BINANCE「本人確認(KYC)情報漏洩の噂」について説明|自分でできる対策は?

by BITTIMES

情報漏洩は発生していないと説明

暗号資産取引所BINANCE(バイナンス)は2024年2月5日に、SNS上で報告されたBINANCEユーザーの本人確認(KYC)情報漏洩に関する噂について調査を実施した上で、「そのような情報漏洩が発生していないことを確認した」と説明を行いました。

今回の噂は「BINANCEユーザーのKYC情報がダークウェブで販売されている可能性がある」という内容のもので、X上で投稿されたこの噂は多くのユーザーに拡散されていました。

しかし、BINANCEのカスタマーサポートチームはこの投稿に対して以下のようにコメントしており、「バイナンスのアカウントは多要素認証・バイオメトリクス・認証アプリなどを含む多くの防御手段で保護されていて、ユーザーアカウントも安全なままである」と説明されています。

当社のセキュリティチームは、すべての潜在的な脅威と同様にこの問題について評価を行い、バイナンスのシステムでこのような情報漏洩が発生していないことを確認しました。ユーザーアカウントは安全なままです。

アカウントは、多要素認証・バイオメトリクス・認証アプリなどを含む多くの防御手段によって保護されています。

私たちが調査して、必要に応じたユーザー保護措置を講じることができるよう、潜在的なバグやセキュリティ上の問題を共有してくださる方々にはいつも感謝しています。

KYC情報は法執行機関から漏洩?

ただし、今回のKYC情報漏洩については「ハッカーが法執行機関のプラットフォームに不正アクセスして、 BinanceとCoinbaseのユーザー情報を取得した」と報告されているため、ユーザーのKYCデータの安全性については懐疑的な意見も出ています。

これはでたらめだ。法執行機関プラットフォームへのアクセスが事実でないと言いたいのか?

つまり、バイナンスに関する2つの異なるデータが販売されているという話なので、混乱しないでください。

  1. 基本的な個人情報(名前・国籍・電話番号)
  2. 法執行システムへのアクセスによる完全なKYCデータ

被害を避けるための自己対策が重要

KYC情報漏洩の詳細や現状は現時点で不明であるものの、仮想通貨業界ではこれまでにも複数回にわたって「仮想通貨ユーザーの個人情報が闇サイトで販売されている」という報告がなされています。

BINANCEのような取引所以外のプラットフォームを介して情報が漏洩している可能性があることなどを考えると、依然として個人情報漏洩に関する懸念は残るため、「二段階認証などでセキュリティを強化する、定期的にパスワードなどを更新する」など自分でできる最大限の対策を行うことが重要です。

二段階認証を設定しておけば不正アクセスに対する防御壁を1つ増やすことが可能で、定期的にパスワード更新を行えば、万が一情報が漏洩していた場合にも被害を避けられる可能性が高くなります(※パスワード紛失などにはご注意ください)。

>>資産保護のために読みたい記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

MigosのラッパーTakeoff:人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を購入

MigosのラッパーTakeoff:人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を購入

ビットメイン:モンゴル施設内の「マイニングマシン1万台」が行方不明に

ビットメイン:モンゴル施設内の「マイニングマシン1万台」が行方不明に

SBIデジタルアセット:STO関連事業強化に向けスイスの「Sygnum Bank」に出資

SBIデジタルアセット:STO関連事業強化に向けスイスの「Sygnum Bank」に出資

ビットポイント「新庄剛志氏出演のテレビCM」2022年正月三が日に全国放送へ

ビットポイント「新庄剛志氏出演のテレビCM」2022年正月三が日に全国放送へ

仮想通貨価格「再び大幅下落」今後予想される動きは?

仮想通貨価格「再び大幅下落」今後予想される動きは?

エストニア:暗号資産関連企業「500社以上」のライセンス取り消し=Bloomberg報道

エストニア:暗号資産関連企業「500社以上」のライセンス取り消し=Bloomberg報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

ディープコイン(DEP)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ディープコイン(DEP)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ミームネーター:ChatGPTが2024年に大きく成長する可能性を予測?

ミームネーター:ChatGPTが2024年に大きく成長する可能性を予測?

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

ソラナ関連銘柄が多数上場|仮想通貨取引所「Backpack Exchange」ベータ版公開

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

仮想通貨に関する権利を保護|米国で「ブロックチェーン基本法」導入進む

仮想通貨に関する権利を保護|米国で「ブロックチェーン基本法」導入進む

ミッションクリアでBTCがもらえる「Coincheckリワード」提供開始|期間限定で報酬50%増量

ミッションクリアでBTCがもらえる「Coincheckリワード」提供開始|期間限定で報酬50%増量

ビットコインは避難用パラシュート|ロバート・キヨサキ氏「アメリカ帝国の終焉」を予測

ビットコインは避難用パラシュート|ロバート・キヨサキ氏「アメリカ帝国の終焉」を予測

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

ビットコインドック、史上初のBRC-20のICOを開始

ビットコインドック、史上初のBRC-20のICOを開始

現物ビットコインETFが「歴史上No.1」に|1ヶ月間の資金流入額で記録更新

現物ビットコインETFが「歴史上No.1」に|1ヶ月間の資金流入額で記録更新

GameFi分野の新スターMeme Kombatが800万ドルの調達を達成、完売に向かって進むプレセール

GameFi分野の新スターMeme Kombatが800万ドルの調達を達成、完売に向かって進むプレセール

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す