Mastercard:金融機関に仮想通貨取引機能を提供「Crypto Source」発表

by BITTIMES   

Mastercard(マスターカード)は2022年10月17日に、金融機関が安全な仮想通貨取引機能とサービスを顧客に提供できるようにする新しいプログラム「Crypto Source(クリプト・ソース)」を導入することを発表しました。このツールは「Paxos Trust Company」と協力して立ち上げられ、2022年第4四半期に開始される予定だと報告されています。

こちらから読む:BINANCE、Simple Earnに8銘柄追加「暗号資産」関連ニュース

安全な暗号資産サービスを「金融機関」で提供可能に

Mastercard(マスターカード)は2022年10月17日に、金融機関が安全な仮想通貨取引機能とサービスを顧客に提供できるようにする新しいプログラム「Crypto Source(クリプト・ソース)」を導入することを発表しました。

マスターカードは公式発表の中で『2022 Mastercard New Payments Indexでは、世界の回答者の29%が暗号資産を投資として保有していて、さらに65%が信頼できる金融機関の暗号資産関連サービス提供を望んでいると報告されている』と述べており、信頼性の高い金融機関からの仮想通貨関連サービス提供を希望する声が多いことを説明しています。

Crypto Source(クリプト・ソース)を利用するマスターカードの金融機関パートナーは「特定の暗号資産の購入・保有・売却」などといった包括的なサービスを提供できるようになるとのことで、これらのサービスは規制・認可を受けた暗号資産カストディプロバイダーとの提携によってアイデンティティ・サイバー・セキュリティ・アドバイザリーサービスが強化されているとも説明されています。

Mastercardが銀行やフィンテック向けに提供する暗号資産関連サービスとしては以下のようなものが挙げられています。

  • 厳選された暗号資産の購入・保有・売却を可能にするテクノロジーとパートナーシップのサポート。
  • Mastercardのアイデンティティ・ソリューション、暗号分析、取引監視、マネーロンダリング防止、Know Your Business、ライフサイクル・ステージ、サイバーセキュリティ、バイオメトリクスを含むセキュリティ管理。
  • 暗号資産カード、オープンバンキング、クロスボーダーサービスなど様々な商品を通じて提供される仮想通貨の使用とキャッシュアウトの機能。金融機関は、デジタルレシートやロイヤリティソリューションなど、Mastercardの技術を利用した追加機能を提供することも可能になる。
  • プログラムの設計、商品開発、技術導入、市場参入の最適化、マーケティング・コンサルティング・サービスを含む暗号資産プログラム管理により、銀行、フィンテック、発行者が暗号資産プログラムを大規模に提供できるようエンドツーエンドでサポート。

「Paxos Trust Company」が取引の仲介役に

Mastercardは今回発表された「Crypto Source」の立ち上げで、ブロックチェーンを専門とするテクノロジー企業「Paxos Trust Company」と協力しているとのことで、このパートナーシップはPaxosが銀行に代わって暗号資産の取引・保管サービスを提供し、Mastercardがその技術を活用してそれらの機能を銀行のインターフェースに統合し、消費者にシームレスな体験を提供することを目的としていると説明されています。

なお「Mastercard Crypto Source」は現在パイロットプラグラムの準備が進められている段階であるとのことで、より幅広い利用可能性などに関する追加の詳細は後日公開予定、CNBCの報道では「2023年第一四半期にパイロットプログラムを実施する予定」とも報じられています。

>>「Mastercard」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カード型コールドウォレット「CoolWallet Pro」ソラナ(Solana/SOL)に対応

カード型コールドウォレット「CoolWallet Pro」ソラナ(Solana/SOL)に対応

メキシコ:中央銀行デジタル通貨(CBDC)「2024年までの発行」を予定

メキシコ:中央銀行デジタル通貨(CBDC)「2024年までの発行」を予定

国内最大級のNFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo(TBCC2021)」5月28日開催へ

国内最大級のNFTカンファレンス「Non Fungible Tokyo(TBCC2021)」5月28日開催へ

GMOインターネット:NFTドメイン紹介・登録サービス「CryptoName byGMO」提供開始

GMOインターネット:NFTドメイン紹介・登録サービス「CryptoName byGMO」提供開始

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

CARDANO:企業向けブロックチェーン製品「ATALA」を発表:IOHKとエチオピア政府が協力

CARDANO:企業向けブロックチェーン製品「ATALA」を発表:IOHKとエチオピア政府が協力

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットトレード:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|積立・入出金も可能

ビットトレード:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|積立・入出金も可能

SHIB提携のD3社「ネームトークンのマーケットプレイスβ版」公開|売買・オファーが可能に

SHIB提携のD3社「ネームトークンのマーケットプレイスβ版」公開|売買・オファーが可能に

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

ドナルド・トランプ氏は「アメリカ初の仮想通貨大統領」元CFTC委員長

ビットポイント「10万円相当のイーサリアム(ETH)が当たるキャンペーン」開始

ビットポイント「10万円相当のイーサリアム(ETH)が当たるキャンペーン」開始

PlayDogeがプレセールで400万ドルの資金調達に成功!イーサリアムステーキングやマルチチェーンブリッジングも発表

PlayDogeがプレセールで400万ドルの資金調達に成功!イーサリアムステーキングやマルチチェーンブリッジングも発表

DMMビットコイン:不正流出したBTCの全額保証に向け「550億円の資金調達」を実施【続報あり】

DMMビットコイン:不正流出したBTCの全額保証に向け「550億円の資金調達」を実施【続報あり】

飛躍の可能性を秘めた安価なアルトコイン:XRP、PEPE、Rebel Satoshi Arcade(RECQ)

飛躍の可能性を秘めた安価なアルトコイン:XRP、PEPE、Rebel Satoshi Arcade(RECQ)

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

コインチェック:仮想通貨積立サービスで「評価損益の表示機能」提供開始

フロキ(FLOKI)過去最高値更新|DWF Labsが「1,200万ドル相当の購入」を決定

フロキ(FLOKI)過去最高値更新|DWF Labsが「1,200万ドル相当の購入」を決定

関東財務局:暗号資産取引所コインベストに行政処分「IEO業務の停止・改善」を命令

関東財務局:暗号資産取引所コインベストに行政処分「IEO業務の停止・改善」を命令

SBI VCトレード「期末時価評価課税の適用除外サービス」開始|ステーキング報酬も受取可能

SBI VCトレード「期末時価評価課税の適用除外サービス」開始|ステーキング報酬も受取可能

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す