Paima Studios:ゲーム分野における「Cardano・ADA」の利便性を強化

by BITTIMES   

Web3ゲームエンジン「Paima Engine」を提供している「Paima Studios」は2023年4月4日に、同社が展開するクロスチェーンネットワークにカルダノ(Cardano/ADA)を統合したことを発表しました。今回の統合によって、Cardanoウォレットの利用者はあらゆるオンチェーンゲームにウォレットを接続して直接ADAを用いてゲームをプレイすることができるようになるとのことで、他のネットワークのユーザーもCardanoブロックチェーンを基盤としたゲームをプレイできるようになると報告されています。

こちらから読む:カルダノ関連の記事を新着順で「Cardano/ADA」関連ニュース

Paima Studiosが「カルダノの統合」を発表

完全トラストレスなWeb3構築を可能にするWeb3ゲームエンジン「Paima Engine」を提供している「Paima Studios」は2023年4月4日に、同社が展開するクロスチェーンネットワークにカルダノ(Cardano/ADA)を統合したことを発表しました。

Paima Engine(パイマエンジン)は、開発者がWeb2プログラミングのスキルを用いてWeb3ゲーム・アプリを構築できるようにするブロックチェーンゲームエンジンであり、高速かつ低コストな取引を実現するレイヤー2ネットワークやプラットフォームが展開されています。

Paima Engineのエコシステムパートナーには「アルゴランド」や「アスター」が参加していましたが、今回はイーサリアム仮想マシン(Ethereum Virtual Machine/EVM)に対応していないブロックチェーンにEVM機能を提供するレイヤー2プロトコル「Milkomeda(ミルコメダ)」の協力によってCardanoネットワークの統合が実現したと報告されています。

カルダノ(ADA)をあらゆるゲームで

今回のクロスチェーンネットワーク統合によって、Cardanoウォレットの利用者はあらゆるオンチェーンゲームにウォレットを接続して直接仮想通貨ADAを用いてゲームをプレイすることができるようになるとのことで、他のネットワークのユーザーもCardanoブロックチェーンを基盤としたゲームをプレイできるようになると報告されています。

CoinDeskの報告によると「Cardanoユーザーはトークンを別ネットワーク上のトークンに変換(ブリッジ)することなく、あらゆるブロックチェーンゲームをプレイすることができる」とのことで、Paimaは「他のネットワークで構築されたゲームのCardanoへの移行」もサポートしているため、それらのネットワークのユーザーは資産を移動することなくカルダノ基盤のゲームをプレイすることができると伝えられています。

仮想通貨のブリッジサービスでは脆弱性を突いたハッカーに資産が盗み取られる事件が発生していたため、セキュリティ面での懸念がありましたが、Paimaのネットワーク上の全てのゲームは自己管理型で資産がユーザーのウォレットに残り、ゲームのウォレットに転送する必要がないため、セキュリティリスクが軽減されると説明されています。

Cardanoをトップのゲーミングチェーンに

Paima Studiosは4日のツイートで『カルダノはトップのEVMチェーンになるだけでなく、トップのゲーミングチェーンにもなる』と述べており、『Cardanoをユーザー数トップのゲームチェーンにする』とも語っています。

カルダノ(Cardano/ADA)のブロックチェーン技術は、分散型取引所(DEX)分散型金融(DeFi)NFTメタバースなど様々なプロジェクトで活用されてきていますが、ゲームは仮想通貨業界でも特に人気の分野の1つでもあるため、ブロックチェーンゲーム業界でCardano(ADA)の技術活用が進めば、Cardanoエコシステムがさらに拡大し、ブロックチェーンゲームの利便性も高まると期待されています。

>>「CoinDesk」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

日立製作所:Web3・AI分野に投資する「400億円規模のファンド」設立

日立製作所:Web3・AI分野に投資する「400億円規模のファンド」設立

米国証券取引委員会(SEC)VanEckなど3社のビットコインETF「承認判断を延期」

米国証券取引委員会(SEC)VanEckなど3社のビットコインETF「承認判断を延期」

Vodafone×Energy Web「ブロックチェーン・SIM・IoT」で再生可能エネルギーを管理

Vodafone×Energy Web「ブロックチェーン・SIM・IoT」で再生可能エネルギーを管理

米Coinbase:世界的eスポーツチーム「Team Liquid」と提携

米Coinbase:世界的eスポーツチーム「Team Liquid」と提携

人気サッカーゲーム「Football-Stars」にブロックチェーン機能を実装へ:Animoca Brands

人気サッカーゲーム「Football-Stars」にブロックチェーン機能を実装へ:Animoca Brands

注目度の高い仮想通貨ニュース

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

Dogwifhat(WIF)ミームコイン時価総額ランキング3位に|価格上昇率は2,560%

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

シバイヌ:有名企業が数多く参加するコンテンツデリバリー&セキュリティ協会(CDSA)に参加

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

ユニスワップ「インターフェース手数料」を引き上げ|米SECの訴訟問題が関係か?

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

ビットコインレイヤー2プロジェクトBEVM、1000万ドル融資を達成!完全分散化、EVM交換性を備えたソリューションの実態に迫る

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す