ZenCash(ZEN)に51%攻撃|価格の下落が続く

by BITTIMES

仮想通貨ZenCash(ZEN)は、6月3日に51%攻撃を受けたことにより価格の下落が継続しています。公式の発表ではユーザーに対して資産をコールドウォレットなどに移動することなどが推奨されています。

ZenCash(ZEN)に『51%攻撃』

ZenCash(ZEN)は日本時間6月3日午前11:43頃に『51%攻撃』を受けたことを公式ブログで発表しました。

『51%攻撃』とは、不正な取引を目的した悪意あるユーザーが過半数以上のマイニング(採掘)計算能力を保持することで、ブロックチェーンのネットワークを乗っ取る行為のことです。

攻撃を受けたZenCash(ZEN)は迅速に対応し、即座に事態を調査し51%攻撃を受けていることを確認すると同時に、二重払いを最小限にとどめるため、各取引所にZENの承認時間を延ばすように依頼しています。

しかし対策が取られたときには、二重払いがすでに2度行われていたことが発覚しています。
ハッカーは19,000ZENを不正な操作によって使いまわすことで、日本円で約6,140万円に相当するの価値を得たとみられています。

価格への影響

51%攻撃を受けた時のZENのチャート51%攻撃を受けた時のZENのチャート(coingecko.comから)

この攻撃によってZenCash(ZEN)の価格にも大きな影響が出ています。

6月2日には3,500円近くで取引されていたZENは攻撃直後には約3000円にまで値下がりし、攻撃が落ち着いきつつある現在も下落を続けており、その価格は2,300円近くまで下がっています。

現状とユーザーに必要な対策

ZenCashチームは公式ブログで、必要な対策ととったことで別の攻撃が起こる可能性は極めて低いことを報告しています。

これと同時に取引所の一般的なセキュリティについて特に懸念がある場合は、直接取引所にお問い合わせるようにも呼びかけています。この他にもLedger Nano Sやペーパーウォレットなどで資金を保管することも推奨されています。

現在は被害を受けた取引所の協力を得てハッカーの特定や事態の分析に尽力しており、引き続きネットワークの監視を強化すると報告されており、調査結果がわかり次第しかるべき機関に報告すると発表しています。

ゼンキャッシュ(ZenCash/ZEN)とは?

ゼンキャッシュ(ZenCash/ZEN)は、2017年3月9日に公開されたブロックチェーンの技術によって得られる安全性と匿名性を、日常的な情報管理にも応用することを目指し、ジークラシック(ZClassic/ZCL)からハードフォークした仮想通貨です。

ZenCash Treasuryファンドの資金は非営利団体である「Zen Blockchain Foundation」によって管理され、システム開発や維持に利用されています。

ZenCashは、ブロックチェーンで管理することによってメタデータを漏洩の危険から守りながらプライベートな通信が行える他、分散ノードとセキュアノードによって追跡不可能な方法で通信を中継し、匿名での通信を世界中で利用することができます。

またブロックチェーン上で1対多数でのプライベートな通信も可能となっており、この機能によってプライバシーを保護しながら個人の価値を世界中に広めることができるという特徴も備えています。

ZenCashの開発チームは、次世代型メディアである『zencashpub』や次世代型ネットワークシステムである『zencashhide』の開発にも取り組んでいます。まだ具体的なスケジュールは発表されていないものの、これらの事業からは情報伝達の形としてブロックチェーン技術を積極的に活用していく姿勢が見られます。

今回の攻撃には迅速な対応を行なっているものの大きな打撃を受けたことは間違いないため、zenpubやzenhideなどの事業が今後どれくらい本格化できるかに注目が集まります。

ZenCash(ZEN)は仮想通貨取引所Binanceなどで取引されています。

仮想通貨取引所Binanceの登録はこちら仮想通貨取引所Binanceこちら

(引用:zencash.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

韓国の仮想通貨取引所が北朝鮮からハッキングを受けていた事が判明

韓国の仮想通貨取引所が北朝鮮からハッキングを受けていた事が判明

BINANCE:ライトコインの「先物取引」提供へ|対応仮想通貨の拡大続く

BINANCE:ライトコインの「先物取引」提供へ|対応仮想通貨の拡大続く

ブロックチェーンで「性的暴行・DV」の被害者を支援:Smashboard

ブロックチェーンで「性的暴行・DV」の被害者を支援:Smashboard

Bittrexが米国の制裁対象国の住民をブロック

Bittrexが米国の制裁対象国の住民をブロック

日本初の「Libra協会」参加なるか|マネックスグループが加盟申請

日本初の「Libra協会」参加なるか|マネックスグループが加盟申請

Bitcoin.com:新たな「仮想通貨取引所」を発表|ロジャー・バー氏はCEOから会長に

Bitcoin.com:新たな「仮想通貨取引所」を発表|ロジャー・バー氏はCEOから会長に

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

ビットコインボルト(BTCV)は詐欺なのか?「評判・口コミ」を徹底分析

ビットコインボルト(BTCV)は詐欺なのか?「評判・口コミ」を徹底分析

日本暗号資産取引業協会:取引所の統計情報「2018年9月〜2020年2月版」を公開

日本暗号資産取引業協会:取引所の統計情報「2018年9月〜2020年2月版」を公開

高性能ブロックチェーンmiyabiの「プレイグラウンド」公開:bitFlyer Blockchain

高性能ブロックチェーンmiyabiの「プレイグラウンド」公開:bitFlyer Blockchain

暗号資産取引所の安全性を評価する「サイバーセキュリティ・スコア」導入:CoinGecko

暗号資産取引所の安全性を評価する「サイバーセキュリティ・スコア」導入:CoinGecko

PundiXの暗号資産決済対応POSレジ端末「日本のAmazon」で販売受付開始

PundiXの暗号資産決済対応POSレジ端末「日本のAmazon」で販売受付開始

ビットコイン「大幅な価格変動」は近い?著名アナリストが語る上昇・下落予想

ビットコイン「大幅な価格変動」は近い?著名アナリストが語る上昇・下落予想

Omiseなど運営の「SYNQA」トヨタ・三井住友銀行などから85億円の資金調達

Omiseなど運営の「SYNQA」トヨタ・三井住友銀行などから85億円の資金調達

BINANCE:VISAカード用いた暗号資産購入「世界180ヵ国以上」で利用可能に

BINANCE:VISAカード用いた暗号資産購入「世界180ヵ国以上」で利用可能に

暗号資産6銘柄で「10〜100倍の価格上昇」を予想:分析企業Blockfyre共同創設者

暗号資産6銘柄で「10〜100倍の価格上昇」を予想:分析企業Blockfyre共同創設者

ビットバンク「取引手数料ゼロキャンペーン」開催へ|複数の通貨ペアで無料化

ビットバンク「取引手数料ゼロキャンペーン」開催へ|複数の通貨ペアで無料化

大手暗号資産データサイトで報酬ポイント「Candy」が収集可能に【CoinGecko】

大手暗号資産データサイトで報酬ポイント「Candy」が収集可能に【CoinGecko】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す