SBI VCトレード「今後のFlareトークン獲得方法」について続報

by BITTIMES

暗号資産取引所「SBI VCトレード」は2023年1月27日に、Flareトークン(FLR)の今後の獲得方法について続報を発表しました。Flare Networkでは今後のFLR配布方法などを決定する提案「FIP.01」が可決されたため、SBI VCトレードでFLRトークンを保有している場合は、FLRのラップ・デリゲート作業を代行してもらえる「レンディング」のサービスを利用することによって今後もFLRトークンを獲得できるようになります。

こちらから読む:Flare提案FIP.01、賛成多数で可決「暗号資産」関連ニュース

レンディングでFLRのラップ&デリゲート作業を代行

SBI VCトレードは2023年1月27日に、Flareトークン(FLR)の今後の獲得方法について説明する記事を公開しました。

Flare Networksは元々「日本時間2020年12月12日に実施されたXRPのスナップショット時点でXRPを保有していた人」に対して1対1の割合でFLRトークンを配布することを予定しており、今月半ば頃には各暗号資産取引所からも「FLR配布分の15%」が対象者に配布されていましたが、FIP.01と呼ばれる提案が可決されたことによって残り分の配布方法が変更されることとなりました。

新たなFLR配布方法では「FLRトークンをラップ&デリゲートした人」に対してFLRトークンが付与されるため、日本国内の一般的な暗号資産取引所でFLRトークンを保有しているだけでは残り分のFLRが受け取れないことになりますが、SBI VCトレードはラップ&デリゲートの作業を代行する「レンディングサービス」の提供を予定しています。

自分でラップ&デリゲートの作業を行う場合は「自己管理型ウォレットにFLRを送金→FLRをWFLRに変換→任意のFTSOにデリゲート」という作業を行う必要がありますが、SBI VCトレードのレンディングサービスを利用すれば簡単な申し込み作業だけでラップ&デリゲートを代行してもらい、今後のFLR報酬を獲得できる予定となっています。

レンディングサービスの詳細については2023年1月30日頃に再度発表が行われる予定で、次回発表時には「お客様情報確認ページ」にレンディングのエントリーフォームを追加、希望者にエントリーのみを行なってもらう予定だと説明されています。なお、SBI VCトレードのFLRトークンの出庫受付は2023年1月29日23時59分までとなっています。

レンディングサービスの概要について

レンディングサービス(ラップ及びデリゲート代行サービス)の概要は以下の通りです。

【レンディング数量】
ユーザーがSBI VCトレードで保有しているFlareトークン全量をレンディングしてもらい、ラップ及びデリゲートの作業を同社が代行して実施します。

【獲得トークン実績】
SBI VCトレードにレンディングされたFlareトークンをラップ&デリゲートした結果を基にして、一定期間ごとに運用実績が提示されます。

【レンディング期間】
約3年間が想定されていますが、詳細はFIP.01可決後に改めて発表される予定です。また、レンディングの中途解約も受け付ける方針とされています。途中解約手数料も含め詳細については後日改めて発表が行われます。

【手数料】
ラップによるFLRの付与に対して手数料はありません。デリゲートによるFLR報酬に対しては、同社のステーキングサービスと同様に上限25%の手数料設定が検討されています。(※FLRのレンディングサービスは、Flareトークンのラップとデリゲートの代行を目的としたレンディングとなり、通常のレンディングサービスである貸コインとは仕様が異なります)

>>「SBI VCトレード」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【追記あり】現物ビットコインETF申請企業10社「フォームS-1の修正版」提出|手数料などの一覧も

【追記あり】現物ビットコインETF申請企業10社「フォームS-1の修正版」提出|手数料などの一覧も

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産の脱税防止に向け国家間で情報交換|G20に新たな枠組み提示へ:OECD

暗号資産の脱税防止に向け国家間で情報交換|G20に新たな枠組み提示へ:OECD

EMURGO×ERGO:ブロックチェーン基盤の「分散型金融ソリューション」構築へ

EMURGO×ERGO:ブロックチェーン基盤の「分散型金融ソリューション」構築へ

テレグラムの独自通貨Gram:仮想通貨取引所「Blackmoon」上場の可能性

テレグラムの独自通貨Gram:仮想通貨取引所「Blackmoon」上場の可能性

カルダノ(ADA)価格停滞は「クジラの売却」が原因?大量保有アドレス数に減少傾向

カルダノ(ADA)価格停滞は「クジラの売却」が原因?大量保有アドレス数に減少傾向

注目度の高い仮想通貨ニュース

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

The Wolf Of All Streets「ビットコイン価格は240,000ドルになる」と予想

The Wolf Of All Streets「ビットコイン価格は240,000ドルになる」と予想

仮想通貨の分散化レベルランキング|トップ3は「ETH・ADA・AVAX」

仮想通貨の分散化レベルランキング|トップ3は「ETH・ADA・AVAX」

コインチェック:再生不動産NFT「LIFULL STAY MEMBERSHIP」取扱いへ|第1弾はサウナ付き物件

コインチェック:再生不動産NFT「LIFULL STAY MEMBERSHIP」取扱いへ|第1弾はサウナ付き物件

フレア(Flare/FLR)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

フレア(Flare/FLR)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Terraform Labs:法的問題解決に向け米国で破産申請「事業継続の方針」も強調

Terraform Labs:法的問題解決に向け米国で破産申請「事業継続の方針」も強調

仮想通貨ニュース週間まとめ「税金関連の改正案・Visaの暗号資産換金サービス」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「税金関連の改正案・Visaの暗号資産換金サービス」など

仮想通貨DEPが稼げる対戦バトルゲーム「BouncyBunny」リリース

仮想通貨DEPが稼げる対戦バトルゲーム「BouncyBunny」リリース

2024年に最前線を走るミームコインプロジェクト:ミームネーター、ドージコイン、ボンク

2024年に最前線を走るミームコインプロジェクト:ミームネーター、ドージコイン、ボンク

Astar Network:韓国の「DeSpread」と業務提携|東アジア主導でWeb3の普及推進

Astar Network:韓国の「DeSpread」と業務提携|東アジア主導でWeb3の普及推進

カード型ウォレット提供するTangem、柴犬レイヤー2「Shibarium」サポートへ

カード型ウォレット提供するTangem、柴犬レイヤー2「Shibarium」サポートへ

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す