Polygon PoSのバリデーターに「Google Cloud」が参加|ネットワーク運営に貢献

by BITTIMES

Google Cloudが「Polygon PoS」のバリデーターに

ポリゴン(Polygon/MATIC)の開発をリードする「Polygon Labs」は2023年9月29日に、Polygon PoSのバリデーターに「Google Cloud」が参加したことを発表しました。

Polygonのネットワークでは、取引承認・合意形成の仕組みとしてプルーフ・オブ・ステーク(PoS)と呼ばれる仕組みが採用されており、バリデーターと呼ばれる複数の貢献者によってネットワークが支えられています。

今回の発表では、このPolygon PoSのバリデーターに「Google Cloud」が参加したことが報告されており、「PolygonのPoSネットワークは100以上のバリデーターに保護されている」とも説明されています。

今月、Google CloudがPolygon PoSの分散型バリデータと1つとなりました。

YouTubeとGmailを支えているのと同じインフラが、高速かつ低コストなPolygonプロトコルの安全性確保に役立っています。

PolygonのPoSネットワークは100を超えるバリデータに保護されており、Google CloudもPolygonを支える素晴らしい企業の1つです。

Google Cloudのようなハイクオリティで信頼できるセキュリティ重視のバリデーターは、Heimdall、Bor、PoSのユーザーに追加のセキュリティ層を提供します。

Polygonのエコシステムは広大で多様です。

以下のダッシュボードを使えば、誰でも全てのPolygon PoSバリデータ(Google Cloudを含む)のパフォーマンスとチェックポイント署名を確認することができます。

staking.polygon.technology/validators/157

既に10,000 MAITC以上のステーキング

Polygonの暗号資産である「MATIC」を保有している人々は、バリデーターへの委任手続きを行うことによってネットワークの運営プロセスに参加し、ステーキング報酬を獲得することが可能となっていますが、現在は「Google Cloud」に委任することも可能となっています。

「Polygon Staking」のサイトに掲載されているデータによると、Google Cloudのバリデータノードでは既に「10,451.12 MATIC」がステーキングされていると報告されています。

(画像:Polygon Staking)(画像:Polygon Staking)

バリデーターはブロックチェーンネットワークの安定稼働を維持するために非常に重要な存在であるため、Google Cloudのような大手企業のバリデーター参加はPolygonコミュニティにとって非常に嬉しいニュースだと言えます。

なお、今回の参加については「Google Cloud Singapore」からも以下のように報告されています。

現在、当社はPolygonのPoSネットワーク上でバリデーターとしての役割を果たしており、100を超える他のバリデーターとともにネットワークの集団セキュリティ、ガバナンス、分散化に貢献しています。

なお「Google Cloud」と「Polygon Labs」は今年4月に長期的な戦略的提携を発表しており、インフラや開発ツールを提供してPolygonをサポートしていく方針が説明されていました。

また、Polygon関連の最近の発表では「仮想通貨MATICをPOLにアップグレードする提案」なども公開されています。

>>Google関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NFTStudio:NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」提供開始

NFTStudio:NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」提供開始

コインブック:カルダノ(ADA)の現物取引サービス開始|NIDTがもらえるキャンペーンも

コインブック:カルダノ(ADA)の現物取引サービス開始|NIDTがもらえるキャンペーンも

日本セキュリティトークン協会への新規入会続く「正会員8社・賛助会員19社」に拡大

日本セキュリティトークン協会への新規入会続く「正会員8社・賛助会員19社」に拡大

メタマスク「セキュリティアラート機能」提供開始|アプリ&拡張機能で利用可能

メタマスク「セキュリティアラート機能」提供開始|アプリ&拡張機能で利用可能

ビットコイン価格予想「2025年に300,000ドル」の可能性:著名トレーダーTone Vays氏

ビットコイン価格予想「2025年に300,000ドル」の可能性:著名トレーダーTone Vays氏

豪州最大手コモンウェルス銀行「仮想通貨の売買・保管サービス」提供へ|BTCなど10銘柄

豪州最大手コモンウェルス銀行「仮想通貨の売買・保管サービス」提供へ|BTCなど10銘柄

注目度の高い仮想通貨ニュース

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

香港証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」が正式上場

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

DFINITY Foundationがインターネットコンピュータ上の分散型グローバルアクセラレーションプラットフォームであるOlympusを発表

シバイヌ新L3のユーティリティ&ガバナンストークン「TREAT」の獲得方法|LUCIE氏が説明

シバイヌ新L3のユーティリティ&ガバナンストークン「TREAT」の獲得方法|LUCIE氏が説明

「仮想通貨支持派ならドナルド・トランプに投票すべき」選挙演説で様々な支持発言

「仮想通貨支持派ならドナルド・トランプに投票すべき」選挙演説で様々な支持発言

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

シバイヌDEX「ShibaSwap」Shibariumサポートへ|ローンチパッドなども提供予定

仮想通貨企業の広告に「エミネム」登場|世界的セレブの起用に注目集まる

仮想通貨企業の広告に「エミネム」登場|世界的セレブの起用に注目集まる

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

エルサルバドル「ビットコイン保有量を開示する専用サイト」公開

Ripple社:日本で「XRPL活用した企業向けソリューション」導入へ

Ripple社:日本で「XRPL活用した企業向けソリューション」導入へ

ハードウェアウォレットのTangem「仮想通貨決済」に対応|SOL・DOGE・SHIBなども利用可能

ハードウェアウォレットのTangem「仮想通貨決済」に対応|SOL・DOGE・SHIBなども利用可能

スポンジ・ボブをテーマにしたSPONGE、ステーキング報酬の分配方法に関するアンケート調査を開始

スポンジ・ボブをテーマにしたSPONGE、ステーキング報酬の分配方法に関するアンケート調査を開始

仮想通貨でプリペイド決済「Slash Vプリカ SHOP」提供開始:Slash × ライフカード

仮想通貨でプリペイド決済「Slash Vプリカ SHOP」提供開始:Slash × ライフカード

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介NEW

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す