Huobiが新会社『HBUS』を通じて米国に進出

by BITTIMES   

Huobi(フォビ)が、『HBUS』と呼ばれる新会社を通じて米国で新しい仮想通貨市場を立ち上げることが明らかになりました。

Huobiの米国独占的戦略的パートナー

米国に新たに設立されることになったプラットフォームは、サンフランシスコに本拠を置く『HBUS』という会社を経由します。

HBUSは今週公開されたMediumの記事で、彼らがHuobiの系列会社ではなく『Huobiの米国独占的戦略的パートナー』であることを強調していましたが、その記事は現在削除されています。

『HBUS』はHuobiの"一派"、"子会社"、"部門"またはあらゆる種類の"系列"ではありません。またHBUSは「Huobi US」ではなく、その変形でもありません。HBUSは『Huobiの米国独占的戦略的パートナー』です。

同社は「ユーザーフレンドリーなインターフェースと多くの仮想通貨を採用しているため、顧客にとって魅力的なものになるだろう」と述べています。

今後の予定

プレスリリースによると、HBUSはブロックチェーンプロジェクトとのパートナーシップを模索するとともに、新規顧客に割引や賞品を提供するサービスを展開し、積極的に事業を拡大する予定となっています。

公式ウェブサイトによると、HBUSは6月10~14日の間に登録したすべてのユーザーに30日間の無償取引を提供しており、1,000ドル(約11万円)以上の預金を持つ顧客のためのビットコインギフトコンテストなども行なうことなども発表されています。

また、この新会社は新しいオフィスで60人を雇用したいと考えているとも報じられており、リクルーターの募集も行われています。

米国の仮想通貨取引所は規制当局の監督下に入ることが強く要請されているため、HBUSは『全ての従業員がマネーロンダリング防止(AML)とテロ資金供与対策(KYC)の『教育』を受けており、それについての『試験に合格する必要』があると強調しています。

公式の取引は6月15日に開始を予定していますが、需要が非常に大きいために立ち上げが延期される可能性もあるとのことで、ニュースレターやテレグラムのチャンネルに登録することで登録開始時に通知を受け取ることができると説明されています。

自律分散型組織(DAO)を目指す

シンガポールに本社を構えるHuobiはここ最近で積極的に事業を拡大しています。
今年1月にはサンフランシスコにオフィスを開く計画を明らかにしており、4月には韓国とロンドン、5月にはカナダやブラジルへの進出を発表しています。

以前は北京に拠点を置いていたHuobiはグローバルに事業を拡大していることなどを理由に6月6日には新たな計画を発表しました。

同社は徐々に事業を分散型プラットフォームに移行させ、スマートコントラクトを使用して自動化することで、ブロックチェーンベースの自律分散型組織(DAO)の夢を実現することを目指していることを明らかにしており、『Huobi Chain Project(HCP)』と『Huobi Chain Superhero Championship Program(HCSCP)』の立ち上げを予定しています。

Huobi Token(HT)の価格は?

Huobi Token(HT)の価格推移(coingecko.comから)Huobi Token(HT)の価格推移(coingecko.comから)

Huobi(フォビ)が発行している仮想通貨Huobi Token(HT)の価格は現在も順調に上昇を続けています。

『系列会社ではない』とされてはいるものの、HBUSのサービスが開始されればHuobiのサービスやトークンもさらに需要が高まることが予想されます。

短期間で続々と発表の続くHuobiグループには今後も注目です。

世界中で急速に拠点を拡大している仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちらからどうぞ

仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら仮想通貨取引所Huobi.proの登録はこちら

Huobi.proの登録方法や利用までの手順はこちら

(引用:hbus.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2020年、イーサリアム時価総額は「ビットコイン」を超える:著名投資家Ian Balina

2020年、イーサリアム時価総額は「ビットコイン」を超える:著名投資家Ian Balina

仮想通貨取引所BINANCE「新型コロナウイルス被害者支援」で医療品などを寄付

仮想通貨取引所BINANCE「新型コロナウイルス被害者支援」で医療品などを寄付

ビットゲート:仮想通貨の「レバレッジ取引」サービス終了へ

ビットゲート:仮想通貨の「レバレッジ取引」サービス終了へ

ビットフライヤー「ポルカドット(DOT)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

ビットフライヤー「ポルカドット(DOT)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

Bakkt「香港・英国・EUへの事業拡大」も視野|仮想通貨規制を重要視

Bakkt「香港・英国・EUへの事業拡大」も視野|仮想通貨規制を重要視

ビットポイント「紹介プログラム」提供へ|招待者・登録者の両方にプレゼント

ビットポイント「紹介プログラム」提供へ|招待者・登録者の両方にプレゼント

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットボットのプレセール、開始わずか3週間で45万ドルを調達

ビットボットのプレセール、開始わずか3週間で45万ドルを調達

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

2024年2月:成長が期待されている仮想通貨|ムーンショットトークンのビットボットとソラナ

ビットコイン「円建て過去最高値更新&時価総額1兆ドル突破」現物ETFも好調

ビットコイン「円建て過去最高値更新&時価総額1兆ドル突破」現物ETFも好調

1%の資産割当がビットコイン価格を「120,000ドル」に=ARKレポート

1%の資産割当がビットコイン価格を「120,000ドル」に=ARKレポート

SHIB決済対応地域がさらに拡大|Apcopayが「CoinPayments」と提携

SHIB決済対応地域がさらに拡大|Apcopayが「CoinPayments」と提携

イーサリアムL2のStarknet「STRKトークンの無料配布」実施へ|対象者・条件・請求開始日

イーサリアムL2のStarknet「STRKトークンの無料配布」実施へ|対象者・条件・請求開始日

2024年高まる強気相場の熱:ミームネーターが大きく飛躍する?

2024年高まる強気相場の熱:ミームネーターが大きく飛躍する?

日本の投資家とミームネーター:2024年、仮想通貨ブームの波に乗れるか?

日本の投資家とミームネーター:2024年、仮想通貨ブームの波に乗れるか?

ビットコイン「高値でも永遠に買い続ける」マイクロストラテジー創業者

ビットコイン「高値でも永遠に買い続ける」マイクロストラテジー創業者

パリ・サンジェルマンFC「Chiliz」の公式バリデータに【スポーツクラブ初】

パリ・サンジェルマンFC「Chiliz」の公式バリデータに【スポーツクラブ初】

韓国ゲーム大手、Oasys基盤のレイヤー2「XPLA Verse」展開へ|OASは過去最高値を更新

韓国ゲーム大手、Oasys基盤のレイヤー2「XPLA Verse」展開へ|OASは過去最高値を更新

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

SHIB決済対応店舗なども記載「The Shib:13」に掲載された注目の話題

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す