ビットトレックス、米国で破産申請「Bittrex Globalには影響しない」とも説明

by BITTIMES

Bittrex(ビットトレックス)は2023年5月8日に、米国向けの暗号資産取引所である「Bittrex US」が米連邦破産法11条(チャプターイレブン)の申請を行うことを決定したと発表しました。

同社は2023年4月1日に、米国の仮想通貨規制状況などを理由として「米国居住者向けのサービスを2023年4月30日に終了する」と発表していましたが、その後17日には米国証券取引委員会(SEC)がBittrexと同社の共同創設者を起訴していました。

Bittrexの発表によると、今回の破産申請は「米国での事業停止に向けた取り組みの一環」であるとのことで、「この発表はBittrex Globalに影響を与えるものではなく、米国外の顧客に対しては通常通りサービス提供業務を継続する」とも説明されています。

以前に発表され、Bittrex USの声明でも説明されている通り、今回の手続きは「Bittrex Global」に影響を及ぼすものではありません。お客様の資産が安全であり、当社のサービスは通常通り継続されますので、安心してご利用いただけます。

また、4月末のサービス終了時点で「Bittrex US」から資産を引き出していないユーザーの資産も安全に保管されているとのことで、「顧客の救済」を優先事項にしているとも説明されています。

Bittrex USに残された資産の請求・分配方法については、最終的に破産裁判所が決定することになるものの、Bittrexは『必要な規制要件を満たすユーザーができるだけ早く口座にアクセスして資金を出金できるよう、裁判所に依頼する予定』とコメントしています。

デラウェア州連邦破産裁判所に提出された書類によると、今回の破産の対象となるのは以下4つの事業体で、資産は推定約5億~10億ドル(675億円~1,351億円)、負債の額も推定5億~10億ドルで、債権者は10万人以上存在するとも報告されています。

  • Desolation Holdings LLC
  • Bittrex, Inc.
  • Bittrex Malta Holdings Ltd.
  • Bittrex Malta Ltd.

なお、米SECは以前の発表時に「Bittrex GlobalもBittrexと共有された1つのオーダーブックで運営を行なっていたため、米国で必要な登録作業を行う必要があった」と指摘していましたが、Bittrexは「Bittrex GlobalとBittrex USは法的にも運営的にも別の存在である」と反論しています。

Bittrex公式発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE「インスクリプション・マーケットプレイス」公開|BRC-20などの売買・発行が可能に

BINANCE「インスクリプション・マーケットプレイス」公開|BRC-20などの売買・発行が可能に

イーサリアムの大型アップデート「イスタンブール」実装予定日が決定

イーサリアムの大型アップデート「イスタンブール」実装予定日が決定

仮想通貨が稼げる「スペースインベーダーのアーケードゲーム」を設置:英Pixel Bar

仮想通貨が稼げる「スペースインベーダーのアーケードゲーム」を設置:英Pixel Bar

BINANCE CEO:ビットコイン価格はもうすぐ「170万円」を超えると予想

BINANCE CEO:ビットコイン価格はもうすぐ「170万円」を超えると予想

コインチェックの仮想通貨交換事業社登録が遅れている理由

コインチェックの仮想通貨交換事業社登録が遅れている理由

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

ビットトレード:ソーラー(Solar/SXP)取扱いへ【国内初上場】

MEWが価格調整を始め、スポットライトはSlothanaへ!

MEWが価格調整を始め、スポットライトはSlothanaへ!

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

シバイヌ(SHIB)「CDSA参加の重要性と影響」主任開発者Shytoshi Kusama氏が説明

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

GMOコイン:レバレッジ取引で「6銘柄」サポート|手数料無料キャンペーンも開催

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットボットとCrypto.ComのCRO:2024年の成長に注目が集まる銘柄?

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

2025年までにビットボットのトークンが、新たなAI技術で飛躍する可能性

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す