シバイヌ:1週間で約5億7,000万SHIBをバーン「Robinhood大量保有」の報告も

by BITTIMES   

バーンレートは71.91%上昇

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)の供給量を減らす「SHIBバーン」の取り組みで、先週の週間バーンレートが71.91%上昇し、1週間で約5億7,000万枚のSHIBトークンがバーンされたことが明らかになりました。

バーン(Burn/焼却)とは、市場で流通している発行済みの暗号資産を"誰も利用できないウォレット"へと送金することによって利用不可能にし、その暗号資産の供給量を減らす行為のことを指します。

多くの仮想通貨は総発行枚数が限られているため、バーンを実施して市場で流通するトークンの枚数が減少すると、トークン1枚あたりの希少価値が高まり、価格上昇に繋がると期待されています(※実際の価格への影響は需要と供給のバランスに基づきます)。

仮想通貨SHIBのバーンに関する情報を毎日発信しているShibburn(@shibburn)の報告では、先々週の合計バーン枚数は「338,915,708枚」とされていましたが、17日に報告された先週のバーン枚数は「570,455,129枚」とされています。

過去7日間で110件のトランザクションが行われ、合計570,455,129枚のSHIBトークンがバーンされました。

SHIBは「最大供給量が約1,000兆SHIB」と供給量が非常に多い暗号資産であるため、通貨1枚あたりの価格が0.001円と安くなっていますが、SHIBのバーンが進んで実際に利用できるSHIBの枚数が減少すれば、SHIBの価格も上昇する可能性があるため、バーン関連の取り組みは以前から注目されています。

実際にバーンで価格が上昇するためには「供給量の削減」に加えて「需要の増加」が必要となりますが、SHIBは日本国内の暗号資産取引所を含む世界中の様々な取引所に上場しており、「Shibarium」などのプロジェクト展開も順調に進められているため、一連の取り組みによって需要も高まっていくと期待されています。

◆2023年9月18日時点におけるSHIBの総燃焼量・総供給量・循環供給量

最大供給量999,983,368,984,689 SHIB
総燃焼量410,659,210,220,393 SHIB
総供給量589,340,789,779,606 SHIB
循環供給量579,599,204,140,​​222 SHIB

Robinhoodは「8,770億SHIB」を追加

別の報告では人気の投資アプリ「Robinhood」が2023年8月31日〜2023年9月13日までの期間に8,770億枚のSHIBを保有暗号資産に追加したということも報告されています。

Robinhood(ロビンフッド)に関しては先月末の報道で「世界第3位のBTCクジラはロビンフッドだった」ということも報じられていましたが、同社が保有する暗号資産の中で特に保有量が多いのは「BTCETHSHIB」の3銘柄であるとも報告されています。

なお、2023年9月18日時点におけるロビンフッドのSHIB保有枚数は、2億5,500万ドル(約376億円)に相当する「約34兆9,990億枚」とされています。

(画像:Arkham Intelligence)(画像:Arkham Intelligence

>>仮想通貨関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

2023年の仮想通貨投資利益「国別ランキング」日本の順位は?=Chainalysisレポート

クリプタクトが「Astar Network」に対応|DeFi取引などの確定申告・損益計算を簡単に

クリプタクトが「Astar Network」に対応|DeFi取引などの確定申告・損益計算を簡単に

仮想通貨取引にかかる税金を減らす「7つの節税方法」

仮想通貨取引にかかる税金を減らす「7つの節税方法」

日本円ステーブルコイン「JPYC」が大幅に進化?Progmat CoinでJPYC(信託型)発行へ

日本円ステーブルコイン「JPYC」が大幅に進化?Progmat CoinでJPYC(信託型)発行へ

ビットポイント「XRP保有者に対するソングバード(SGB)の付与方針」を発表

ビットポイント「XRP保有者に対するソングバード(SGB)の付与方針」を発表

Bitget保護基金、暗号資産の冬の時期に立ち上げ、トレーダーの信頼回復を目指す

Bitget保護基金、暗号資産の冬の時期に立ち上げ、トレーダーの信頼回復を目指す

注目度の高い仮想通貨ニュース

DOGEで知られる伝説の柴犬「かぼすちゃん」亡くなる:享年18歳

DOGEで知られる伝説の柴犬「かぼすちゃん」亡くなる:享年18歳

仮想通貨の投資家たちが集まるVRプロジェクト5thScape、プレセールで順調に資金を調達

仮想通貨の投資家たちが集まるVRプロジェクト5thScape、プレセールで順調に資金を調達

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

Solana系ミームコインに売り圧力が強まる、SEALが代替品として浮上

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

チリーズ関連ファントークンが日本でも取引可能に?SBI × Chiliz「合弁会社」設立へ

国内XRP保有者の声を反映するバリデータに|SBI VCトレード「XRPLのノード運用」開始

国内XRP保有者の声を反映するバリデータに|SBI VCトレード「XRPLのノード運用」開始

Google Cloud「Web3ポータル」公開|仮想通貨・ブロックチェーン関連情報を集約

Google Cloud「Web3ポータル」公開|仮想通貨・ブロックチェーン関連情報を集約

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

福岡県飯塚市「ブロックチェーン等を活用した実証実験プロジェクト」募集開始

MoonPay:PayPalで仮想通貨購入可能に「ADA・SHIB・DOGEなど110銘柄以上」に対応

MoonPay:PayPalで仮想通貨購入可能に「ADA・SHIB・DOGEなど110銘柄以上」に対応

仮想通貨決済のコインゲート「Solana」に対応|Shibarium統合の可能性も?

仮想通貨決済のコインゲート「Solana」に対応|Shibarium統合の可能性も?

ワールドコイン(WLD)「PayPal・OpenAIとの提携」を検討=報道

ワールドコイン(WLD)「PayPal・OpenAIとの提携」を検討=報道

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

コンビニ決済で「JPYC」が利用可能に?電算システムと業務提携

元CIA職員のスノーデン氏「ビットコインのプライバシー問題」について最終警告

元CIA職員のスノーデン氏「ビットコインのプライバシー問題」について最終警告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す