パブリックチェーンで「デジタル証券」発行へ|大和証券など4社が概念実証

by BITTIMES

イーサリアムでセキュリティトークンを発行

Ginco・大和証券グループ・大和証券・Fintertechの4社は2023年11月30日に、パブリックチェーン「イーサリアム」を活用したセキュリティトークン(デジタル証券)発行の概念実証を実施することを発表しました。

日本国内では既に、プライベートチェーンやコンソーシアムチェーンを用いたセキュリティトークンが発行されていますが、パブリックチェーン上でセキュリティトークンを発行する試みは日本国内で初めての事例であると報告されています。

パブリックチェーンを用いたデジタル証券の発行には様々な課題がありますが、グローバル市場ではパブリックチェーン上のデジタル証券が既に存在しており、具体的には「外部からの参照や移転指示などが自由で、透明性やインターオペラビリティの観点で有用であること」などがメリットとして挙げられています。

今回の取り組みはそのような背景を踏まえたもので「パブリックチェーン上でのセキュリティトークン発行」と「発行プラットフォームの開発」に関する概念実証を実施すると説明されています。

概念実証の概要について

今回発表されたパブリックチェーンにおけるセキュリティトークン発行に向けた概念実証の概要は以下の通りです。

概念実証の目的

パブリックチェーンでのセキュリティトークン発行に関する主な論点としては「ハッキングによる秘密鍵の流出」と「犯罪による収益の移転防止に関する法律における取引時確認」がある。

今回の概念実証では主に「ハッキングによる秘密鍵の流出」に焦点を当て、ハッキングが起こった場合にどのようにして顧客資産を守ることができるかについて検証する。

概念実証の概要

概念実証では、FintertechがパブリックチェーンであるEthereum上に用意された投資家2名(以下:投資家A・投資家B)のアドレスに対して、譲渡不可能なトークンである「ソウルバウンドトークン(SBT)」を付与する。

その後、発行会社がEthereum上でセキュリティトークン(ST)を発行する。このセキュリティトークンは、証券会社を介さずに少人数私募によって投資家Aに販売され、投資家Aは投資家Bに対してこのセキュリティトークンを売却する。

このセキュリティトークンは、スマートコントラクトによって「SBTが付与された投資家」しか売却・取得できないように設計されているため、ハッキングで秘密鍵が流出した場合にもセキュリティトークンの不正な移転ができないような設計となっている。

また「投資家の暗号鍵が盗まれた場合、発行体の暗号鍵が盗まれた場合、SBT発行体の暗号鍵が盗まれた場合」の3ケースにおいて、ST及びSBTのスマートコントラクトの設計により、問題の発生を未然に防ぐ、または発生時に元の状態に戻すことが可能であることを示す予定。

(画像:Ginco)(画像:Ginco)

参加企業概念実証における役割
大和証券株式会社実証実験の統括、プランニング、検討内容の整理・確定
Fintertech株式会社SBTの発行

実証実験における技術的なアドバイス・検証
株式会社Ginco実証実験におけるシステム環境の構築

実証実験における技術的なアドバイス・検証

今後の予定

概念実証は2024年1月以降の実施を予定。概念実証終了後には検証結果などを報告予定。

>>デジタル証券関連の最新記事はこちら

Ginco発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

シンボル(XYM)開発者Hatchet氏に質問できる「Symbol AMA」開催決定:Crypto Hiroba

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

YELLtum:スポーツチームが発行主体の「ファントークン」販売開始|新機能も追加予定

Square「仮想通貨関連特許への自由なアクセス」を提供する非営利団体を設立

Square「仮想通貨関連特許への自由なアクセス」を提供する非営利団体を設立

コインチェックが「Enjin」と連携|マインクラフトで利用できるデジタル資産取扱いへ

コインチェックが「Enjin」と連携|マインクラフトで利用できるデジタル資産取扱いへ

世界4大会計事務所「KPMGカナダ」ビットコイン・イーサリアムを初購入

世界4大会計事務所「KPMGカナダ」ビットコイン・イーサリアムを初購入

Bitget:FTXの破綻で影響を受けたユーザーを支援するために500万ドルのビルダーズファンドを用意!

Bitget:FTXの破綻で影響を受けたユーザーを支援するために500万ドルのビルダーズファンドを用意!

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説