Flare Networks CEO:改善提案FIP.01の目的などを説明|一部の批判的意見に対処

by BITTIMES   

Flare NetworksのCEOであるHugo Philio氏は2023年1月22日に、FLRトークンの配布方法などに関する提案「FIP.01」に対して批判的な意見が出ていることについてコメントし、『FIP.01の提案で"裏切られた"と感じる人がいることは理解できる』と述べた上で「この提案はFLRトークンのダンピングを抑えてエコシステムを成長させるためのものだ」と説明を行いました。

こちらから読む:ビットフライヤー、FLRトークン取扱開始「暗号資産」関連ニュース

FIP.01は「Flareエコシステム成長のためのもの」と説明

Flare NetworksのCEOであるHugo Philio氏は2023年1月22日に、FLRトークンの配布方法などに関する内容を含んだ改善提案「FIP.01」について説明する一連のツイートを投稿し、FIP.01の目的などを説明しました。

Flare Improvement Proposal 01(FIP.01)とは『FLRの分布を拡大し、インフレを抑制する』というタイトルの改善提案であり、今月全体の15%が配布されたFLRトークンの残り分85%の配布方法変更などの内容を含めた複数の提案が記載されています。

この提案に投票できるのは「日本時間2023年1月20日午前4時00分のスナップショットまでにFLRトークンをラップされたFLRトークン(WFLR)に変換した人のみ」となっており、提案が可決された場合には残り分のFLRトークンが「2020年のスナップショット時のXRP保有者」ではなく「WFLR保有者」に配布されることになるため、一部の投資家からは批判的な意見が出ていました。

Hugo Philio氏は今回のツイートで「FIP.01の提案で"裏切られた"と感じる人がいることは理解できる」と述べた上で、FIP.01の提案はFLRトークンのダンピング(投げ売り)を抑えてエコシステムを成長させるためのものであると説明しています。

🧵FIP.01に対してイラつく人がいつのは理解できます。裏切られたような気がするでしょう。ですが、これについて少し紹介させてください。

単発のエアドロップは上手くいきません。エコシステムが発展する前にトークンが売られてしまい、その売却によってエコシステムが発展しなくなるのです。以前の36ヶ月間自動配布モデルでは、トークンを受け取るための追加作業を行う必要がないため「過剰な流動性が続く」という欠陥があります。

FIP.01は「本来の受信者への影響を最小限に抑えながら以前のモデルの問題点を解決すること」を目的としています。この提案はインフレを大幅に低下させ、全体的なトークンを少なくします。また、トークンを長期的に必要としない人から必要とする人への再配分をより円滑に行うことができます。

この提案はダンピング(投げ売り)を抑えてエコシステムを成長させるためのものです。また、インフレ率が低いということは「元々のXRP受取人がより少ないトークンを取得したとしても、実際には同じパーセンテージになる可能性がある」ということを意味します。

そして、ラッピングの参加率次第ではより多くのトークンを獲得できる可能性があります。このモデルはビットコインからヒントを得たもので、初期段階で最も多くの作業を行なった人(ラップした人やインフラ提供者)が最も多くの報酬を受け取れる仕組みになっています。

あなたはFIP.01を良く思わないかもしれませんが、私は「この提案は長期的にFlareエコシステムの最善の利益になる」と信じているからこそ提案しているのです。Flareは現在、業界全体に価値を提供し、業界を拡大する可能性のある大きなプロジェクトとなっています。

私たちがXRP保有者を見捨てていると言う人々へ。

①トークンを持っているだけでFLRトークンを受け取れたのはXRPを保有していた人たちだけです。

②FIP.01は古い流通モデルを修正しながら、悪影響を最小限に抑えるように設計されています。

③FlareはXRPエコシステムを構築している唯一の主要VC支援プロジェクトです。他のネットワークも構築していますがXRPは保持しています。コミュニティは仮想通貨VCシステムにXRPに関係したものを支援するよう説得するのがいかに困難なものであったのかを理解していません。

しかし私は信じているからこそ粘ったのです。FlareはXRPと共に立ち、支援を得るためにプッシュしました。私たちはネットワークとエコシステムの最善の利益になると思う提案を出しました。さあ、Flareと共に立ち上がるかどうか選んでください。

FIP.01の投票受付は日本時間2023年1月21日16:00〜2023年1月28日16:00までの期間にかけて実施されており、これまでには「FIP.01の投票方法・WFLRへの交換方法に関するガイドライン」や「FIP.01に関するよくある質問に答えたFAQ記事」なども公開されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

時代は令和へ:暗号資産、今後の「重要ポイント」と期待される「銘柄6選」

時代は令和へ:暗号資産、今後の「重要ポイント」と期待される「銘柄6選」

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

Cardano(ADA)米eToroユーザー間で「最も人気の暗号資産」に=調査報告

HEXA:NFT保有者限定コミュニティ機能「Scale-free」公開

HEXA:NFT保有者限定コミュニティ機能「Scale-free」公開

ロシアの暗号資産取引所で「大規模ハッキング被害」制御不能でサイトもアクセス不可に

ロシアの暗号資産取引所で「大規模ハッキング被害」制御不能でサイトもアクセス不可に

Libra協会:投資会社「Blockchain Capital」が新メンバーとして参加

Libra協会:投資会社「Blockchain Capital」が新メンバーとして参加

Chiliz:ブラジルの「S.C. Corinthians Paulista」と提携|$SCCPファントークン発行へ

Chiliz:ブラジルの「S.C. Corinthians Paulista」と提携|$SCCPファントークン発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ナスダック上場企業「Tiger Brokers」香港で仮想通貨取引サービス開始|18銘柄を取扱い

ナスダック上場企業「Tiger Brokers」香港で仮想通貨取引サービス開始|18銘柄を取扱い

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

GMEの価格が3684%高騰してミームコインへの期待が高まる、Ethereumの最新プロジェクトWienerAIは180万ドルを調達

リスク(LSK)大規模エアドロップ「HodlerDrop」実施へ|参加条件と今後の予定

リスク(LSK)大規模エアドロップ「HodlerDrop」実施へ|参加条件と今後の予定

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

Shibariumのハードフォークについて詳しく説明「The Shib:Edition 23」公開

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

PayPal:日本ユーザーに「買い手・売り手保護制度からのNFT除外」を告知

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「バイナンスジャパンに新取引ペア・Shibarium大型アップグレード」など

ビットコインピザの日記念「BTCがもらえる口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

ビットコインピザの日記念「BTCがもらえる口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

X Payments「必要とされるすべての機能」を提供予定|決済・資産運用なども可能に?

X Payments「必要とされるすべての機能」を提供予定|決済・資産運用なども可能に?

元CIA職員のスノーデン氏「ビットコインのプライバシー問題」について最終警告

元CIA職員のスノーデン氏「ビットコインのプライバシー問題」について最終警告

SBI VCトレード:APT・HBAR・ZPG上場記念「2つのキャンペーン」を開催

SBI VCトレード:APT・HBAR・ZPG上場記念「2つのキャンペーン」を開催

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

Trezor「イーサリアム(ETH)のステーキング機能」提供開始|少額からでも利用可能

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す