ビットコイン取引手数料「ブロック報酬を上回る」ネットワーク混雑でBINANCEは出金停止

by BITTIMES   

ネットワーク混雑でBTCの出金一時停止

ビットコイン(BTC)のネットワークが混雑していることによって、暗号資産取引所で「ビットコイン出金の一時停止」などの措置が取られています。

BINANCE(バイナンス)は2023年5月8日の午前0時頃に"ビットコインネットワークの混雑"を理由にBTCの出金を一時停止しました。

その後は約1時間ほどで「BTC出金が再開されたこと」が発表されていましたが、本日8日の午前10時頃には再び「BTCの出金停止」が発表されています。

今回のBTC出金停止の理由としては「保留中のトランザクションが大量に残されていること」が挙げられており、「出金はできるだけ早く再開される予定で、資産は安全である」とも説明されています。

保留中のトランザクションが大量にあるため、BTCの出金を一時的に停止しました。

現在は当社チームが修正に取り組んでいます。できるだけ早くBTCの出金を再開する予定です。

ご安心ください、資金は安全です。

(追記:2023年5月8日12:55)
BINANCEは2023年5月8日12:49に「BTCの出金を再開したこと」を発表しました。

BTCの出金は現在Binanceで再開されています。

保留中のトランザクションは、より高い取引手数料に置き換えて処理されています。

これらの保留中のトランザクションがすべて処理されたら、またアップデートを掲載します。

BTC取引手数料がブロック報酬を上回る

「mempool.space」のデータによると、ビットコインでは現在480,000以上のトランザクションが未承認状態になっているとのことで、これは2018年と2021年の強気相場の時よりも多い状態であるとも報告されています。

(画像:mempool.space)(画像:mempool.space

また、ビットコインをオンチェーンで送金する際に支払う必要があるトランザクション手数料も高騰していることが報告されていて、本日8日には「歴史上初めて、ビットコインの取引手数料がブロック報酬を上回った」とも報告されています。

速報:ビットコインのブロック788695にブロック報酬を上回る取引手数料が含まれていました。

6.7 BTCの取引手数料+6.25 BTCのブロック報酬

これは、ブロックスペースの需要が非常に高いためで、歴史上初めてのことです。

ビットコインネットワーク混雑の理由は?

ビットコインのネットワークが混雑している理由としては、イーサリアムのERC-20をモデルにしたビットコインブロックチェーン上の実験的なトークン規格である「Bitcoin Request for Comment(BRC-20)」関連のトランザクションが急増したことが関係していると見られています。

Bitcoin Request for Comment(BRC-20)は、NFTや代替可能トークンをビットコインブロックチェーン上で発行・転送できるようにすることを目的として、オンチェーンアナリストDomo氏によって2023年3月上旬に作成されたものです。

これは「Ordinals(オーディナル)」と呼ばれるプロトコルが公開された数週間後に発明されたものであり、最近では「pepe・ordi・punk」などといった複数のBRC-20トークンが注目を集めていました。

仮想通貨業界では新たなミームコイン「PEPE」などの登場によって、他ネットワークでも手数料が高騰していることが報告されており、今後は本格的な強気相場が始まるとも予想されているため、今後もネットワークの混雑や手数料の高騰が続く可能性があると予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bakkt:ビットコインの「現金決済先物」と「オプション取引」を正式リリース

Bakkt:ビットコインの「現金決済先物」と「オプション取引」を正式リリース

coinbook「暗号資産OTC取引サービス」提供開始|BTC・ETHを取扱い

coinbook「暗号資産OTC取引サービス」提供開始|BTC・ETHを取扱い

Chiliz&Socios:ロシア初「FC Spartak Moscow」と提携|$FCSMファントークン発行へ

Chiliz&Socios:ロシア初「FC Spartak Moscow」と提携|$FCSMファントークン発行へ

SolanaのDEXアグリゲーター「Jupiter」JUPトークンのエアドロップ実施へ

SolanaのDEXアグリゲーター「Jupiter」JUPトークンのエアドロップ実施へ

Nexus:ビットコイン派生プロジェクトに応用できる「スマートコントラクト機能」を開発

Nexus:ビットコイン派生プロジェクトに応用できる「スマートコントラクト機能」を開発

金融庁「暗号資産の税制改正」に関する意見募集開始

金融庁「暗号資産の税制改正」に関する意見募集開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

急成長が期待されるPoodl Inu、プレセールでは140万ドルの資金調達

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:アプトス(APT)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

SHIBで話題のP2Eゲーム「Shiba Eternity」ベータ版公開は近い?

SHIBで話題のP2Eゲーム「Shiba Eternity」ベータ版公開は近い?

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

dHealth Networkが「COSMOS」に移行|DHPのブリッジ・移行・ステーキング方法をわかりやすく解説

dHealth Networkが「COSMOS」に移行|DHPのブリッジ・移行・ステーキング方法をわかりやすく解説

BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

BCG大手MOBOX:3月29日「$MDBLのフェア・ローンチ」開始予定!

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

OKCoinJapan:最大年率6.28%「Aptos(APT)のステーキングサービス」提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す