BitBayがマルタ共和国に拠点を移動

by BITTIMES   

ポーランド最大の仮想通貨取引所BitBayは、ポーランドでの取引サービスを一時停止することを決定すると同時に、マルタ共和国の管轄区域での事業開始を発表しました。

BitBayとは?

BitBayは2014年にポーランドのカトヴィツェで創設された仮想通貨取引所です。
世界取引量ランキングでは71位(2018年5月30日現在)ですが、ポーランドでは最大級の取引所となっています。

オランダのアムステルダムにもオフィスを構えており、世界展開も視野に入れた取り組みを行なっており、2017年8月には海外の取引所に厳しいインドでも運営も開始しています。

現在BitBayでは、次の11種類の仮想通貨が取引されており現在の時価総額は9,270,725ドル(約10億1,000万円)となっています。

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リスク(LSK)ライトコイン(LTC)ビットコインキャッシュ(BCH)、ゲームクレジット(GAME)、ダッシュ(DASH)、ビットコインゴールド(BTG)、KZキャッシュ(KZC)、Infinity Economics(XIN)、リップル(XRP)

そんなBitBayがポーランドでの取引を停止することになった理由には、現地の銀行との問題が関係しています。

銀行による一方的な拒否

BitBayが取引活動を行うためには、ポーランドの銀行との協力が必要不可欠でしたが、銀行サービスを提供する準備ができていた最後のポーランドの銀行は、5月末にBitBayとの協力を終了する一方的な決定を下しました。

そのような状況ではポーランドで質の高いサービスの継続は不可能だと判断したBitBayは、同国におけるサービスの停止を発表しています。

これにより2018年9月17日以降は、ポーランドのBitBay取引所での取引は中止される予定となっています。

マルタ共和国への移籍の理由

BitBayはユーザーに対して、その場所に関係なくBitBayと協力し続けることを推奨しています。
マルタ共和国に移籍した理由については、マルタが仮想通貨に優しい環境であるからだとされています。

BitBayの公式発表では次のように記載されています。

「BitBayは、欧州連合(EU)の仮想通貨の最も寛容な管轄の範囲内で何ヶ月も分析を行ってきました。マルタ政府との友好的なビジネス環境との積極的な議論は、マルタの管轄権の選択が最善の解決策であることをBitBayに保証します。」

マルタに集まる主要な仮想通貨取引所

以前ポーランドは仮想通貨に対して敵対的であることが知られていましたが、ポーランド政府は納税者が利益を生み出したかどうかに関わらず政府がすべての仮想通貨取引に課税することを決定したため、コミュニティは請願書に頼っていました。現在この税制は一時的に中止されています。

今年はOKExとBinanceという2つの大きな仮想通貨取引所が、マルタ共和国に移転しています。
これらの仮想通貨取引所も元々拠点を構えていた中国での規制などの問題から、マルタへ拠点を移すこととなっています。

ブロックチェーンアイランドを目指しているマルタ共和国は、これらの主要な仮想通貨取引所が拠点を移したことによって、仮想通貨の取引高で世界最大のシェアを占めていることが明らかになっています。

モルガン・スタンレーが4月29日に発表した仮想通貨取引高の調査結果では、マルタ共和国が大差をつけて一位となっています。

仮想通貨取引高の調査結果仮想通貨取引高の調査結果

今回新たにポーランド最大の取引所が移籍することによって、今後はさらにマルタ共和国での取引高は成長することとなるでしょう。

取引高ランキングにおける日本の順位は?

(引用:bitbay.net

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

60秒で「独自ブロックチェーン」構築|AmazonとKomodoが開発キットを提供

60秒で「独自ブロックチェーン」構築|AmazonとKomodoが開発キットを提供

ブロックチェーンを使った資産管理に向け「NASDAQ」らと提携:シンガポール金融管理局

ブロックチェーンを使った資産管理に向け「NASDAQ」らと提携:シンガポール金融管理局

ブロックチェーンで「経済的自由」の実現を ー シリア自治区Rojava

ブロックチェーンで「経済的自由」の実現を ー シリア自治区Rojava

仮想通貨の利用者は「今後5年間で10億人」に達する|Brian Armstrong

仮想通貨の利用者は「今後5年間で10億人」に達する|Brian Armstrong

イーサリアムが「Amazon」で使えるブラウザ拡張機能開発へ|仮想通貨決済企業CLIC

イーサリアムが「Amazon」で使えるブラウザ拡張機能開発へ|仮想通貨決済企業CLIC

NEMブロックチェーンで子供たちの教育支援|10歳の少女が立ち上げた「KidLet」が話題に

NEMブロックチェーンで子供たちの教育支援|10歳の少女が立ち上げた「KidLet」が話題に

注目度の高い仮想通貨ニュース

国産ブロックチェーンカードゲーム「コントラクトサーヴァント」一般向けテスト実施へ

国産ブロックチェーンカードゲーム「コントラクトサーヴァント」一般向けテスト実施へ

ブロックチェーンで「情報伝達の効率化」図る|DARPAが実験・調査を開始

ブロックチェーンで「情報伝達の効率化」図る|DARPAが実験・調査を開始

テックビューロ:仮想通貨交換業「廃業」を発表|Zaif譲渡未承諾ユーザーには返金対応

テックビューロ:仮想通貨交換業「廃業」を発表|Zaif譲渡未承諾ユーザーには返金対応

今週、ビットコインは「160万円」を超える|著名経済ジャーナリストが強気予想

今週、ビットコインは「160万円」を超える|著名経済ジャーナリストが強気予想

ビットコイン「120万円台」で停滞|強気派・弱気派の攻防はいつまで続くのか?

ビットコイン「120万円台」で停滞|強気派・弱気派の攻防はいつまで続くのか?

TRON:米国取引所へのTRX上場を「最優先事項」として着手

TRON:米国取引所へのTRX上場を「最優先事項」として着手

Tron CEOに対する「不信感」高まる|パーティ参加報道に続き「買収費用未払い」疑惑も

Tron CEOに対する「不信感」高まる|パーティ参加報道に続き「買収費用未払い」疑惑も

BitGo:日本市場で「カストディサービス」本格展開か|営業担当者の求人募集を掲載

BitGo:日本市場で「カストディサービス」本格展開か|営業担当者の求人募集を掲載

楽天ウォレット:仮想通貨の「現物取引サービス」を開始|主要銘柄3種類に対応

楽天ウォレット:仮想通貨の「現物取引サービス」を開始|主要銘柄3種類に対応

カルダノ財団:ドイツのベンチャースタジオ「Konfidio」と提携|実社会での技術活用を促進

カルダノ財団:ドイツのベンチャースタジオ「Konfidio」と提携|実社会での技術活用を促進

TREZOR(トレザー)ビットコイン系仮想通貨の「入出金方法」を画像付きで解説

TREZOR(トレザー)ビットコイン系仮想通貨の「入出金方法」を画像付きで解説

仮想通貨決済にも対応か?Softbank・TOYOTAのMaaS連合に「bitFlyer」が参加

仮想通貨決済にも対応か?Softbank・TOYOTAのMaaS連合に「bitFlyer」が参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す