Flare Networks CEO:改善提案FIP.01の目的などを説明|一部の批判的意見に対処

by BITTIMES

Flare NetworksのCEOであるHugo Philio氏は2023年1月22日に、FLRトークンの配布方法などに関する提案「FIP.01」に対して批判的な意見が出ていることについてコメントし、『FIP.01の提案で"裏切られた"と感じる人がいることは理解できる』と述べた上で「この提案はFLRトークンのダンピングを抑えてエコシステムを成長させるためのものだ」と説明を行いました。

こちらから読む:ビットフライヤー、FLRトークン取扱開始「暗号資産」関連ニュース

FIP.01は「Flareエコシステム成長のためのもの」と説明

Flare NetworksのCEOであるHugo Philio氏は2023年1月22日に、FLRトークンの配布方法などに関する内容を含んだ改善提案「FIP.01」について説明する一連のツイートを投稿し、FIP.01の目的などを説明しました。

Flare Improvement Proposal 01(FIP.01)とは『FLRの分布を拡大し、インフレを抑制する』というタイトルの改善提案であり、今月全体の15%が配布されたFLRトークンの残り分85%の配布方法変更などの内容を含めた複数の提案が記載されています。

この提案に投票できるのは「日本時間2023年1月20日午前4時00分のスナップショットまでにFLRトークンをラップされたFLRトークン(WFLR)に変換した人のみ」となっており、提案が可決された場合には残り分のFLRトークンが「2020年のスナップショット時のXRP保有者」ではなく「WFLR保有者」に配布されることになるため、一部の投資家からは批判的な意見が出ていました。

Hugo Philio氏は今回のツイートで「FIP.01の提案で"裏切られた"と感じる人がいることは理解できる」と述べた上で、FIP.01の提案はFLRトークンのダンピング(投げ売り)を抑えてエコシステムを成長させるためのものであると説明しています。

🧵FIP.01に対してイラつく人がいつのは理解できます。裏切られたような気がするでしょう。ですが、これについて少し紹介させてください。

単発のエアドロップは上手くいきません。エコシステムが発展する前にトークンが売られてしまい、その売却によってエコシステムが発展しなくなるのです。以前の36ヶ月間自動配布モデルでは、トークンを受け取るための追加作業を行う必要がないため「過剰な流動性が続く」という欠陥があります。

FIP.01は「本来の受信者への影響を最小限に抑えながら以前のモデルの問題点を解決すること」を目的としています。この提案はインフレを大幅に低下させ、全体的なトークンを少なくします。また、トークンを長期的に必要としない人から必要とする人への再配分をより円滑に行うことができます。

この提案はダンピング(投げ売り)を抑えてエコシステムを成長させるためのものです。また、インフレ率が低いということは「元々のXRP受取人がより少ないトークンを取得したとしても、実際には同じパーセンテージになる可能性がある」ということを意味します。

そして、ラッピングの参加率次第ではより多くのトークンを獲得できる可能性があります。このモデルはビットコインからヒントを得たもので、初期段階で最も多くの作業を行なった人(ラップした人やインフラ提供者)が最も多くの報酬を受け取れる仕組みになっています。

あなたはFIP.01を良く思わないかもしれませんが、私は「この提案は長期的にFlareエコシステムの最善の利益になる」と信じているからこそ提案しているのです。Flareは現在、業界全体に価値を提供し、業界を拡大する可能性のある大きなプロジェクトとなっています。

私たちがXRP保有者を見捨てていると言う人々へ。

①トークンを持っているだけでFLRトークンを受け取れたのはXRPを保有していた人たちだけです。

②FIP.01は古い流通モデルを修正しながら、悪影響を最小限に抑えるように設計されています。

③FlareはXRPエコシステムを構築している唯一の主要VC支援プロジェクトです。他のネットワークも構築していますがXRPは保持しています。コミュニティは仮想通貨VCシステムにXRPに関係したものを支援するよう説得するのがいかに困難なものであったのかを理解していません。

