暗号資産の安全な保管方法「ハードウェアウォレット」とは?メリットや種類なども

by BITTIMES   

暗号資産(仮想通貨)を保有する人は徐々に増えてきていますが、その一方ではハッキングなどで仮想通貨を失うケースも度々報告されているため、仮想通貨保有者は「より安全な方法で仮想通貨を保管すること」が重要です。この記事では仮想通貨保管方法の中でも特に安全とされる「ハードウォレット」について、基礎知識や安全な理由・メリット・デメリット・懸念点・製品の種類・購入方法・注意点などをわかりやすく紹介しています。

こちらから読む:新着記事を確認したい方へ「ハードウェアウォレット」関連記事一覧

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

ハードウェアウォレットとは?

TREZOR

ハードウェアウォレットとは、仮想通貨をインターネットのような通信環境から隔離した状態で保管し、物理的なデバイス・電子機器を用いてより安全な方法で秘密鍵やパスフレーズを保管する仕組みを採用したウォレットのことを指します。

代表的な暗号資産の保管方法としては「暗号資産取引所のウォレットでそのまま保管する」「スマホアプリのウォレットで保管する」などが挙げられますが、ハードウェアウォレットは更に安全性を高めるために電子機器などの"物理的な用具"を用いてセキュリティを高めています。

物理的なデバイスを使用するため、ハードウェアウォレットを用いた場合はそれらの管理が少し複雑になりますが、その分外部から仮想通貨を盗み取るのは非常に困難になるため、『トレードなどはあまりせずに仮想通貨を長期保有している』というような方には魅力的な保管方法となっています。

なぜ取引所ウォレットは危険なのか?

Bitcoin-Hack

暗号資産を保有している方の中には「暗号資産取引所のウォレットで暗号資産を保管している」という方も多いかと思いますが、一般的に仮想通貨業界では「取引所ウォレットで仮想通貨を保管するのは危険性が高い」と言われており、あまり推奨はされていません。

取引所がハッキングされるリスク

取引所ウォレットが危険な理由の1つとしては「取引所がハッキングされるリスク」が挙げられます。基本的にハッカーは暗号資産を大量に保有している取引所を標的としてハッキングを行うため、取引所で資産を保管していた場合にはその被害に巻き込まれてしまう可能性があります。

取引所によってはハッキングで資産を盗まれた場合でも一定の補償が提供される場合もありますが、実際に資産が返還されるまでには多少の時間がかかる場合も多いため、「補償で資産が返還されるまでは暗号資産を売却できない」といった問題につながる可能性があります。

取引所が突然閉鎖するリスク

取引所ウォレットが危険なもう1つの理由としては「取引所が突然閉鎖するリスク」が挙げられます。日本国内の取引所でそのような事が起きる可能性は少ないと思われますが、知名度・信頼性などが低い一部の海外取引所などでは「運営側が突然顧客資産を持ち逃げする」といった問題が起きる可能性があります。

過去に取引所のハッキングが頻発していた時期には、取引所側からも「取引する予定のない暗号資産を取引所のウォレットで保管し続けることは推奨されない」という事が説明されていました。基本的に暗号資産取引所は"暗号資産を取引する場所"であるため、取引予定のない暗号資産は自分自身でしっかりと保管・管理するのが良いと考えられます。

ハードウェアウォレット用いた管理方法について

TREZOR

では、ハードウェアウォレットを用いて暗号資産を保管する場合には、具体的にどのような方法で暗号資産を保管することになるのでしょうか?ここではその一例を簡単に紹介します。

電子機器を用いてセキュリティを強化

代表的なハードウォレットの多くは「物理的な電子機器・デバイスを用いてセキュリティを更に強化する」という方法を採用しています。一般的な自己管理型ウォレットは「秘密鍵・パスワード」を用いて資産を保護しますが、電子機器を用いたハードウォレットは「その機器を用いた承認プロセス」を追加することによって安全性を高めています。

製品によって仕組みは異なりますが、簡単な例をあげると「物理デバイスを接続しないと適切なパスワードが入力できない仕組みをとる」「物理デバイス側でも承認ボタンを押さなければ送金ができない」などの方法が採用されています。より簡単に例えるとすれば「通常の鍵穴式金庫に"さらに強力なパスワード式鍵機能"を追加した」といったような仕組みです。

金属製の製品で復元フレーズを安全に管理

暗号資産を安全に保管するための製品の一つに「Cryptosteel(クリプトスチール)」と呼ばれる商品がありますが、これもハードウェアウォレット(コールドウォレット)の1つに分類されています。

Cryptosteel(クリプトスチール)は「英数字1文字が彫られた複数の小さな金属板」と「その金属板を挟み込めるプレート」によって構成される"復元フレーズのバックアップ用製品"となります。ウォレット復元で必要となる"復元フレーズ(リカバリーフレーズ)"は紙などに記録するのが一般的ですが、紙の場合は破れる・濡れる・消えるなどのリスクがあります。

クリプトスチールは「金属板を手動でプレートに挟み込んで復元フレーズを記録する仕組み」を採用しているため、破ける・濡れる・消えるなどのリスクを避けることが可能です。(※稀に"ネジが緩んで金属板が外れ、復元フレーズがわからなくなった"という報告もあります)

ハードウェアウォレットのメリット

merit

ハードウェアウォレットを使用する大きなメリットの1つとしては「自分自身で暗号資産をより安全に保管・管理することができる」という点が挙げられます。

暗号資産の大きな魅力の1つは「銀行などの第三者に頼ることなく、秘密鍵を用いて自分の資産を自己管理できる」という点が挙げられますが、第三者企業のサービスなどに暗号資産を預けている場合はこの利点が損なわれることになります。

