リップル裁判「米SECが控訴しても大きな影響はない」著名弁護士が説明

by BITTIMES   

「SECが控訴しても影響はない」と説明

BTCETHXRPなどの仮想通貨を支持している著名弁護士のジョン・ディートン氏は2023年7月23日に、米証券取引委員会(SEC)とリップル社の裁判についてコメントし、「地方裁判所で下された判決は非常に重要なもので、米SECが控訴したとしてもXRPの後退にはならない」との考えを語りました。

リップル裁判では今月13日に地方裁判所のトーレス判事が「XRPの一般販売などは証券販売に該当しないが、機関投資家への販売は未登録証券の販売に該当する」との判決を下しましたが、最近では米SECが控訴の可能性を示唆したことが報告されていました。

米SECが控訴の可能性を示唆したことを受けて、仮想通貨業界では「SECが控訴した場合には仮想通貨市場に悪影響が出る可能性がある」と懸念する声が出ていましたが、ジョン・ディートン氏は「SECが控訴しても大きな影響はない」との見解を示しています。

今回のリップル裁判の判決が重要である理由

ジョン・ディートン氏は最初に「控訴されたとしても控訴審の判決が出るまでには約2年かかり、それまでの間は前回の判決が尊重されることになる」と説明しています。

また「控訴裁判所で"前回の判決の根拠となったハウィーテストの第3要件の適用方法が誤っていた"との判断が下されたとしても、それは一般向けのXRP販売(取引所での販売)についてSECが勝利したことにはならない」とも説明されています。

さらに同氏は「控訴裁判所が前回の判決に異議を唱えたとしても、トーレス判事は他2つの要素を適用して引き続きリップル社に有利な判決を下す可能性がある」とも述べており、控訴審でも同様の判決が下される可能性が高いとの見解を示しています。

このように語るジョン・ディートン氏は前回の判決の重要性を強調して「今回の勝利がXRP・XRP保有者・リップルにとってどれほど重要であるかを過小評価してはならない」と語っています。

>>リップル関連の最新記事はこちら

ジョン・ディートン氏ツイート

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bitstamp:SHIB・GALAなど「仮想通貨4銘柄」の取扱い開始

Bitstamp:SHIB・GALAなど「仮想通貨4銘柄」の取扱い開始

MicroStrategy「ビットコイン16億円相当」を追加購入|強気姿勢を維持

MicroStrategy「ビットコイン16億円相当」を追加購入|強気姿勢を維持

TRON:ステーブルコイン貸出プラットフォーム「JUST」立ち上げ

TRON:ステーブルコイン貸出プラットフォーム「JUST」立ち上げ

シバイヌ(SHIB)新たなL2ネットワーク「Shibarium」の概要を発表

シバイヌ(SHIB)新たなL2ネットワーク「Shibarium」の概要を発表

ウサイン・ボルト氏:Move to Earnアプリ「Step App」の公式アンバサダーに

ウサイン・ボルト氏:Move to Earnアプリ「Step App」の公式アンバサダーに

OLB Group:決済基盤で「仮想通貨決済」に対応|8,500店以上でBTCなどが利用可能に

OLB Group:決済基盤で「仮想通貨決済」に対応|8,500店以上でBTCなどが利用可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

ミームネーターのプレセールがトークンの96%以上を販売|最終段階に突入

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

Web3対応の携帯ゲーム機「SuiPlay0X1」登場|パソコン・スマホ両方のゲームに対応

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ジャスミー(JMY)「2024年のロードマップ」公開

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ミームネータープレセールの資金調達額が685万ドルを突破、締め切り迫る

ミームネータープレセールの資金調達額が685万ドルを突破、締め切り迫る

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

$SHEB(SHEboshis)Web3求人サービス「LaborX」が決済手段として採用

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す