TRON創設者のジャスティン・サン氏「グレナダ大使」の任期が終了

by BITTIMES   

トロン(Tron/TRX)の創設者であるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は2023年3月31日に、カリブ海の島国グレナダの世界貿易機構(WTO)常駐代表の任期を終えたことを発表しました。同氏はしばらくの休養をとった後に暗号資産業界に復帰する予定であることも語っています。

こちらから読む:仮想通貨関連の記事を新着順で確認「暗号資産」関連ニュース

休養後には仮想通貨業界への復帰も予定

トロン(Tron/TRX)の創設者であるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は2023年3月31日に、カリブ海の島国グレナダの世界貿易機構(WTO)常駐代表の任期を終えたことを発表しました。

ジャスティン・サン氏は2021年12月に「ジャスティン・サン氏がグレナダの世界貿易機構(WTO)常駐代表に任命されたこと」を発表していましたが、この任期は2023年3月31日をもって終了したとのことで、31日のツイートでは感謝のコメントなどが綴られています。

世界貿易機関(WTO)グレナダ大使としての任期が2023年3月31日をもって終了します。この地で過ごしたことで得られた素晴らしい経験や素晴らしいサポートに感謝の意を表します。

ジャスティン・サン氏の報告によると、今後数ヶ月間は後任者にバトンを渡すための準備に取り組むことになるとのことで、その後はしばらくの休養をとった後に暗号資産業界に復帰し、デジタル経済や仮想通貨規制などに焦点を当てた取り組みを行なっていく予定だと報告されています。

具体的な取り組みの詳細については明らかにされていないものの、デジタル経済や仮想通貨規制にフォーカスする理由については「これらの分野は貿易と開発の将来にとって極めて重要であるからだ」と説明されています。

トロン(Tron/TRX)はジャスティン・サン氏がグレナダ大使に就任した際に「真の分散型フェーズ」へと移行しており、2022年10月には「ドミニカ国が国のブロックチェーンインフラを構築するための基盤技術としてTRONを採用したこと」なども発表されていました。

また、ジャスティン・サン氏は2023年1月のツイートで「今年中に少なくとも5カ国でTRXを法定通貨として採用する」という目標も語っており、今年2月には「TRONエコシステムにおける人工知能(AI)とブロックチェーンの統合促進に向けて"1億ドルのAI開発ファンド"を設立すること」も発表されていました。

ただし、先月22日には米証券取引委員会(SEC)が『未登録証券を提供・販売した』としてジャスティン・サン氏に対して訴訟を起こしたことなども報告されているため、今後のジャスティン・サン氏の取り組みなどには注目が集まっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Huobi Japan:販売所で「QTUM・XLM」取扱いへ|合計13銘柄に対応

Huobi Japan:販売所で「QTUM・XLM」取扱いへ|合計13銘柄に対応

リップル社:地域別オンラインイベント「Ripple Swell Regionals」本日から開催へ

リップル社:地域別オンラインイベント「Ripple Swell Regionals」本日から開催へ

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

Gemini:DeFi・NFT・ゲーム関連の「アルトコイン7銘柄」取扱い開始

Gemini:DeFi・NFT・ゲーム関連の「アルトコイン7銘柄」取扱い開始

メキシコ:一般普及に先駆け「ブロックチェーン協会」設立|実用化に向け基盤構築

メキシコ:一般普及に先駆け「ブロックチェーン協会」設立|実用化に向け基盤構築

イーサリアム(ETH)今後数年で5倍に上昇?スタンダードチャータード銀行の価格予想

イーサリアム(ETH)今後数年で5倍に上昇?スタンダードチャータード銀行の価格予想

注目度の高い仮想通貨ニュース

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

フィナンシェトークン(FNCT)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

Wormholeの仮想通貨「W」本日エアドロップ|大手取引所にも上場予定

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

複数の仮想通貨交換を「1回の取引」に集約|ADA Marketsが新機能をテスト

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

NFTDriveEX:SymbolとEVMチェーンを繋ぐ「アトミックスワップ機能」導入へ

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す