ヘッドフォンメーカー「Monster Products」が3億ドルのICOを計画

by BITTIMES

大手ヘッドフォンメーカーであるモンスター・プロダクツ(Monster Products)が、3億ドルのイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を計画していることが明らかになりました。

Monster ProductsがICOを予定

1978年に創立されたモンスター社は、ヘッドフォンやBluetoothスピーカーなどの電子アクセサリ約6,000の製品を製造、販売しています。

米証券取引委員会(SEC)に提出された書類によると、同社は自社の製品やその他の企業の商品を販売を行う新しい電子商取引サイトである『Monster Money Network(モンスターマネーネットワーク)』を構築するために『モンスターマネートークン(monster money tokens/MMNYトークン)』の発行を計画しているとのことです。

提出された書類には次のように記されています。

我々は新しいエコシステムを構築するために、イーサリアムのブロックチェーン技術をEコマースWebサイトに統合する予定です。つまりモンスターマネーネットワークを利用する消費者は、MMNYトークンまたは金銭の通貨を使用してモンスター製品およびサービスを購入することができます。

具体的な計画の内容は?

モンスター社はマーケティング、会計、監査、内部統制および出荷管理機能などにブロックチェーン技術を活用することを予定しています。

また同社は「ブロックチェーンのイノベーションは、私たちの電子商取引およびビジネスオペレーションシステムに破壊的な進歩をもたらすと信じている」と強調しています。

モンスター社の製品は、3段階のプロセスを予定しています。

初期段階では、ERC-20トークンを使用した支払いシステムになります。
次の段階では、小口取引をオフチェーン化することで取引コストを削減または排除します。
そして最終段階では、それらを独自のブロックチェーンに移行することが予定されています。

損失が続いているという現状

モンスター社は昨年末に、2670万ドル(約29億円)の純損失を計上していましたが、2018年の第1四半期には既に1900万ドル(20億7千万円)も失っています。

しかしモンスター社の計画では、今回のICOでは5億トークンが発行されることになっており、結果として3億ドル(約326億5千万円)分の販売が予定されています。

早期に売り切れないか売却をキャンセルすることを決定しない限り、ICOは1年間継続されます。

Monster社の強みとは?

同社は7,500万株の普通株式を発行しているため、ネットワークが起動しなかった場合にはお金を返す代わりに1つの株式シェアに対して4つのトークンを交換することができるともされています。

トークンには持分または議決権がなく、代わりとして現在開設中の電子商取引ウェブサイトの支払い方法として設計されています。これは、決済が早く既存の支払い方法よりも手数料が安いという特徴を備えています。

また、調達された資金の半分以上はネットワークの技術開発に使用されることになっていますが、マーケティング(プロトコルとモンスター製品の両方)とMonster製品を販売するパートナーとの関係を発展させるために約3分の1が割り当てられることにもなっています。

海外では、この壮大な計画に対して厳しいコメントも多く寄せられているようですが、モンスター社はブランド認知度、ネットワーク(製品)、製品ラインナップなど、競合他社に勝るいくつかのメリットがあると主張しています。

設立当初から数々の進化を遂げてきた大手企業のICOに注目が集まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

石油・ガスの生産情報をブロックチェーン管理|アブダビ国営会社とIBMがテストに成功

石油・ガスの生産情報をブロックチェーン管理|アブダビ国営会社とIBMがテストに成功

Tron CEO「過激なマーケティング」について謝罪|技術開発に注力する意思を表明

Tron CEO「過激なマーケティング」について謝罪|技術開発に注力する意思を表明

シンガポールの仮想通貨取引所「Bitrue」リップル(XRP)市場に5種類の通貨ペアを追加

シンガポールの仮想通貨取引所「Bitrue」リップル(XRP)市場に5種類の通貨ペアを追加

Libraテストネット:プロジェクト数は「30以上」に|プレメインネットも公開

Libraテストネット:プロジェクト数は「30以上」に|プレメインネットも公開

BINANCEとの関係が噂されるHKVAEX「香港でのライセンス申請は準備段階」と説明

BINANCEとの関係が噂されるHKVAEX「香港でのライセンス申請は準備段階」と説明

仮想通貨業界の「自主規制団体」立ち上げを提案|米国商品先物取引委員会・理事

仮想通貨業界の「自主規制団体」立ち上げを提案|米国商品先物取引委員会・理事

注目度の高い仮想通貨ニュース

米国政府がシルクロード関連のBitcoin1億3000万ドルを売却へ、賢いトレーダーが下落相場で購入するミームコインとは?

米国政府がシルクロード関連のBitcoin1億3000万ドルを売却へ、賢いトレーダーが下落相場で購入するミームコインとは?

盗まれた仮想通貨も回収可能?XRP Ledgerで実装予定の「クローバック機能」とは

盗まれた仮想通貨も回収可能?XRP Ledgerで実装予定の「クローバック機能」とは

メタマスク:仮想通貨購入方法をさらに拡充「Robinhood」と提携

メタマスク:仮想通貨購入方法をさらに拡充「Robinhood」と提携

Nibiru Chain、開発者本位のLayer1ブロックチェーン開発に1,200万ドル調達

Nibiru Chain、開発者本位のLayer1ブロックチェーン開発に1,200万ドル調達

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

0.04ドルでプレセール開催中|初期投資の機会を提供する新しい仮想通貨プロジェクト

0.04ドルでプレセール開催中|初期投資の機会を提供する新しい仮想通貨プロジェクト

SHIB決済対応地域がさらに拡大|Apcopayが「CoinPayments」と提携

SHIB決済対応地域がさらに拡大|Apcopayが「CoinPayments」と提携

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

ドージコインとミームネーター、2024年の注目銘柄は?

ドージコインとミームネーター、2024年の注目銘柄は?

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

Poodl Inuの登場でミームコイン投資家が歓喜、大きなポテンシャルを秘めた新しいプロジェクトか?

Poodl Inuの登場でミームコイン投資家が歓喜、大きなポテンシャルを秘めた新しいプロジェクトか?

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す