Ripple社:モニカ・ロング氏を事業部門責任者に任命

by BITTIMES   

Ripple(リップル)は2023年1月26日に、同社でシニア・バイス・プレジデント兼ゼネラルマネージャーを務めていたMonica Long(モニカ・ロング)氏が事業部門責任者に昇進したことを発表しました。モニカ・ロング氏は仮想通貨がまだ注目されていなかった初期の頃から規制当局と協力しながら世界中の金融機関の信頼を獲得するために奔走してきた人物であると報告されています。

こちらから読む:Tron、2023年内に5カ国で法定通貨に「暗号資産」関連ニュース

設立初期からRipple社に貢献してきたリーダー

Ripple(リップル)は2023年1月26日に、同社でシニア・バイス・プレジデント兼ゼネラルマネージャーを務めていたMonica Long(モニカ・ロング)氏が事業部門責任者に昇進したことを発表しました。

Monica Long(モニカ・ロング)氏は従業員がまだ10人だった2013年にRipple社にコミュニケーションディレクターとして入社した人物であり、2022年6月には「RippleX」に加えて「RippleNet」のゼネラルマネージャーへと役割を拡大、Ripple社が提供するXRPベースの決済ソリューションである「ODL」の開発と成長などを担当していました。

Ripple社は現在「仮想通貨XRPはRipple社の証券に該当するため、XRPの販売は無登録証券の販売に該当する」と主張する米国証券取引委員会(SEC)との訴訟問題に直面していますが、モニカ・ロング氏は仮想通貨がまだ注目されていなかった初期の頃から、Ripple社をクリプト業界の責任あるリーダーとして確立するために規制当局と協力しながら仮想通貨のメリットと有用性を説き、世界中の金融機関の信頼を獲得するために奔走してきた人物であると報告されています。

数年前までは「企業や金融機関が仮想通貨を使用する」というのは前代未聞だったものの、モニカ・ロング氏はリーダーシップを発揮して2018年に「ODL」の立ち上げに貢献したとのことです。ODLは現在世界中の様々な金融機関で活用されるソリューションとなっていますが、Riiple社の公式発表によると『ODLは現在約40のペイアウト市場で利用可能で、昨年はRippleNetを介した支払いの約60%がODLを介して送信されている』とされています。

リップル社の共同創業者兼CEOであるブラッド・ガーリングハウス氏と、リップル社の事業部門責任者に就任したモニカ・ロング氏は、公式発表の中で次のようにコメントしています。

【ブラッド・ガーリングハウス氏】
私が約8年前にRippleでモニカに初めて会った瞬間から、彼女が一目置かれる存在であることは明らかでした。彼女の暗号資産に関する深い知識と、決断力・創造力・既成概念にとらわれない思考力によって、彼女は業界で最も尊敬されるリーダーの一人となりました。

現在の厳しい仮想通貨業界の環境下でも、モニカはRipple社を成長と財務の強さという非常にユニークな場所へと導くのに貢献しました。彼女は長年に渡って私の重要なアドバイザーです。彼女が事業部門責任者としての役割に着手するにあたり、さらに密接に協力する機会を得たことに感謝しています。

【モニカ・ロング氏】
Ripple社が流動性・決済・カストディなど仮想通貨対応サービスをより深く展開していく中で、事業部門責任者の役割を担うことができることをとても光栄に思っています。

私の在職期間を振り返ってみると「暗号技術とテクノロジーの分野の最も賢く、最も革新的な方々に囲まれた環境の中で、"世界中で1円単位から即座に送金できる"といった非常に大胆な目標に取り組むことができた私は間違いなく幸運だった」と感じます。

Ripple社が掲げる『価値のインターネット』というはビジョンは私が最初から信じていた使命であり、将来に向けてインスピレーションを見いだし続けているものでもあります。

>>「Ripple社」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「ビットコイン一強」の時代が始まる?マックス・カイザー、アルトコインの終焉を予想

「ビットコイン一強」の時代が始まる?マックス・カイザー、アルトコインの終焉を予想

BINANCE「カナダ」と「バーレーン王国」でライセンス取得

BINANCE「カナダ」と「バーレーン王国」でライセンス取得

スマホでの「仮想通貨取引」をもっと気軽に|Samsungウォレット・Geminiアプリが連携

スマホでの「仮想通貨取引」をもっと気軽に|Samsungウォレット・Geminiアプリが連携

Uber CEO「ビットコイン投資・仮想通貨決済対応」の可能性について言及

Uber CEO「ビットコイン投資・仮想通貨決済対応」の可能性について言及

Cheeese:ネットショップの口コミ投稿で「ビットコインがもらえる」新機能追加

Cheeese:ネットショップの口コミ投稿で「ビットコインがもらえる」新機能追加

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

マクドナルド:シンガポールで「独自メタバース」展開|NFT保有者には特典も

マクドナルド:シンガポールで「独自メタバース」展開|NFT保有者には特典も

カナダの上場企業「ビットコイン財務戦略」を採用|約11億円相当のBTC購入報告も

カナダの上場企業「ビットコイン財務戦略」を採用|約11億円相当のBTC購入報告も

ビットトレード:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|積立・入出金も可能

ビットトレード:ソラナ(Solana/SOL)取扱いへ|積立・入出金も可能

Rakuten NFT:2次流通できる「NFTチケット」販売開始|不正転売にも対処

Rakuten NFT:2次流通できる「NFTチケット」販売開始|不正転売にも対処

OKCoinJapan:トンコイン(TON)取扱いへ|複数のサービスでサポート

OKCoinJapan:トンコイン(TON)取扱いへ|複数のサービスでサポート

SOL系ミームコインSealanaのプレセールが200万ドルを調達!スマートマネーが続々と参入か

SOL系ミームコインSealanaのプレセールが200万ドルを調達!スマートマネーが続々と参入か

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

ミームネーター:可能性を秘めたミームコイン、満を持して5月29日に上場

Pepeの価格が30%急上昇、ダックスフンドの取引ボットWienerAIはプレセールで200万ドルを突破して対抗

Pepeの価格が30%急上昇、ダックスフンドの取引ボットWienerAIはプレセールで200万ドルを突破して対抗

40万円が「1億7,300万円」に|シバイヌ(SHIB)初期投資家が3年半を経て利確

40万円が「1億7,300万円」に|シバイヌ(SHIB)初期投資家が3年半を経て利確

バイラルミームコイン、Memeinatorが770万ドル調達後に上場

バイラルミームコイン、Memeinatorが770万ドル調達後に上場

「アメリカを仮想通貨業界のリーダーに」トランプ前大統領が様々な支持発言

「アメリカを仮想通貨業界のリーダーに」トランプ前大統領が様々な支持発言

世界初のSolana向けEVM互換L2「Solana VM」2024年にリリース予定|$SVMプレセールで100万ドル以上を調達

世界初のSolana向けEVM互換L2「Solana VM」2024年にリリース予定|$SVMプレセールで100万ドル以上を調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

人気のタグから探す