仮想通貨ウォレット+アクセサリー|Troveとは?

by BITTIMES   

仮想通貨ウォレットをアクセサリーとして身につけることができる新しい商品のデザインが公開されました。Benjamin Hubert(ベンジャミン・ヒューバート)氏のデザインスタジオであるLayer(レイヤー)は、紛失や盗難の心配なく仮想通貨を保管できるデジタルウォレットとアプリシステムである『Trove』を発表しています。

デザインスタジオLayer

Layer(レイヤー)社は、フィンテック(fintech)のスタートアップ企業である『Trove』と協力して、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を安全かつ簡単に保管および管理できるように設計された製品をリリースしました。

Layerの創始者であるBenjamin Hubert(ベンジャミン・ヒューバート)氏は英国の有名な工業デザイナーであり、Nike、BMW、Sumsung(サムスン)、Panasonic(パナソニック)などの大手ブランドと提携しています。

彼らが発表したこのシステムは仮想通貨をオフラインにして保管することで、ハッカーの影響を受けにくくすることができるスマートセキュリティシステムを組み込んでいるため、パスワードを忘れて資産を失うといったトラブルをより少なく抑えることができます。

設計したデザイナーはそれを『unhackable』と『unloseable』と呼んでいます。

Troveのリストバンド

ハードウェアウォレットサービス『Trove』

Troveは、仮想通貨をオフラインで安全に保存できるハードウェアウォレットアプリケーションを提供します。
Troveは、Coin、Keep、Safe、Troveアプリの4つの部分で構成されています。

Coin

Coin

『Coin』は着用可能な小さなデバイスです。
財布やポーチのように毎日の支払いで利用する通貨を保管することができます。

その幅はちょうど2センチほどに設計されており、ポケットやバックに入れて簡単に持ち歩くことができるのもちろんのこと、アクセサリー感覚で身に着けることもできます。

現在のプロトタイプ段階では、内蔵の心電図(ECG)センサーが付属しているため、バイオメトリックでのみ開くことができます。これは、デバイスの正面にあるコンタクトゾーンに対して数秒間スキンを押してロックを解除する必要があることを意味します。

これらシステムはこの『Coin』を中心としています。

ECGセンサーは指紋や虹彩の検出と同様にユーザーの心拍パターンを認識し、それを検証モードとして使用します。これにより、TroveアプリとのBluetooth接続が有効になり、その中に含まれるデータや資金にアクセスすることができます。

この機能は静的な暗号化キー(複雑なパスワードまたはピン番号)を使用したアクセスを提供する一般的な仮想通貨ウォレットとは大きく異なります。

Layerはこれらの製品の利点について次のように説明しています。

「研究者たちはビットコイン全体の35%が回復不可能なパスワードのために失われていると推測しています。」

「ビットコインのセキュリティは資金の移動を可能にする複雑な秘密鍵に基づいているため、秘密鍵が失われると失われたコインを回収することは非常に不可能です」

「このシステムは、複雑なパスワード回復システムを必要とする既存のシステムや、独自の暗号化ハッシュの複数のページを印刷する必要があるシステムよりもはるかに簡単です」

『Coin』は黒色にエアレーションされたアルミニウムと銀の陽極酸化アルミニウムの2種類の素材で構成されており、リストバンド、ネックレス、ブローチといった3種類のアクセサリーに磁気的に取り付けることができるカスタマイズ可能なオプションが豊富に用意されています。

Troveのネックレス

リストバンドは様々なKvadratテキスタイルが付属しており、ネックレスにはテラゾ、アクリル、セラミックなどの素材があります。

Layerは「Trove Coinはユーザーの個人的なスタイルに合わせて設計されている」と述べており、「Coinをファッションアクセサリーとして公開したり、より慎重に着用することができる」と説明しています。

Keep

Keep画像

『Keep』は誘導的にCoinを充電するために使用されるコンテナです
『Keep』と『Safe』はどちらも『Coin』とともに使用するように設計されています。

Keepは火山岩とポリカーボネイトで作られたコンテナであり、USB-Cポートによって駆動し『Coin』を誘導的に充電するために使用されます。

Safe

一方『Safe』はECG検証によって保護された「個人向けのホームバンク」として機能し、利用するユーザーは自宅で仮想通貨を安全に保管することができます。

「Coinは毎日の使用のために通貨を保管していますが、Safeは自宅で分散した個人的な富を保有できます。」

Troveアプリケーション

Troveアプリケーション

Troveアプリケーションはシステム全体のインターフェースを提供します。
このアプリケーションは、ユーザーが自分の『Coin』を見つけるのをサポートする追跡機能を備えています。

