パラオ共和国:Ripple社と提携して「国家ステーブルコイン」を構築

by BITTIMES   

「パラオ共和国がRipple社と提携して政府支援のステーブルコインを発行する」というニュースが再び注目を集めています。パラオ共和国のスランゲル・ウィップス・ジュニア大統領は『Ripple社と協力して構築するステーブルコインは、パラオ独自の中央銀行デジタル通貨に向けたステップになる』と語っています。

こちらから読む:Fidelity、Web3関連で商標出願「暗号資産」関連ニュース

パラオ独自の中央銀行デジタル通貨に向けたステップ

Ripple(リップル)は2022年11月23日に「パラオ共和国と提携してデジタル通貨戦略に取り組むこと」を発表し、『2022年前半に世界で初めて政府が支援する国家ステーブルコインが実装される可能性がある』と説明していましたが、このニュースが再び注目を集めています。

今回注目を集めているのはパラオ共和国のSurangel Whipps Jr(スランゲル・ウィップス・ジュニア)大統領が発言した内容で、「Wu Blockchain」は2022年12月26日のツイートで『パラオの大統領は同国のITチームがRipple社と協力して"国家ステーブルコイン"の作成を検討していることを明らかにした』と報告しています。

ウィップス大統領は、Web3メタバースブロックチェーンの未来について語った際に『パラオはRipple社と協力して、簡単かつ安全に支払いを行うことができる国家ステーブルコインの作成を検討するための一歩を踏み出した』とコメントしたと伝えられています。

パラオ共和国で検討されているステーブルコインは「米ドルに裏付けられたステーブルコイン」になると伝えられており、Ripple社は技術面・ビジネス面・設計面・政策面でのサポートを行うと報告されています。

また、ウィップス大統領はBINANCEのCEOであるChangpeng Zhao氏や、イーサリアムの共同創設者であるVitalik Buterin氏とも話をしているとのことで、「デジタル居住プログラム」「デジタル居住者のデジタル決済のためのBinancePay利用」「BNBチェーンを用いたNFT形式のデジタルID」などついても話していると報告されています。

ここ最近では中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する研究開発が世界中で進められていますが、ウィップス大統領は一連のコメントの中で「Ripple社と協力して構築するステーブルコインは、パラオ独自の中央銀行デジタル通貨に向けたステップになる」とも語っています。

私たちは「中央銀行デジタル通貨」と「非中央集権的な暗号資産」は共生できる存在であり、互いに補完し合うことができると考えています。実際、中央銀行デジタル通貨は仮想通貨とブロックチェーンから生まれたアイデアです。

パラオ自体には中央銀行がなく、公式通貨として米ドルを使用しています。リップル社との提携では「米ドルを裏付けとするステーブルコインを開発すること」を目標にしています。これは、我が国独自の中央銀行デジタル通貨に向けた一歩であると言えるでしょう。

これは重要なことで、法定通貨と仮想通貨の交換もより簡単になると考えています。デジタル居住者の方も銀行にアクセスできるようになり、Binance Payのオプションによって提供も容易になります。

私たちは中央銀行デジタル通貨と暗号資産は競合ではなく共生することが可能で、互いに助け合うことでクリプトエコシステムを強化することができると心から信じています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

カルティエの親会社「Richemont」ブロックチェーンでダイヤを追跡

カルティエの親会社「Richemont」ブロックチェーンでダイヤを追跡

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

【BAR価格急騰】BINANCE「FCバルセロナの公式ファントークン」本日から取扱いへ

【BAR価格急騰】BINANCE「FCバルセロナの公式ファントークン」本日から取扱いへ

BINANCE:ロシアルーブル(RUB)を正式サポート|仮想通貨「3銘柄」との取引が可能に

BINANCE:ロシアルーブル(RUB)を正式サポート|仮想通貨「3銘柄」との取引が可能に

ビットコイン市場にNY証券取引所(NYSE)親会社が参入か

ビットコイン市場にNY証券取引所(NYSE)親会社が参入か

注目度の高い仮想通貨ニュース

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

dHealth Networkが「COSMOS」に移行|DHPのブリッジ・移行・ステーキング方法をわかりやすく解説

dHealth Networkが「COSMOS」に移行|DHPのブリッジ・移行・ステーキング方法をわかりやすく解説

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「Cardano・Symbol・Shiba Inu」などの注目記事

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

Dogwifhat(WIF)の上昇はまだまだ続く?アーサー・ヘイズ氏の強気な価格予想

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

ジャスミー × パナソニックAD「Web3プラットフォーム創造」に向けて協業

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

話題のSOLが一時10%以上の下落、Ethereumを基盤としたGreen Bitcoinに投資家が集まる

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す