Cardano(ADA)の合計ウォレットアドレス数「400万」を突破

by BITTIMES   

カルダノ(Cardano/ADA)の合計ウォレットアドレス数が400万を突破したことが明らかになりました。

「Cardano Blockchain Insights」に掲載されているデータによると、2023年3月30日時点のCardanoウォレット数は「4,015,575」で、過去1ヶ月間で50,000以上の新規アドレスが作成されていると報告されています。

Cardanoウォレット、1ヶ月間で5万以上増加

カルダノ(Cardano/ADA)のブロックチェーンを基盤とした暗号資産を保管・管理するために使用される仮想通貨ウォレットの合計アドレス数が400万を突破したことが明らかになりました。

Cardanoブロックチェーンに関連する様々なデータを配信している「Cardano Blockchain Insights」に記載されているデータによると、2023年3月30日時点におけるCardanoウォレットアドレス数は合計4,015,575とされており、1,276,138のウォレットアドレスが委任ステーキングに参加していると報告されています。

同サイトのデータによると、2023年3月1日時点のCardanoウォレットアドレス数は「3,962,583」とされているため、Cardanoウォレットアドレス数はこの1ヶ月間で50,000以上増加したことになります。

「2023年3月1日時点のCardanoウォレット数:画像左」と「2023年3月30日時点のCardanoウォレット数:画像右」(画像:Cardano Blockchain Insights)「2023年3月1日時点のCardanoウォレット数:画像左」と「2023年3月30日時点のCardanoウォレット数:画像右」(画像:Cardano Blockchain Insights)

Cardanoウォレットアドレス数は2023年1月末時点でも1ヶ月間で50,000ほど増加していたため、「2023年春には合計ウォレット数が400万に到達する可能性がある」と期待されていましたが、4月に入る前の段階でウォレット数が400万に到達することとなりました。

ここ最近ではCardanoブロックチェーンを基盤としたアプリケーションやサービスの数も順調に増えており、クジラと呼ばれるADA大量保有者の取引も活発化、カルダノ基盤NFTを売買できるNFTマーケット「JPG Store」では多言語対応なども行われていたため、そのような複数の要因などによってウォレット数も増加した可能性があると考えられます。

なお「Cardano Blockchain Insights」によると、Cardanoウォレット数は1日あたり1,000〜3,000程度増加しているとのことで、多い日には5,000近くの新規ウォレットが作成されているとも報告されています。

Cardanoブロックチェーンを基盤としたサービスは徐々に増えてきていますが、現時点では開発段階のものも多く、2023年11月には毎年開催されているカルダノ関連の大型グローバルイベント『Cardano Summit 2023』の開催も控えているため、今後のアプリ・サービスリリースやイベント開催などによって、Cardanoウォレットアドレス数はさらに増加していく可能性があると予想されます。

>>「Cardano Blockchain Insights」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

Block社のBTC事業部門TBD:Lightning Network関連の新事業「c=」を発表

Block社のBTC事業部門TBD:Lightning Network関連の新事業「c=」を発表

仮想通貨ウォレットの「Ginco」日本セキュリティトークン協会に賛助会員として入会

仮想通貨ウォレットの「Ginco」日本セキュリティトークン協会に賛助会員として入会

バックト:仮想通貨ウォレットアプリ「Bakkt Pay」開発で元Googleの重役を雇用

バックト:仮想通貨ウォレットアプリ「Bakkt Pay」開発で元Googleの重役を雇用

ビットバンク:イーサリアム保有者に対する「ETHF」の付与方針を発表

ビットバンク:イーサリアム保有者に対する「ETHF」の付与方針を発表

米Coinbase「上場検討中の仮想通貨リスト」公開|イーサリアム・ソラナ関連50銘柄

米Coinbase「上場検討中の仮想通貨リスト」公開|イーサリアム・ソラナ関連50銘柄

注目度の高い仮想通貨ニュース

Victoria VR「Apple Vision Pro対応のWeb3メタバース」公開へ|トークン価格は2倍に上昇

Victoria VR「Apple Vision Pro対応のWeb3メタバース」公開へ|トークン価格は2倍に上昇

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

金融庁「暗号資産の税制改正」に関する意見募集開始

金融庁「暗号資産の税制改正」に関する意見募集開始

SHIB決済対応地域がさらに拡大|Apcopayが「CoinPayments」と提携

SHIB決済対応地域がさらに拡大|Apcopayが「CoinPayments」と提携

Nibiru Chain、開発者本位のLayer1ブロックチェーン開発に1,200万ドル調達

Nibiru Chain、開発者本位のLayer1ブロックチェーン開発に1,200万ドル調達

シバイヌ(SHIB)提携のK9 Finance「DAO憲章」を発表|内容の日本語訳も

シバイヌ(SHIB)提携のK9 Finance「DAO憲章」を発表|内容の日本語訳も

Chiliz(CHZ)が「Ramper」と提携|ソーシャルログインでDApps利用などを簡素化

Chiliz(CHZ)が「Ramper」と提携|ソーシャルログインでDApps利用などを簡素化

メタマスク「セキュリティアラート機能」提供開始|アプリ&拡張機能で利用可能

メタマスク「セキュリティアラート機能」提供開始|アプリ&拡張機能で利用可能

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

SHIB提携のK9 Finance「$KNINEトークンのローンチ日」が判明

ビットコインの価格上昇はこのまま続く?「BTC買い」が多い重要なサポートライン

ビットコインの価格上昇はこのまま続く?「BTC買い」が多い重要なサポートライン

Grayscaleの現物ビットコインETF「GBTC」流出額が過去最低水準に

Grayscaleの現物ビットコインETF「GBTC」流出額が過去最低水準に

柴犬(SHIB)の新NFT「Sheboshis」待望のお披露目|販売分は即完売

柴犬(SHIB)の新NFT「Sheboshis」待望のお披露目|販売分は即完売

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す