米SEC「仮想通貨投資は非常にリスクが高い」と警告|現物ETF承認のサインと捉える人も

by BITTIMES

「暗号資産証券はリスクが高い」と警告

米国証券取引委員会(SEC)は2023年12月9日に、仮想通貨を"暗号資産証券"を表現した上で『暗号資産証券は価格変動が激しい場合があり、非常にリスクが高い』と注意喚起を行いました。

今回のポストでは今年3月に公開された「仮想通貨投資に関する注意喚起の記事のリンク」が再投稿されており、記事内では「仮想通貨市場が不安定なこと・詐欺が多いこと・運営企業倒産のリスクがあること・投資家保護が欠けている可能性があること」など、様々な注意点について警告がなされています。

  • 仮想通貨市場は非常に不安定で投機的な場合がある
  • 仮想通貨関連サービスの中には投資家保護が十分でないものがある
  • 仮想通貨投資は個人投資家にとって損失リスクが高い
  • 法律を遵守していない仮想通貨関連企業もいる
  • 仮想通貨投資は非常にリスクが高く、多くの場合で不安定
  • 価格変動・運営企業倒産などの重大なリスクがある
  • 偽コインやねずみ講など様々な詐欺が存在する
  • 有名人が推奨しているからといって信頼すべきではない

暗号資産証券への投資は非常にリスクが高く、まれに価格変動が激しい時があります。詳細は投資家向けアラートをご覧ください。

投資計画やリスク理解の重要性も強調

このように警告する米SECは、リスクを理解してしっかりと投資計画を立てることが重要だと説明しており、投資する前に考慮すべきヒントとして以下の4点を挙げています。

  • 投資計画を作成して実行し、短期的な感情が長期的な投資目標の妨げにならないようにする。短期投資の場合はポートフォリオ全体の中のどれくらいをこの種の投資に割り当てるべきかをしっかりと考えるべき。
  • クレジットカードや高金利の借金がある場合は最初にそれを返済すべき。
  • 資産配分と分散化の重要性を認識すべき。配分には株式・債券・現金など様々な資産に分散投資することが含まれる。最適な配分はその人の投資期間・リスク許容能力などによって変化する。
  • 投資リスクを十分に理解すべき。リスクや対象となる投資商品を理解できていない場合は、絶対に投資してはならない。

なお、SECは"自分が最適な投資を実行できているかどうか"を判断するための基準の1つとして「その投資を行なった場合に自分が夜眠れるかどうか」という基準も挙げています。

「現物ETF承認のサイン」と指摘する意見も

今回の注意喚起に対しては「暗号資産証券という言葉は法的根拠がなく、定義が明確化されていない意味のない言葉だ」と批判する意見も出ていますが、その一方では「今回の注意喚起はビットコイン現物ETFの承認が迫っているサインである」と指摘する意見も出ています。

これは「米SECは過去にもETF承認前に注意喚起を行なった上で承認発表を行なっている」という理由に基づくものであり、ビットコイン先物ETF上場の数日前にもこのような注意喚起が行われていたと報告されています。

これらの意見はあくまでも予想であり、ビットコイン現物ETFが承認されると確定したわけではないものの、ここ最近では「近日中のビットコイン現物ETF承認を予想する意見」が数多く報告されているため、今後の発表には注目が集まっています。

>>ETF関連の最新記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz:オランダのサッカークラブと初提携「Fortuna Sittard」の$FORトークン発行へ

Chiliz:オランダのサッカークラブと初提携「Fortuna Sittard」の$FORトークン発行へ

Everdome「メタバース土地NFTのミント」が可能に|鋳造後は取引も可能

Everdome「メタバース土地NFTのミント」が可能に|鋳造後は取引も可能

仮想通貨暴落の原因。今回はCoinbaseもダウン

仮想通貨暴落の原因。今回はCoinbaseもダウン

ファイルコインは有価証券ではない「Protocol Labs」が米SECの主張に反論

ファイルコインは有価証券ではない「Protocol Labs」が米SECの主張に反論

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

DEP用いた新作Play to Earnゲーム「Cookin’ Burger」オープンβ版公開:DEA社

DEP用いた新作Play to Earnゲーム「Cookin’ Burger」オープンβ版公開:DEA社

注目度の高い仮想通貨ニュース

ディープコイン(DEP)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ディープコイン(DEP)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

米国政府がシルクロード関連のBitcoin1億3000万ドルを売却へ、賢いトレーダーが下落相場で購入するミームコインとは?

米国政府がシルクロード関連のBitcoin1億3000万ドルを売却へ、賢いトレーダーが下落相場で購入するミームコインとは?

SHIBで新たなNFTコレクションが登場?「SHEBOSHI」の公式Xアカウント公開

SHIBで新たなNFTコレクションが登場?「SHEBOSHI」の公式Xアカウント公開

ジーキャッシュ(ZEC)価格急騰|Grayscaleが新たに「プライバシーETF」を申請

ジーキャッシュ(ZEC)価格急騰|Grayscaleが新たに「プライバシーETF」を申請

2月の仮想通貨ニュース:ビットコイン価格推移&ミームネータープレセール413万ドル達成

2月の仮想通貨ニュース:ビットコイン価格推移&ミームネータープレセール413万ドル達成

脱税者の仮想通貨追跡システム導入で「62億ウォン」の税金徴収=韓国

脱税者の仮想通貨追跡システム導入で「62億ウォン」の税金徴収=韓国

新記録更新、ミームネーターがプレセールで450万ドルを上回る

新記録更新、ミームネーターがプレセールで450万ドルを上回る

Google:米国で「現物ビットコインETFの広告」を許可|BlackRock・VanEckは宣伝を開始

Google:米国で「現物ビットコインETFの広告」を許可|BlackRock・VanEckは宣伝を開始

Flare:世界初のコンプライアンス準拠型分散型先物プロトコル「XDFi」を発表

Flare:世界初のコンプライアンス準拠型分散型先物プロトコル「XDFi」を発表

あの人が保有する仮想通貨をのぞき見|Phantom「ウォレットウォッチャー機能」追加

あの人が保有する仮想通貨をのぞき見|Phantom「ウォレットウォッチャー機能」追加

BINANCE「インスクリプション・マーケットプレイス」公開|BRC-20などの売買・発行が可能に

BINANCE「インスクリプション・マーケットプレイス」公開|BRC-20などの売買・発行が可能に

日本国内の仮想通貨予測:2024年に期待が集まる2つの銘柄

日本国内の仮想通貨予測:2024年に期待が集まる2つの銘柄

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す