Astar Network × 博報堂「WEB3.0ハッカソンを企画・運営する新会社」設立

by BITTIMES   

博報堂は2022年12月5日に、⽇本発のパブリックブロックチェーン「アスターネットワーク(Astar Network/ASTR)」を開発する「Stake Technologies」の渡辺創太CEOと共に、WEB3.0ハッカソンの企画・運営を行いながらクライアント企業と共にWEB3.0サービスを開発する新会社「博報堂キースリー」を設立したことを発表しました。

こちらから読む:Operaブラウザ、NFT作成機能提供へ「暗号資産」関連ニュース

WEB3.0サービスの創出を推進「博報堂キースリー」設立

博報堂は2022年12月5日に、⽇本発のパブリックブロックチェーン「アスターネットワーク(Astar Network/ASTR)」を開発する「Stake Technologies」の渡辺創太CEOと共に、WEB3.0ハッカソンの企画・運営を行いながらクライアント企業と共にWEB3.0サービスを開発する新会社「博報堂キースリー」を設立したことを発表しました。

ハッカソンとは、ITエンジニアやデザイナーなどが集まってチームを作り、特定のテーマに対してそれぞれが意見やアイデアを出し合いながら、決められた期間内でアプリケーションやサービスを開発し、その成果を競い合うイベントのことであり、海外ではWeb3関連のハッカソンも多数開催されています。

日本ではデジタル庁がデジタル社会の実現に向けた重点戦略としてWeb3.0(分散型ウェブ)の推進を掲げるなどWeb3関連の取り組みが徐々に活発化していますが、博報堂は公式発表の中で『今後、WEB3.0を日常生活に普及させていくには、誰でも参加できるパブリックブロックチェーン上で安心してサービスを利用できることや、使いやすいこと、そして生活者が試してみたくなるような体験開発が重要になる』と説明しています。

博報堂と渡辺創太氏はこれまで、"Astar Networkを活用したクライアント企業のWEB3.0市場参入支援"について協議を行なってきたとのことで、日本から世界を代表するWEB3.0サービスを生み出すことを目指してWEB3.0ハッカソンを企画・運営する「博報堂キースリー」が設立されたと報告されています。

博報堂キースリーは、博報堂の強みである「生活者発想」と「クリエイティビティ」を活かしながら、スポンサーとなるクライアント企業と共にハッカソンを世界中で開催するとのことで、『クライアント企業の強みやアセット、生活者のニーズ、開発者のモチベーションが上がるようなテーマを設定したハッカソンを開催することで、世界中のエンジニアとのネットワークを築き、WEB3.0社会の鍵となるようなサービス開発を推進する』と説明されています。

Web3分野のサービス開発はブロックチェーン主催のハッカソンを通じて行われることが主流になりつつありますが、日本発のハッカソンはまだ数が少ないのが現状となっていたため、博報堂キースリーが設立されたことによって、今後は日本発のWeb3関連サービスが増加し、Astar Networkを活用したサービスも増えていくと期待されます。

>>「博報堂キースリー」の公式サイトはこちら
>>「博報堂」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米MicroStrategy:株式売却で「ビットコイン追加購入」などの資金調達へ

米MicroStrategy:株式売却で「ビットコイン追加購入」などの資金調達へ

コインチェック:法律改正に伴い「本人確認書類の提出方法」変更へ

コインチェック:法律改正に伴い「本人確認書類の提出方法」変更へ

APENFT「TRON関連資産保有者へのエアドロップ停止」国内取引所も対応変更

APENFT「TRON関連資産保有者へのエアドロップ停止」国内取引所も対応変更

株式会社Ginco「暗号資産管理に関する特許取得」交換業のセキュリティと利便性を両立

株式会社Ginco「暗号資産管理に関する特許取得」交換業のセキュリティと利便性を両立

スウェットコイン(Sweatcoin/SWEAT)とは?基本情報・特徴などを解説

スウェットコイン(Sweatcoin/SWEAT)とは?基本情報・特徴などを解説

テレビ番組と視聴者をブロックチェーンで繋ぐ「LiveTV-Show」登場

テレビ番組と視聴者をブロックチェーンで繋ぐ「LiveTV-Show」登場

注目度の高い仮想通貨ニュース

PayPalのステーブルコイン「PYUSD」ソラナ上でも利用可能に|機密送金機能も提供

PayPalのステーブルコイン「PYUSD」ソラナ上でも利用可能に|機密送金機能も提供

「アメリカを仮想通貨業界のリーダーに」トランプ前大統領が様々な支持発言

「アメリカを仮想通貨業界のリーダーに」トランプ前大統領が様々な支持発言

バイラルミームコイン、Memeinatorが770万ドル調達後に上場

バイラルミームコイン、Memeinatorが770万ドル調達後に上場

米SEC委員長「イーサリアム現物ETFの上場承認時期」についてコメント

米SEC委員長「イーサリアム現物ETFの上場承認時期」についてコメント

【続報あり】国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

【続報あり】国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

【業界初】安全運転ドライバーに「NFT証明書」を発行|トヨタ・KINTOが実証実験

【業界初】安全運転ドライバーに「NFT証明書」を発行|トヨタ・KINTOが実証実験

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

JPYCをデジタルカーボンクレジット決済に活用|三菱UFJ信託銀行など5社が共同検討開始

LINE BITMAX:XRP保有者に対する「FLRのエアドロップ」を完了|出庫サービスも開始

LINE BITMAX:XRP保有者に対する「FLRのエアドロップ」を完了|出庫サービスも開始

トランプ前大統領「ライトニングネットワーク経由のビットコイン寄付」受付開始

トランプ前大統領「ライトニングネットワーク経由のビットコイン寄付」受付開始

ゲームミームコインSPONGEがアンケート結果を公表、多くの保有者はステーキング報酬の即時請求を希望

ゲームミームコインSPONGEがアンケート結果を公表、多くの保有者はステーキング報酬の即時請求を希望

GMO・野村HD・Laser Digital「日本市場における新たなステーブルコイン発行」を検討

GMO・野村HD・Laser Digital「日本市場における新たなステーブルコイン発行」を検討

【続報あり】マウントゴックス「1兆円相当以上のビットコイン」を別ウォレットに送金

【続報あり】マウントゴックス「1兆円相当以上のビットコイン」を別ウォレットに送金

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す