BitBayがマルタ共和国に拠点を移動

by BITTIMES   

ポーランド最大の仮想通貨取引所BitBayは、ポーランドでの取引サービスを一時停止することを決定すると同時に、マルタ共和国の管轄区域での事業開始を発表しました。

BitBayとは?

BitBayは2014年にポーランドのカトヴィツェで創設された仮想通貨取引所です。
世界取引量ランキングでは71位(2018年5月30日現在)ですが、ポーランドでは最大級の取引所となっています。

オランダのアムステルダムにもオフィスを構えており、世界展開も視野に入れた取り組みを行なっており、2017年8月には海外の取引所に厳しいインドでも運営も開始しています。

現在BitBayでは、次の11種類の仮想通貨が取引されており現在の時価総額は9,270,725ドル(約10億1,000万円)となっています。

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リスク(LSK)ライトコイン(LTC)ビットコインキャッシュ(BCH)、ゲームクレジット(GAME)、ダッシュ(DASH)、ビットコインゴールド(BTG)、KZキャッシュ(KZC)、Infinity Economics(XIN)、リップル(XRP)

そんなBitBayがポーランドでの取引を停止することになった理由には、現地の銀行との問題が関係しています。

銀行による一方的な拒否

BitBayが取引活動を行うためには、ポーランドの銀行との協力が必要不可欠でしたが、銀行サービスを提供する準備ができていた最後のポーランドの銀行は、5月末にBitBayとの協力を終了する一方的な決定を下しました。

そのような状況ではポーランドで質の高いサービスの継続は不可能だと判断したBitBayは、同国におけるサービスの停止を発表しています。

これにより2018年9月17日以降は、ポーランドのBitBay取引所での取引は中止される予定となっています。

マルタ共和国への移籍の理由

BitBayはユーザーに対して、その場所に関係なくBitBayと協力し続けることを推奨しています。
マルタ共和国に移籍した理由については、マルタが仮想通貨に優しい環境であるからだとされています。

BitBayの公式発表では次のように記載されています。

「BitBayは、欧州連合(EU)の仮想通貨の最も寛容な管轄の範囲内で何ヶ月も分析を行ってきました。マルタ政府との友好的なビジネス環境との積極的な議論は、マルタの管轄権の選択が最善の解決策であることをBitBayに保証します。」

マルタに集まる主要な仮想通貨取引所

以前ポーランドは仮想通貨に対して敵対的であることが知られていましたが、ポーランド政府は納税者が利益を生み出したかどうかに関わらず政府がすべての仮想通貨取引に課税することを決定したため、コミュニティは請願書に頼っていました。現在この税制は一時的に中止されています。

今年はOKExとBinanceという2つの大きな仮想通貨取引所が、マルタ共和国に移転しています。
これらの仮想通貨取引所も元々拠点を構えていた中国での規制などの問題から、マルタへ拠点を移すこととなっています。

ブロックチェーンアイランドを目指しているマルタ共和国は、これらの主要な仮想通貨取引所が拠点を移したことによって、仮想通貨の取引高で世界最大のシェアを占めていることが明らかになっています。

モルガン・スタンレーが4月29日に発表した仮想通貨取引高の調査結果では、マルタ共和国が大差をつけて一位となっています。

仮想通貨取引高の調査結果仮想通貨取引高の調査結果

今回新たにポーランド最大の取引所が移籍することによって、今後はさらにマルタ共和国での取引高は成長することとなるでしょう。

取引高ランキングにおける日本の順位は?

(引用:bitbay.net

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米国有名セレブ「Kim Kardashian」がビットコイン(BTC)デビューをSNSで発表

米国有名セレブ「Kim Kardashian」がビットコイン(BTC)デビューをSNSで発表

匿名仮想通貨を使用して闇サイト上で「違法薬物売買」韓国で9人逮捕

匿名仮想通貨を使用して闇サイト上で「違法薬物売買」韓国で9人逮捕

ハッキングで「XRP・ADA」5億円相当が流出:仮想通貨取引所Bitrue

ハッキングで「XRP・ADA」5億円相当が流出:仮想通貨取引所Bitrue

仮想通貨取引所DeCurret(ディーカレット)システム障害で「全てのサービス」一時停止

仮想通貨取引所DeCurret(ディーカレット)システム障害で「全てのサービス」一時停止

RippleNetに総資産49兆円の米大手銀行「PNC Bank」が参加

RippleNetに総資産49兆円の米大手銀行「PNC Bank」が参加

Libra協会に政府系ファンドを含む「投資会社3社」が参加

Libra協会に政府系ファンドを含む「投資会社3社」が参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

乗車するとNFTがもらえる「JobTribesタクシー」2週間限定で都内を走行:DEA社

乗車するとNFTがもらえる「JobTribesタクシー」2週間限定で都内を走行:DEA社

Coinbase Japan:新たに「暗号資産5銘柄の取引」に対応

Coinbase Japan:新たに「暗号資産5銘柄の取引」に対応

イーサリアム(ETH)大型アップグレード「The Merge」を完了|PoSへと移行

イーサリアム(ETH)大型アップグレード「The Merge」を完了|PoSへと移行

米議員「アルゴリズム型ステーブルコインの発行禁止する法案」準備か=報道

米議員「アルゴリズム型ステーブルコインの発行禁止する法案」準備か=報道

コインチェック:取引所サービスで「LSK・OMG」取扱いへ

コインチェック:取引所サービスで「LSK・OMG」取扱いへ

NFTマーケットプレイス「HEXA(ヘキサ)」とは?基本情報・特徴などを解説

NFTマーケットプレイス「HEXA(ヘキサ)」とは?基本情報・特徴などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

スターバックス:Polygon・NFT活用の新サービス「Starbucks Odyssey」を発表

スターバックス:Polygon・NFT活用の新サービス「Starbucks Odyssey」を発表

Chiliz&Socios:米国初のeスポーツファントークン発行へ「Immortals」と提携

Chiliz&Socios:米国初のeスポーツファントークン発行へ「Immortals」と提携

FTX Japan:アバランチ(Avalanche/AVAX)取扱開始|上場記念キャンペーンも

FTX Japan:アバランチ(Avalanche/AVAX)取扱開始|上場記念キャンペーンも

Warner Music Group:NFTマーケット大手「OpenSea」と提携

Warner Music Group:NFTマーケット大手「OpenSea」と提携

Bybit:取引ボットで「30種類の現物取引ペア」をサポート|LUNC・CHZ・ENJなど

Bybit:取引ボットで「30種類の現物取引ペア」をサポート|LUNC・CHZ・ENJなど

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す