LINE:NFT総合マーケットプレイスで「NFT無料配布機能」提供へ

by BITTIMES

LINE(ライン)は2022年9月28日に、NFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」でNFT無料配布機能(エアドロップ)を2022年10月から提供開始することを発表しました。

こちらから読む:GMOコイン、ETHW相当額の日本円交付へ「暗号資産」関連ニュース

コンテンツ保有者のNFTマーケティング支援を強化

LINE(ライン)は2022年9月28日に、NFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」でNFT無料配布機能(エアドロップ)を2022年10月から提供開始することを発表しました。

エアドロップ(Airdrop)とは無料配布を意味する言葉であり、仮想通貨業界ではプロジェクトの認知度向上やユーザーへの感謝の気持ちとして、暗号資産やNFTをエアドロップする取り組みが世界各地で行われています。

今回発表された「NFT無料配布機能」は"企業やコンテンツ保有者が自社のNFTを多くユーザーに簡単に届けるきっかけを創出するためのツール"として提供されるものであり、『不特定多数のユーザーへNFTを配布することにより、企業やコンテンツホルダーは、自社NFTを知ってもらうだけではなく、NFTを入り口としたユーザーへの自社サービスの認知や興味・関心の向上が期待できる』と説明されています。

NFT無料配布機能の特徴としては以下の3点が挙げられています。

ブロックチェーンの開発知識が無くても簡単に利用可能

これまで、企業やコンテンツホルダーがLINE Blockchain基盤のNFT無料配布機能を開発するには、LINEのブロックチェーンサービス開発プラットフォーム「LINE Blockchain Developers」を活用する必要があったが、今回のNFT無料配布機能導入により、企業やコンテンツホルダーは開発工程を踏まずして簡単にユーザーへNFTを配布することが可能となる。

ユーザーは簡単かつ手軽にNFTの受取が可能

ユーザーは、エアドロップNFT受取用のQRコードを読み取った後、LINEアプリから手軽に始められる「LINE NFT」のアカウントから簡単に受取ることができる。受け取ったNFTは、デジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet 」で保管・管理が可能。

各種イベントやキャンペーンで多数ユーザーへのNFT配布が可能

「ライブやコンサートなどのイベント来場者へのNFT配布」や「SNSを用いた各種キャンペーンなどでのNFT配布」など、企業やコンテンツホルダーとユーザーとの接点を創出するマーケティングツールとして活用することが可能。

>>「LINE」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Google:検索エンジンに「イーサリアム:The Mergeのカウントダウン機能」追加

Google:検索エンジンに「イーサリアム:The Mergeのカウントダウン機能」追加

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

クリプタクトが「Astar Network」に対応|DeFi取引などの確定申告・損益計算を簡単に

クリプタクトが「Astar Network」に対応|DeFi取引などの確定申告・損益計算を簡単に

仮想通貨「Akoin」ケニアの大規模先進医療地域で試験導入へ

仮想通貨「Akoin」ケニアの大規模先進医療地域で試験導入へ

ビットポイント:暗号資産レンディングサービス「貸して増やす」提供開始

ビットポイント:暗号資産レンディングサービス「貸して増やす」提供開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

リップル社「米ドル連動ステーブルコイン」発行へ|XRPL・Ethereumで利用可能

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

シバイヌ(SHIB)に複数の強気シグナル|LunarCrushのAltRankで「2位」獲得

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

最近の仮想通貨ブームで急成長が期待される5つの新しいミームコイン

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

アバランチ財団が保有する「5種類のミームコイン」が判明|コミュニティコインを支援

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す