BINANCE「FTXの買収は行わない」と発表|支援できる範囲を超えていると説明

by BITTIMES

暗号資産取引所「BINANCE(バイナンス)」は2022年11月10日に『FTX.comの買収を行わないことを決定した』と発表しました。BINANCEは買収監査の結果やその他報道内容を受けて「FTX買収の辞退」を決定したとのことで、『今回の問題は私たちの管理・支援能力の範囲を超えている』とも説明されています。

こちらから読む:メルカリアプリ、BTC購入機能提供へ「暗号資産」関連ニュース

買収監査の結果「FTX買収の辞退」を決定

BINANCE(バイナンス)は2022年11月10日に『FTX.comの買収を行わないことを決定した』と発表しました。

バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao(CZ)氏は先日のツイートで『今後、徹底したデューデリジェンスを行なっていく』と語っていましたが、今回の発表では『企業デューデリジェンスの結果や、顧客資金の誤処理と米国機関の調査疑惑に関する最新の報道を受け、FTX.comの買収を行わないことを決定した』と報告されています。

FTX.comの流動性危機の問題は、BINANCEが予想していたよりも深刻なものであったようで、今回の発表では『当初、我々はFTX利用者に流動性を提供するためのサポートを行うことを望んでいたが、今回の問題は私たちの管理・支援能力の範囲を超えている』とも説明されています。

企業デューデリジェンスの結果や、顧客資金の誤処理と米国機関の調査疑惑に関する最新の報道を受け、私たちは「FTX.com」の買収を行わないことを決定しました。

当初、私たちはFTXに顧客に流動性を提供するためのサポートを行うことを望んでいましたが、今回の問題は私たちの管理・支援能力の範囲を超えています。

ある業界の大手企業が失敗するたびに消費者は被害を受けます。私たちは過去数年間で暗号資産エコシステムが回復力を増してきていることを目の当たりにしているため、やがてはユーザーの資金を悪用するような企業は自由市場によって淘汰されると信じています。

規制枠組みが整備され、業界がより大きな分散化に向けて進化し続けることによって、エコシステムはより強固なものになっていくでしょう。

社内メンバー向けメッセージも公開

CZ氏は2022年11月9日に、今回のFTX買収騒動に関する透明性を維持するために「世界中のBINANCEチームメンバーに送信されたメッセージの内容」も公開しています。

このメッセージの中では「FTX買収を事前に計画していた訳ではないこと・FTXからの協力要請があるまではFTXの内部事情をほとんど知らなかったこと・デューデリジェンス進行中であることからFTXトークンの取引はしないようチームメンバーに伝えたこと」など、以下のような内容が記されています。

  • FTX買収の件やそれに関連する計画はなかった。FTX側からの連絡がある前はFTXの内部事情をほとんど知らなかった。
  • 取引のためのデューデリジェンスが進行中であるため、FTXトークン(FTT)の取引・売買は絶対にしないで欲しい。
  • 公にも社内でも今回の取引についてはコメントしないで欲しい。
  • FTXの倒産は業界の誰にとっても良いことではなく「我々の勝利」とみなすべきではない。ユーザーの信頼は大きく揺らぎ、規制当局は取引所をさらに厳しく監視するようになり、世界中でライセンスが取りにくくなるだろう。
  • 価格が乱高下するのは言うまでもない。何度も言っているように価格は無視して、人々が使う製品を作ることに集中すべきだ。これは長年にわたって常にうまくいってきたもので、今回においても例外ではない。

仮想通貨市場では一連の騒動後に仮想通貨価格全体の下落が見られているため、SNS上などでは今後のさらなる急落を警戒する声も見られています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

投資の神様、ウォーレン・バフェットが「ビットコイン(BTC)を購入しない理由」

投資の神様、ウォーレン・バフェットが「ビットコイン(BTC)を購入しない理由」

Chiliz:テストネットフェーズ2に突入|分散型取引所「PepperSwap」などを公開

Chiliz:テストネットフェーズ2に突入|分散型取引所「PepperSwap」などを公開

Huobi Japan:販売所で「QTUM・XLM」取扱いへ|合計13銘柄に対応

Huobi Japan:販売所で「QTUM・XLM」取扱いへ|合計13銘柄に対応

Snap to Earn採用のカメラNFTゲーム「SNPIT」登場|9月からベータテスト開始

Snap to Earn採用のカメラNFTゲーム「SNPIT」登場|9月からベータテスト開始

ビットコイン(BTC)の「大口顧客向けOTC取引サービス」を開始|コインチェック

ビットコイン(BTC)の「大口顧客向けOTC取引サービス」を開始|コインチェック

カナダ上場企業「Cypherpunk Holdings」ビットコイン(BTC)を追加購入

カナダ上場企業「Cypherpunk Holdings」ビットコイン(BTC)を追加購入

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardanoウォレット「YOROI」カスタムウォレットアドレスに対応|ADA Handle・CNSなど

Cardanoウォレット「YOROI」カスタムウォレットアドレスに対応|ADA Handle・CNSなど

Bitcoin Dogs:ビットコインネットワーク上で初のICOを開催

Bitcoin Dogs:ビットコインネットワーク上で初のICOを開催

OKCoinJapan:アプトス(Aptos/APT)取扱いへ【国内初上場】

OKCoinJapan:アプトス(Aptos/APT)取扱いへ【国内初上場】

ビットコインドック、史上初のBRC-20のICOを開始

ビットコインドック、史上初のBRC-20のICOを開始

カルダノ(ADA)の開発環境が大きく変わる?大規模アップグレード「Plutus V3」とは

カルダノ(ADA)の開発環境が大きく変わる?大規模アップグレード「Plutus V3」とは

韓国ゲーム大手、Oasys基盤のレイヤー2「XPLA Verse」展開へ|OASは過去最高値を更新

韓国ゲーム大手、Oasys基盤のレイヤー2「XPLA Verse」展開へ|OASは過去最高値を更新

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

ビットバンク:国内2例目の上場「マスクネットワーク(MASK)」取り扱いへ

ソラナのWeb3スマホ「Chapter2」先行販売の特典・報酬が判明

ソラナのWeb3スマホ「Chapter2」先行販売の特典・報酬が判明

ビットコイン100万円分を山分け「トレードアイランド参加記念キャンペーン」開催:GMOコイン

ビットコイン100万円分を山分け「トレードアイランド参加記念キャンペーン」開催:GMOコイン

イーサリアムL2のStarknet「STRKトークンの無料配布」実施へ|対象者・条件・請求開始日

イーサリアムL2のStarknet「STRKトークンの無料配布」実施へ|対象者・条件・請求開始日

金融庁「暗号資産の税制改正」に関する意見募集開始

金融庁「暗号資産の税制改正」に関する意見募集開始

ビットコインは避難用パラシュート|ロバート・キヨサキ氏「アメリカ帝国の終焉」を予測

ビットコインは避難用パラシュート|ロバート・キヨサキ氏「アメリカ帝国の終焉」を予測

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す