ユーザーは自分の支出履歴を把握し、時間の経過とともに通貨の価値がどのように変化するかを監視し、さまざまな仮想通貨のパフォーマンスを比較することもできます。

このアプリは人工知能(AI)の財務アドバイザーだけでなく、いつどこにいるのかをユーザーに正確に知らせるためのトラッキング機能も備えています。

Benjamin Hubertは、より人間中心のプロジェクトへの移行の一環として、2015年に彼のスタジオをLayer backとして改名しました。

このチームは今までにも『電子機器を無線で充電するセラミックトレイ』や『カーボンフットプリントを追跡するリストバンド』など、数多くのハイテク製品に取り組んできました。

マイクロチップで保管する方法も

仮想通貨ウォレットの種類は近年非常に増えており、カードタイプのものや今回紹介したアクセサリータイプのものまで様々です。

これまでの物理的なウォレットはハードウェア自体を紛失してしまう可能性がありましたが、Troveは追跡機能も備えているため安心できます。

しかし磁気的に固定された状態でアクセサリーとして持ち歩いた場合、ふとした瞬間に外れてしまうのが不安だという方もいるでしょう。

そういった方向けの商品の一つとして『マイクロチップ型のウォレット』があります。
キャッシュレス化に向けた取り組みが盛んなスウェーデンなどでは早い段階から導入が始まっているこのマイクロチップは、2mm×12mmのガラス製で米粒ほどの大きさとなっており、筋肉組織と皮膚組織の間にNFC(近接場通信)チップを注入する方法を採用しているため、紛失する心配はほぼ皆無です。

法整備などが整っていないことなどから、現時点では具体的な店舗名は明らかにできないとのことですが、日本でも実際にこのマイクロチップを入れてくれるお店も出てきているので、興味のある方はこちらも調べてみてはいかがでしょうか。

(引用:dezeen.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

デジタル人民元のウォレットアプリで「大規模テスト」開始:中国国営商業銀行

デジタル人民元のウォレットアプリで「大規模テスト」開始:中国国営商業銀行

Atomic Wallet:不正アクセスで一部ユーザーの暗号資産流出か

Atomic Wallet:不正アクセスで一部ユーザーの暗号資産流出か

原因不明の暗号資産流出「MetaMask固有の問題ではない」今できる対策は?

原因不明の暗号資産流出「MetaMask固有の問題ではない」今できる対策は?

ビットバンクがスマホ向けアプリ提供開始|キャンペーンも開催中

ビットバンクがスマホ向けアプリ提供開始|キャンペーンも開催中

ウォレットではない?XRP銀行口座アプリ「Xumm」開発:XRPL Labs

ウォレットではない?XRP銀行口座アプリ「Xumm」開発:XRPL Labs

仮想通貨関連機能搭載「Opera Crypto Browser(iOS版)」公開|日本居住者も利用可能

仮想通貨関連機能搭載「Opera Crypto Browser(iOS版)」公開|日本居住者も利用可能

注目度の高い仮想通貨ニュース

2024年に最前線を走るミームコインプロジェクト:ミームネーター、ドージコイン、ボンク

2024年に最前線を走るミームコインプロジェクト:ミームネーター、ドージコイン、ボンク

ステラ(Stellar/XLM)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ステラ(Stellar/XLM)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

これからはビットコインの時代?「金からの移行が進行中」ARK CEO キャシー・ウッド氏

これからはビットコインの時代?「金からの移行が進行中」ARK CEO キャシー・ウッド氏

OKCoinJapan:アプトス(Aptos/APT)取扱いへ【国内初上場】

OKCoinJapan:アプトス(Aptos/APT)取扱いへ【国内初上場】

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

柴犬のバーン運動はコミュニティでも「Shib Dream NFT」が合計10億SHIBを焼却処分

柴犬のバーン運動はコミュニティでも「Shib Dream NFT」が合計10億SHIBを焼却処分

仮想通貨決済のSlash「Mantle Network」と提携|SVLエコシステムの移行も発表

仮想通貨決済のSlash「Mantle Network」と提携|SVLエコシステムの移行も発表

ソラナのWeb3スマホ「Chapter2」先行販売の特典・報酬が判明

ソラナのWeb3スマホ「Chapter2」先行販売の特典・報酬が判明

エコフレンドリーで新しいDePIN仮想通貨eTukTuk、気候変動への対策とマルチチェーンの採用で100万ドルの調達に成功

エコフレンドリーで新しいDePIN仮想通貨eTukTuk、気候変動への対策とマルチチェーンの採用で100万ドルの調達に成功

2024年、LinkedIn注目の仮想通貨プレセール「ミームネーター」

2024年、LinkedIn注目の仮想通貨プレセール「ミームネーター」

メタマスク:仮想通貨購入方法をさらに拡充「Robinhood」と提携

メタマスク:仮想通貨購入方法をさらに拡充「Robinhood」と提携

The Wolf Of All Streets「ビットコイン価格は240,000ドルになる」と予想

The Wolf Of All Streets「ビットコイン価格は240,000ドルになる」と予想

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す