Mastercard:金融機関に仮想通貨取引機能を提供「Crypto Source」発表

by BITTIMES

Mastercard(マスターカード)は2022年10月17日に、金融機関が安全な仮想通貨取引機能とサービスを顧客に提供できるようにする新しいプログラム「Crypto Source(クリプト・ソース)」を導入することを発表しました。このツールは「Paxos Trust Company」と協力して立ち上げられ、2022年第4四半期に開始される予定だと報告されています。

こちらから読む:BINANCE、Simple Earnに8銘柄追加「暗号資産」関連ニュース

安全な暗号資産サービスを「金融機関」で提供可能に

Mastercard(マスターカード)は2022年10月17日に、金融機関が安全な仮想通貨取引機能とサービスを顧客に提供できるようにする新しいプログラム「Crypto Source(クリプト・ソース)」を導入することを発表しました。

マスターカードは公式発表の中で『2022 Mastercard New Payments Indexでは、世界の回答者の29%が暗号資産を投資として保有していて、さらに65%が信頼できる金融機関の暗号資産関連サービス提供を望んでいると報告されている』と述べており、信頼性の高い金融機関からの仮想通貨関連サービス提供を希望する声が多いことを説明しています。

Crypto Source(クリプト・ソース)を利用するマスターカードの金融機関パートナーは「特定の暗号資産の購入・保有・売却」などといった包括的なサービスを提供できるようになるとのことで、これらのサービスは規制・認可を受けた暗号資産カストディプロバイダーとの提携によってアイデンティティ・サイバー・セキュリティ・アドバイザリーサービスが強化されているとも説明されています。

Mastercardが銀行やフィンテック向けに提供する暗号資産関連サービスとしては以下のようなものが挙げられています。

  • 厳選された暗号資産の購入・保有・売却を可能にするテクノロジーとパートナーシップのサポート。
  • Mastercardのアイデンティティ・ソリューション、暗号分析、取引監視、マネーロンダリング防止、Know Your Business、ライフサイクル・ステージ、サイバーセキュリティ、バイオメトリクスを含むセキュリティ管理。
  • 暗号資産カード、オープンバンキング、クロスボーダーサービスなど様々な商品を通じて提供される仮想通貨の使用とキャッシュアウトの機能。金融機関は、デジタルレシートやロイヤリティソリューションなど、Mastercardの技術を利用した追加機能を提供することも可能になる。
  • プログラムの設計、商品開発、技術導入、市場参入の最適化、マーケティング・コンサルティング・サービスを含む暗号資産プログラム管理により、銀行、フィンテック、発行者が暗号資産プログラムを大規模に提供できるようエンドツーエンドでサポート。

「Paxos Trust Company」が取引の仲介役に

Mastercardは今回発表された「Crypto Source」の立ち上げで、ブロックチェーンを専門とするテクノロジー企業「Paxos Trust Company」と協力しているとのことで、このパートナーシップはPaxosが銀行に代わって暗号資産の取引・保管サービスを提供し、Mastercardがその技術を活用してそれらの機能を銀行のインターフェースに統合し、消費者にシームレスな体験を提供することを目的としていると説明されています。

なお「Mastercard Crypto Source」は現在パイロットプラグラムの準備が進められている段階であるとのことで、より幅広い利用可能性などに関する追加の詳細は後日公開予定、CNBCの報道では「2023年第一四半期にパイロットプログラムを実施する予定」とも報じられています。

>>「Mastercard」の公式発表はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

伝説のエンジェル投資家「仮想通貨経済は数兆ドル規模のイノベーション機会」

伝説のエンジェル投資家「仮想通貨経済は数兆ドル規模のイノベーション機会」

Xtheta:新規取扱い暗号資産に関するアンケート調査の「投票結果」公開

Xtheta:新規取扱い暗号資産に関するアンケート調査の「投票結果」公開

【ロシア】プーチン大統領「暗号資産関連法案」に署名|仮想通貨の決済利用は禁止に

【ロシア】プーチン大統領「暗号資産関連法案」に署名|仮想通貨の決済利用は禁止に

ビットバンク:資金洗浄対策で「Chainalysisの取引モニタリングシステム」を導入

ビットバンク:資金洗浄対策で「Chainalysisの取引モニタリングシステム」を導入

ロシア・プーチン大統領:核抑止部隊に「高い警戒態勢への移行」を命令|仮想通貨価格も反応

ロシア・プーチン大統領:核抑止部隊に「高い警戒態勢への移行」を命令|仮想通貨価格も反応

LINE:参加費無料の「ブロックチェーン開発者向けオンラインイベント」初開催

LINE:参加費無料の「ブロックチェーン開発者向けオンラインイベント」初開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

Tezos:ゲーム開発エンジン「Unity」と提携|Web3 SDK提供へ

Tezos:ゲーム開発エンジン「Unity」と提携|Web3 SDK提供へ

Twitter:決済サービス展開に向け事業者登録|仮想通貨活用にも期待高まる

Twitter:決済サービス展開に向け事業者登録|仮想通貨活用にも期待高まる

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供開始|取扱銘柄は合計9銘柄に

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供開始|取扱銘柄は合計9銘柄に

コイントレード「XTZのステーキング」が可能に|1万円相当の暗号資産がもらえるキャンペーンも

コイントレード「XTZのステーキング」が可能に|1万円相当の暗号資産がもらえるキャンペーンも

Bitgetは冬の市場で投資と構築を続ける

Bitgetは冬の市場で投資と構築を続ける

MetaMask:RPCプロバイダー「Infura」使用時にはユーザー情報を収集(追記あり)

MetaMask:RPCプロバイダー「Infura」使用時にはユーザー情報を収集(追記あり)

カルダノ創設者「FTX破綻は分散化・準備金証明の絶対的な必要性を示すもの」

カルダノ創設者「FTX破綻は分散化・準備金証明の絶対的な必要性を示すもの」

Step App「iOS・Android版アプリ」正式リリース

Step App「iOS・Android版アプリ」正式リリース

Kraken Japan:販売所・取引所でメイカー(Maker/MKR)取扱開始

Kraken Japan:販売所・取引所でメイカー(Maker/MKR)取扱開始

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

Trust Wallet:デスクトップ向けの「ブラウザ拡張ウォレット」提供開始

Trust Wallet:デスクトップ向けの「ブラウザ拡張ウォレット」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す