しかし私は信じているからこそ粘ったのです。FlareはXRPと共に立ち、支援を得るためにプッシュしました。私たちはネットワークとエコシステムの最善の利益になると思う提案を出しました。さあ、Flareと共に立ち上がるかどうか選んでください。

FIP.01の投票受付は日本時間2023年1月21日16:00〜2023年1月28日16:00までの期間にかけて実施されており、これまでには「FIP.01の投票方法・WFLRへの交換方法に関するガイドライン」や「FIP.01に関するよくある質問に答えたFAQ記事」なども公開されています。

bitbankの画像FLRも取扱うビットバンクはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米送金大手MoneyGram:仮想通貨ATM運営会社「Coinme」に出資

米送金大手MoneyGram:仮想通貨ATM運営会社「Coinme」に出資

ブロックチェーンは「アイルランド国境問題」を解決できる ー 英国ハモンド財務相

ブロックチェーンは「アイルランド国境問題」を解決できる ー 英国ハモンド財務相

Libra(リブラ)は「ビットコインの脅威」となるのか?市場に与える影響を考察

Libra(リブラ)は「ビットコインの脅威」となるのか?市場に与える影響を考察

Chiliz&Socios:スポーツテクノロジーアワードの「最終候補」に選出

Chiliz&Socios:スポーツテクノロジーアワードの「最終候補」に選出

NFT用いた宇宙関連のデータ流通基盤「ALICE(アリス)」開発開始:DigitalBlast

NFT用いた宇宙関連のデータ流通基盤「ALICE(アリス)」開発開始:DigitalBlast

石油ガス大手Shell:ブロックチェーン技術の「人材募集」新たな活用方法を模索

石油ガス大手Shell:ブロックチェーン技術の「人材募集」新たな活用方法を模索

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ基盤の分散型取引所「WingRiders」とは?基本情報や特徴を解説

カルダノ基盤の分散型取引所「WingRiders」とは?基本情報や特徴を解説

FTX Japan「資産返還機能のベータ版」公開|出金再開に向け最終テスト

FTX Japan「資産返還機能のベータ版」公開|出金再開に向け最終テスト

FTXの債権者リスト公開|Apple・Googleなどの大手企業や各国政府機関も名称も

FTXの債権者リスト公開|Apple・Googleなどの大手企業や各国政府機関も名称も

ポルカドット、ソラナ、そしてメタケード(MCADE)はサム・バンクマン・フリードの逮捕騒動を経て、どう動くのか

ポルカドット、ソラナ、そしてメタケード(MCADE)はサム・バンクマン・フリードの逮捕騒動を経て、どう動くのか

ビットフライヤー:Flareトークン(FLR)取扱い開始|対象者への付与も完了

ビットフライヤー:Flareトークン(FLR)取扱い開始|対象者への付与も完了

FTX Japan:確定申告に必要な「年間取引報告書」の交付時期を発表

FTX Japan:確定申告に必要な「年間取引報告書」の交付時期を発表

米裁判所:FTX破産手続きで「FTX Japan」など4つの事業売却を承認

米裁判所:FTX破産手続きで「FTX Japan」など4つの事業売却を承認

東映アニメーション:NFT活用した新規IPプロジェクト「電殿神伝-DenDekaDen-」始動

東映アニメーション:NFT活用した新規IPプロジェクト「電殿神伝-DenDekaDen-」始動

ナショナル・オーストラリア銀行:豪ドル連動ステーブルコイン「AUDN」発行へ

ナショナル・オーストラリア銀行:豪ドル連動ステーブルコイン「AUDN」発行へ

カルダノ開発企業「カスタムサイドチェーン開発用のツールキット」発表

カルダノ開発企業「カスタムサイドチェーン開発用のツールキット」発表

Chiliz&Socios:メキシコの強豪「クラブ・アメリカ」と提携|AMEファントークン発行へ

Chiliz&Socios:メキシコの強豪「クラブ・アメリカ」と提携|AMEファントークン発行へ

カルダノ初の自動車プロジェクト「eTukTuk」が登場|充電ステーションを展開

カルダノ初の自動車プロジェクト「eTukTuk」が登場|充電ステーションを展開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す