Flareトークン(FLR)の配布方法などに関する重要提案「FIP.01」が可決

by BITTIMES   

Flare Networksは2023年1月28日に、Flareトークン(FLR)の配布方法などに関する内容を含んだ重要提案Flare Improvement Proposal 01(FIP.01)が93.8%の賛成票を得て可決したことを発表しました。エアドロップされる残りのFLRトークンを獲得するためには、FLRトークンをラップしてWFLRを獲得する必要があります。

こちらから読む:今の仮想通貨は大規模サイクルの始まり「暗号資産」関連ニュース

Flare改善提案「FIP.01」賛成93.8%で可決

Flare Networksは2023年1月28日に、Flareトークン(FLR)の配布方法などに関する内容を含んだ重要提案Flare Improvement Proposal 01(FIP.01)が93.8%の賛成票を得て可決したことを発表しました。

Flare Improvement Proposal 01(FIP.01)は『FLRの分布を拡大し、インフレを抑制する』というタイトルの改善提案であり、今月XRP保有者に対して配布されたFLRトークンの残り分85%の配布方法などが決まる複数の提案が含まれた重要提案となっています。

FIP.01が可決された場合には、元々XRP保有者に配布される予定となっていた残り85%分のFLRトークンが「ラップされたFLRトークン(WFLR)の保有者」に配布されることになるため、投票結果には注目が集まっていましたが、今回はこのFIP.01が93.8%の賛成票を獲得して可決されたことが報告されています。

なお、Flare Networksは今回の発表で「Flare財団や3.5%以上のFLR割り当てを受けているエンティティは投票に参加しておらず、Flareチームメンバーによる1億1,900万票のみが投票に参加した」とも説明しており、『たとえチームの票が含まれなかったとしてもFIP.01は93.03%の賛成で可決されただろう』とコメントしています。

FIP.01は93.8%の賛成票を獲得して可決されました。分析および実装のタイムテーブルは来週発表されます。

Flare Foundationはガバナンスに参加しません。さらに、3.5%以上のFLR割り当てを受けているエンティティは投票には参加せず、Flareチームメンバーによる1億1,900万票のみが投じられました。チームの票を削除しても、FIP.01は93.03%の賛成で可決されたでしょう。

今後のFLR獲得には「WFLRへのラップ作業」が必要

当初の予定では「日本時間2020年12月12日午前9時頃にXRPを保有していた方」にFLRトークンが1対1の割合で付与される予定でしたが、今回の提案が可決されたことによって、今後残り分のFLRトークンを獲得できるのは「FLRトークンをWFLRにラップした方」となります。

FLRトークンのラップ作業は自己管理型ウォレットである「Bifrost Wallet」や、Flareのガバナンス投票に参加するための専用ポータルとなる「Flare Portal」などで行うことが可能で、WFLRに変換してFTSOデータ・プロバイダーに委任すると委任報酬も獲得することができるようになっています。

Flare Networksはこれまでの発表を通じて「FLRトークンのラップ方法」や「FIP.01に関するFAQ」などの記事も公開しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨で「チップが送れる」Twitter向け新機能を一般公開:Braveブラウザ

仮想通貨で「チップが送れる」Twitter向け新機能を一般公開:Braveブラウザ

仮想通貨ウォレット搭載「高級腕時計」年内発売へ|スイス:A.Favre&Fils

仮想通貨ウォレット搭載「高級腕時計」年内発売へ|スイス:A.Favre&Fils

香港規制当局:暗号資産取引所の利用者「プロ投資家のみに限定すること」を提案

香港規制当局:暗号資産取引所の利用者「プロ投資家のみに限定すること」を提案

ビットポイント「Chainlink」取扱い開始|LNK・ADA・JMYがもらえるキャンペーンも開催

ビットポイント「Chainlink」取扱い開始|LNK・ADA・JMYがもらえるキャンペーンも開催

Braveブラウザ:月間アクティブユーザー数「1年間で2倍以上」に増加

Braveブラウザ:月間アクティブユーザー数「1年間で2倍以上」に増加

フィナンシェ:堀江貴文氏の「HORIE MOBILE」と連携|HORIE MOBILE Token発行へ

フィナンシェ:堀江貴文氏の「HORIE MOBILE」と連携|HORIE MOBILE Token発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Aptos提携の格安Web3スマホ「JamboPhone」とは?特徴・機能・販売価格など

Aptos提携の格安Web3スマホ「JamboPhone」とは?特徴・機能・販売価格など

SolanaのミームコインSmogがエアドロップで数千人を魅了、ステーキングでは42%と高いAPYを提供

SolanaのミームコインSmogがエアドロップで数千人を魅了、ステーキングでは42%と高いAPYを提供

現物ビットコインETFが「歴史上No.1」に|1ヶ月間の資金流入額で記録更新

現物ビットコインETFが「歴史上No.1」に|1ヶ月間の資金流入額で記録更新

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

Brave RewardsのBAT報酬「Solanaウォレット」でも受取可能に

Brave RewardsのBAT報酬「Solanaウォレット」でも受取可能に

ChatGPTによる価格予測:ミームネーターが2024年に大きく飛躍?

ChatGPTによる価格予測:ミームネーターが2024年に大きく飛躍?

ビットコイン「今回の半減期はこれまでと根本的に違う」Grayscaleレポート

ビットコイン「今回の半減期はこれまでと根本的に違う」Grayscaleレポート

脱税者の仮想通貨追跡システム導入で「62億ウォン」の税金徴収=韓国

脱税者の仮想通貨追跡システム導入で「62億ウォン」の税金徴収=韓国

チリーズ:韓国プロサッカー「Kリーグ」と提携|スポーツリーグ初のバリデータ

チリーズ:韓国プロサッカー「Kリーグ」と提携|スポーツリーグ初のバリデータ

Mantle(MNT)とVeChain(VET)に買いシグナル、Pullix(PLX)も投資家の注目を集める

Mantle(MNT)とVeChain(VET)に買いシグナル、Pullix(PLX)も投資家の注目を集める

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

メタマスク:仮想通貨購入方法をさらに拡充「Robinhood」と提携

メタマスク:仮想通貨購入方法をさらに拡充「Robinhood」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す