法について何度も議論してきました。私が最後に言ったのは「オプトインボタンを実装する」というものでしたがこれはその後変更されました。

ここで以下3つのことが言えます。
1)LUNCコミュニティはこのアプローチに満足していなかった。
2)開発に時間がかかりそう。
3)どうせうまくいかない。私たちのトレーダーは投票しない。
それ以来、私たちはコミュニティをサポートするためのより良い迅速な方法について議論していたのです。

そこで、その代わりとして「LUNC/BUSDとLUNC/USDTの現物・証拠金取引ペアで集めた取引手数料を全てBinanceでバーンする」という方法をとることにしました。手数料はLUNCに変換された後、バーンアドレスに送られます。このバーンは、ユーザーの費用ではなく、我々の費用で行われます。

なお、バーンされるLUNC現物・証拠金取引の合計取引手数料計算は「毎週月曜日00:00:00(UTC)」に行われるとのことで、その後のオンチェーンバーン取引と週報は「毎週火曜日00:00:00(UTC)」に更新されると説明されています。

また、最初にバーンされる取引手数料は日本時間2022年9月21日9時00分〜2022年10月3日8時59分までの間に計算されると報告されており、LUNC以外のトークン(USDT・BUSD・BNBなど)で徴収されたLUNC現物取引・信用取引ペアの取引手数料は、毎週月曜日00:00:00(UTC)にBINANCEのリアルタイム為替レートでLUNCに変換される予定とも説明されています。

USTのペッグ崩壊で暴落したLUNC価格を回復させるためには「増えすぎた供給量を減らすこと」が重要だと考えられており、LUNC供給量を減らすためには「LUNCの大部分を保有しているBINANCEのバーン」が重要になると言われていましたが、今回発表された「LUNC取引手数料のバーン」が実施されれば、LUNC供給量・流通量が大幅に減少することになると予想されるため、今後の価格上昇などには期待が高まっており、LUNC価格も発表後に50%近く高騰しています。

>>「BINANCE」の公式発表はこちら
>>「BINANCE」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Terra・UST・LUNAの「復興プラン2」公開|ステーブルコイン無しの新チェーン提案

Terra・UST・LUNAの「復興プラン2」公開|ステーブルコイン無しの新チェーン提案

【国内初】コインチェック「Stellar Lumens/XLM」取り扱いへ

【国内初】コインチェック「Stellar Lumens/XLM」取り扱いへ

【参議院選挙】仮想通貨の「税制改正」目指す藤巻氏、僅差で落選

【参議院選挙】仮想通貨の「税制改正」目指す藤巻氏、僅差で落選

シバイヌ(SHIB)「bugatti group」とのコラボを発表

シバイヌ(SHIB)「bugatti group」とのコラボを発表

Chiliz&Socios:インテル公式ファントークン「$INTER」のFTO本日開催へ

Chiliz&Socios:インテル公式ファントークン「$INTER」のFTO本日開催へ

OKCoinJapan:国内初「オーケービー(OKB)」取扱いへ|販売所サービスも追加

OKCoinJapan:国内初「オーケービー(OKB)」取扱いへ|販売所サービスも追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

コインブック:NIDT決済の買い物サイト「C.B.Shop」公開へ|オリジナルTシャツも販売

コインブック:NIDT決済の買い物サイト「C.B.Shop」公開へ|オリジナルTシャツも販売

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す