Decentralandで簡単にイベントや個展を主催「NFTアドスペース」リリース

by BITTIMES

Meo Group Limitedは2022年10月15日に、人気のメタバースプラットフォーム「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」で誰でも簡単にメタバースイベントや個展を主催することができるサービス「NFTアドスペース」をリリースしたことを発表しました。

こちらから読む:実空間をXRで拡張、NFTで売買可能に「メタバース」関連ニュース

Decentralandの土地・建物を1日貸切で利用可能

Meo Group Limitedは2022年10月15日に、人気のメタバースプラットフォーム「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」で誰でも簡単にメタバースイベントや個展を主催することができるサービス「NFTアドスペース」をリリースしたことを発表しました。

ディセントラランド(Decentraland/MANA)は、暗号資産やブロックチェーンを活用した人気のメタバースプラットフォームであり、ユーザーは仮想空間上の土地を購入して独自コンテンツを展開したり、仮想空間に参加して他のユーザーが作成した様々なコンテンツで遊んだりすることができるように設計されています。

NFTアドスペースは、Decentralandのメタバース上で誰でも簡単にメタバースイベントや個展を主催できるサービスであり、最短10分程度の簡単な手順でメタバースの土地や建物を1日貸切して自分の指定する作品やNFTを展示することができるため、誰でも簡単にイベントや個展を主催することができると説明されています。

貸切可能なメタバース土地について

貸切できるメタバース土地の住所は「Decentraland 144,44」とされており、PCブラウザからこのURLにアクセスことによって実際に内見することが可能、イベントや個展を主催する際には最大17ヶ所にNFTや画像を展示することができるようになっています。

この土地には「メタバース建築家が細部にもこだわって建築した4階建てのビル」が建てられており、4階を上がると屋上がルーフトップとなっているため、皆で集まることも可能となっています。

メタバース建築家が建設した4階建てのビル(画像:Meo Group Limited)メタバース建築家が建設した4階建てのビル(画像:Meo Group Limited)

細部にもこだわった建造物(画像:Meo Group Limited)細部にもこだわった建造物(画像:Meo Group Limited)

PCブラウザがあれば誰でもアクセス可能(画像:Meo Group Limited)PCブラウザがあれば誰でもアクセス可能(画像:Meo Group Limited)

土地・ビル・ディスプレイを全て貸し切って自分の作品やプロジェクトの宣伝を行うことが可能(画像:Meo Group Limited)土地・ビル・ディスプレイを全て貸し切って自分の作品やプロジェクトの宣伝を行うことが可能(画像:Meo Group Limited)

具体的な利用例やその他サービスについて

具体的な利用例やその他サービスについては以下のように説明されています。

【利用例】

  • 自分の商品やNFTプロジェクトをメタバースを使ってPRする「PRイベント」
  • さまざまなNFTプロジェクトをメタバースで宣伝する「NFTイベント」
  • 自分の作品を展示して人々を呼び込む「個展」
  • 遠く離れた人たちともメタバース内でコミュニケーションを行う「メタバースオフ会・講演会」
  • その他

【その他サービスイメージ】
開催期間中はNFTアドスペース側がイベントポスターを作成してビルに掲載。外観をコーティングすることも可能、採光の観点から1面のみが推奨されているものの、希望があれば2面をコーティングすることも可能。

予約確定後には、NFTアドスペースの公式アカウントからもイベント開催ツイートを実施。開催から1週間以上前に予約が行われた場合は「Decentraland DAO」に対して公式イベント申請を行う。審査には少々時間が必要となり、承認は保証はされていないものの、過去に何度も承認された経験あり。

掲載画像(もしくは掲載NFTのURL)はGoogleフォームを通じて送信する形式。その後のセッティングはNFTアドスペース側が行う為、イベント当日までに必要な作業はありません。

開催期間中はNFTアドスペース側がイベントポスターを作成してビルに掲載(画像:Meo Group Limited)開催期間中はNFTアドスペース側がイベントポスターを作成してビルに掲載(画像:Meo Group Limited)

外観をコーティングすることも可能(画像:Meo Group Limited)外観をコーティングすることも可能(画像:Meo Group Limited)

NFTアドスペースを利用するメリット

NFTアドスペースを利用するメリットとしては以下のような点が挙げられています。

低価格でメタバースでのイベントや個展を開催できる

  • 業界最安の0.2ETH(or 約4万円)でメタバースの土地と建物を1日貸切
  • メタバースの土地の購入費用、メタバース建築や内装費用を削減できる
  • 徹底した人件費の削減による低価格を実現

専門知識が無くても、誰でも簡単に開催可能

  • TwitterのDMを通してやりとりをするだけで会場が出来上がる
  • NFTプロジェクトのファウンダーが直接対応
  • 直前での利用依頼もなるべく対応中(申請から最短3日後に開催可能)

世界最大級のメタバースで開催できる

  • 世界最大規模のメタバースであるディセントラランドの土地を利用できる
  • メタバース内ではボイスチャットなども利用が可能
  • ユーザーも開催者もPCブラウザさえあればメタバースに簡単に入れる