一部の取引所はハードウォレット・コールドウォレットで顧客資産を管理しているためその点では魅力的ですが、ハードウェアウォレットを使用すれば強力なセキュリティで資産を保護しつつ、自分だけで暗号資産を管理することが可能です。ハードウェアウォレットを使用するメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

  • 自分自身で暗号資産を安全に管理できる
  • ウォレットのセキュリティを更に高めることができる
  • 種類によってはウォレット管理画面で仮想通貨の売買も可能
  • 一般的な製品では複数の暗号資産をまとめて管理できる
  • 取引所ウォレットなどと比較するとハッキングの標的になりづらい
  • 取引所の閉鎖・資産持ち逃げなどのリスクがない

ハードウェアウォレットのデメリット(懸念点)

Demerit

ハードウェアウォレットは暗号資産を自分で安全に保管・管理するのに役立ちますが、「専用の物理的なデバイスを使用する」という点などは一部の方にとってデメリットとなる可能性もあります。

一般的なハードウェアウォレットの販売価格は数千円〜数万円に設定されているため、安いとは言えないのが現状です。また、購入してもデバイス自体を安全に管理する必要があり、操作方法なども覚える必要があるため、『デバイスを紛失しそう』『複雑な手順は苦手』という方にはあまりおすすめできません。

ハードウェアウォレットのデメリット・懸念点としては以下のようなものが挙げられます。

  • ハードウェアウォレット自体が安いものではない
  • デバイスの管理が必要で、紛失したら意味がない
  • デバイスの操作を覚える必要があるので、苦手な方には不向き
  • 何らかの原因でデバイスが壊れた場合に困る

ハードウェアウォレットの購入方法と注意点

ハードウェアウォレットは「各商品の公式サイト・販売代理店・その他オンラインショップ・フリマアプリ」などといった様々な場所で販売されていますが、実際に購入する場合には「各商品の公式サイト」もしくは「公式認定された販売代理店」で購入するようにし、その他のサービスでは購入しないようにすることをおすすめします。

これは「販売者側が秘密鍵情報などを盗む不正プログラムなど"違法な細工を事前に施した製品"を販売しているケース」が実際に報告されているためです。このような製品を購入して暗号資産を対象ウォレットに入金した場合には、その後ウォレット自体が乗っ取られて全ての資産を失ってしまう可能性があります。

公式の製造・販売側はこのような問題に対処するために、本物かどうかを見分けるための「ホログラムシール」を製品に貼り付けるなどの対策を施してはいますが、このシールによく似たシールを再度貼り付けて騙そうとするケースも報告されているため、「信頼できる公式サイト・公式販売代理店」から購入することが重要です。

偽物・違法商品にも本物のようなシールが貼られているため要注意偽物・違法商品にも本物のようなシールが貼られているため要注意

ハードウェアウォレットの種類|代表的な商品

以下では仮想通貨業界で特に有名な代表的なハードウェアウォレットを複数紹介します。機能・価格・仕組み・対応通貨などは製品によって異なるため、実際に購入する場合には自分にあった商品をしっかりと調べてから購入することをおすすめします。

Trezor(トレザー)

TREZOR-logo

Trezor(トレザー)は、非常に多くの暗号資産に対応した代表的なハードウェアウォレットの1つであり、2019年にはTwitterやBlock(旧:Square)の共同創設者であるジャック・ドーシー氏がTrezor製品を購入したことでも注目を集めました。

Trezorはプライバシー保護機能など様々な機能を備えたデスクトップアプリ「Trezor Suite」も提供しているため、このアプリを導入することによってパソコン上でウォレットの内の資産を安全に管理する事ができます。

当メディアでは、Trezorの基本情報・特徴・使い方などを詳しくまとめたまとめ記事も公開しているため、詳細はそちらの記事をご覧ください。

TREZORの画像 TREZORの日本正規販売店はこちら

Ledger(レジャー)

Ledger-Logo

Ledger(レジャー)は、コンパクトな設計にも関わらず5,500種類以上の暗号資産を安全に保管・購入・交換・管理することができる人気のハードウェアウォレットです。

同社が提供する「Ledger nano X」はBluetoothで接続でモバイルアプリに接続することも可能で、一部ブロックチェーンの公式ウォレットとLedgerデバイスを連携させて、対象暗号資産をより安全に管理することもできるようになっています。

また、Ledgerは大手暗号資産取引所「FTX」との提携を通じて、仮想通貨管理アプリ「Ledger Live」のスワップ機能で"FTXを介した仮想通貨取引機能"なども提供しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

メタマスク:安全に機能拡張できる新プロトコル「Snaps」導入へ

メタマスク:安全に機能拡張できる新プロトコル「Snaps」導入へ

Liquid:仮想通貨「Gram」販売で集まった資金のウォレットアドレスを公開

Liquid:仮想通貨「Gram」販売で集まった資金のウォレットアドレスを公開

暗号資産損益計算のGtax:秘密鍵の共有管理サービス「N Suite」と提携

暗号資産損益計算のGtax:秘密鍵の共有管理サービス「N Suite」と提携

チリーズ(Chiliz/CHZ)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チリーズ(Chiliz/CHZ)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Coinbase Walletで「ORBS(オーブス)のステーキング」が利用可能に

Coinbase Walletで「ORBS(オーブス)のステーキング」が利用可能に

XRP決済・送金などで使えるブラウザ拡張機能「Payburner」ベータ版公開

XRP決済・送金などで使えるブラウザ拡張機能「Payburner」ベータ版公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説