なお、NFTアドスペースでの開催までの作業は、メタバースとリアルの両方で着れるWeb3ブランド「VARBARIAN」のファウンダーでもあるMeo Group Limited代表のメオ氏が直接担当するとのことで、『NFTプロジェクトのファウンダーとして、既に多くのイベントをDecentralandで開催した経験がありますので質問等があればなんでも仰ってください』ともコメントされています。

NFTアドスペースの料金プラン

料金プランは、説明画像やNFTのURLを提出するだけでおまかせで展示を行う「シンプルプラン」と、30分のビデオコールで内装のセッティングやNFT・画像の配置位置を確認してよりこだわりを反映する「カスタマイズプラン」の2つが用意されています。

【シンプルプラン】
説明画像やNFTのURLを提出するだけでおまかせで展示を行うプラン
期間限定価格:0.2 ETH(もしくは同金額の日本円)

【カスタマイズプラン】
30分のビデオコールで内装のセッティングやNFT・画像の配置位置を確認してよりこだわりを反映するプラン
価格:0.4 ETH(もしくは同金額の日本円)

NFTアドスペースの利用方法

TwitterにてDMで連絡

NFTアドスペース公式Twitter(@NftadSpace)にDMで開催希望日を伝える(例:x月xx日にシンプルプランで個展を開催したいです)

NFTや画像をフォームで簡単共有

掲載したいNFTのURLや画像をGoogleフォームで共有(最大16個まで)。カスタマイズプランの場合はこのタイミングでビデオコールでの打ち合わせがあります。

お支払いと予約確定

指定のウォレットにイーサリアムを送金する形で支払い(現金やクレジットカード払いも対応可能)

イベント当日

当日は朝10時〜夜23時まで、既にセットアップされた建物を自由に利用可能。アクセスリンク(URL)が用意されるため、そのリンクにPCブラウザからアクセスすることで誰でもイベントに参加することができる(※NFTアドスペースのTwitterでもイベント告知が行われるが、集客やマーケティングは開催者側で行う必要があります)

>>「Meo Group Limited」の公式発表はこちら
>>「開催予約カレンダー」はこちら

Decentralandの土地「LAND」も取り扱っている暗号資産取引所Coincheckの新規登録はこちらからどうぞ。

暗号資産取引所Coincheckの画像 暗号資産取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ledger:NFTに焦点を当てたハードウェアウォレット「Ledger Nano S Plus」を発表

Ledger:NFTに焦点を当てたハードウェアウォレット「Ledger Nano S Plus」を発表

大和証券も仮想通貨事業参入か|市場の活性化に期待高まる

大和証券も仮想通貨事業参入か|市場の活性化に期待高まる

スマート農業の「生産・流通管理」にブロックチェーン技術活用:電通国際情報サービス

スマート農業の「生産・流通管理」にブロックチェーン技術活用:電通国際情報サービス

Coincheck NFT:メタバースなどで利用できる3Dボクセルアバター「The Meebits」取扱いへ

Coincheck NFT:メタバースなどで利用できる3Dボクセルアバター「The Meebits」取扱いへ

Huobi Japan:取引所で「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱いへ

Huobi Japan:取引所で「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱いへ

ビットバンク:最大10万円が当たる「ビットコイン価格当てキャンペーン第二弾」開催

ビットバンク:最大10万円が当たる「ビットコイン価格当てキャンペーン第二弾」開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産損益計算のGtax:会計ソフト「弥生会計」と連携開始

暗号資産損益計算のGtax:会計ソフト「弥生会計」と連携開始

テゾス(Tezos/XTZ)暗号資産取引所「Coinbase Japan」に上場

テゾス(Tezos/XTZ)暗号資産取引所「Coinbase Japan」に上場

暗号資産レンディングのNexo「米国市場からの撤退」を発表

暗号資産レンディングのNexo「米国市場からの撤退」を発表

暗号資産市場の信頼回復を目指し、Bitgetがメッシと大規模なキャンペーンを開始

暗号資産市場の信頼回復を目指し、Bitgetがメッシと大規模なキャンペーンを開始

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供へ|暗号資産9銘柄をサポート

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供へ|暗号資産9銘柄をサポート

Gate.io:仮想通貨決済ソリューション「Gate Pay」を発表|130銘柄以上に対応予定

Gate.io:仮想通貨決済ソリューション「Gate Pay」を発表|130銘柄以上に対応予定

Everdome「初のロケット打ち上げ」YouTube上で本日夜にライブ配信

Everdome「初のロケット打ち上げ」YouTube上で本日夜にライブ配信

ミームコイン投資でミリオネアになれる可能性?シバイヌ・セーフムーン・ビッグアイズコイン

ミームコイン投資でミリオネアになれる可能性?シバイヌ・セーフムーン・ビッグアイズコイン

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

Trezor Suite「ビットコインのP2P取引」が可能に|Hodl Hodlと連携

NFTレンタルサービス「RentaFi」OasysのL2チェーンTCGVerseと提携

NFTレンタルサービス「RentaFi」OasysのL2チェーンTCGVerseと提携

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

Eat-to-Earn採用のNFTゲーム「Poppin」総額約7,500万円の資金調達を実施

adidas Originals:ウェアラブルNFTコレクション「Virtual Gear」を発表

adidas Originals:ウェアラブルNFTコレクション「Virtual Gear」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す