メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

by BITTIMES

ビットコイン(BTC)で買い物が可能に

メルカリは2024年2月15日に、メルカリで商品を購入する際に保有しているビットコイン(BTC)を使用できる「ビットコイン決済機能」の提供を開始したことを発表しました。

メルカリでは昨年3月に、メルカリ子会社で暗号資産交換業者のメルコインを通じて「ビットコイン取引サービス」が開始されていましたが、今回は新たに「メルカリでの買い物にBTCを使用できる機能」が提供開始されています。

ビットコインは「メルカリShops」を除くメルカリアプリでの買い物に利用することが可能で、ビットコイン決済を選択した場合には、保有するBTCを売却して得られたお金で「メルペイ残高」への自動チャージが行われ、支払いに使用できる仕組みとなっています。

メルカリアプリを利用していて、メルカリのビットコイン取引サービスでBTCを保有している方は、本日から段階的にビットコイン決済機能を利用することができるようになるとのことで、新機能の概要については以下のように報告されています。

ビットコイン決済機能の概要

【新機能概要】
メルカリの商品購入画面から、ポイントを使用するのと同じようにビットコインを支払い方法のひとつとして利用できるようになります(※ポイントや売上金との併用も可能)

【補足事項】

  • 「メルカリ」のビットコイン取引サービスで保有しているビットコインが使用対象となります
  • 保有しているビットコインを売却して、メルペイ残高に戻した日本円が支払いに使用されます
  • 決済時、ビットコインの売却価格はスプレッド分が引かれた価格となります

(画像:メルカリ)(画像:メルカリ)

(画像:メルカリ)(画像:メルカリ)

(画像:メルカリ)(画像:メルカリ)

株式会社メルコインのCEOである中村 奎太氏は、ビットコイン決済の提供開始について次のようにコメントしています。

2023年3月にビットコイン取引サービスをリリースし、100万を超えるお客さまにご利用いただき暗号資産が少しづつ身近に感じていただけるようになってきたのではないかと思います。このステップをもう一歩大きく進めるべく、今回メルカリでビットコインが使える世界を実現しました。

いつものメルカリで、いつもの購入体験の中に当たり前のようにビットコインが存在する状態を作ることで、日常的に活用できるものであることを知ってもらい、新しい価値をより実感してもらえると思います。

まだまだ暗号資産は投資の側面が強い中で、我々はメルカリを世界でも有数のビットコインによる決済が行われる場所にしていきたいと考えています。こうした新しい価値の循環によって、ブロックチェーンの世界との架け橋となれるよう、今後もさらにサービスを拡大してまいります。

>>ビットコイン関連の最新記事はこちら

メルカリ発表

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Cardano/ADA】カタリスト(Catalyst)の「投票方法」プロジェクト内容の確認方法も

【Cardano/ADA】カタリスト(Catalyst)の「投票方法」プロジェクト内容の確認方法も

【Cardano】Shelleyテストネット、ステークプール登録数が「240」を突破

【Cardano】Shelleyテストネット、ステークプール登録数が「240」を突破

中国大手マイニング機器メーカー「Ebang(エバン)」近日中にNASDAQ上場か

中国大手マイニング機器メーカー「Ebang(エバン)」近日中にNASDAQ上場か

シバイヌ(SHIB)提携のK9 Finance「DAO憲章」を発表|内容の日本語訳も

シバイヌ(SHIB)提携のK9 Finance「DAO憲章」を発表|内容の日本語訳も

Huobi Japan「イーサリアム大型アップグレード・ETHW・ETHS」などの対応方針を発表

Huobi Japan「イーサリアム大型アップグレード・ETHW・ETHS」などの対応方針を発表

tofuNFT:HashPaletteの「パレットチェーン」に対応|PLT Placeとも連携

tofuNFT:HashPaletteの「パレットチェーン」に対応|PLT Placeとも連携

注目度の高い仮想通貨ニュース

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

トレーダーたちが最新ミームコインSlothanaに270万ドル相当のSOLを送る

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

SMOGが大手取引所MEXCに上場、話題のエアドロップ・キャンペーンはシーズン2へ

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

Flare基盤の「AI生成NFT」を簡単発行|Atrivがスニークピーク映像公開

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

カルダノ(ADA)GitHubの開発活動ランキングで「圧倒的1位」を記録

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

VR・ARコイン5SCAPEの人気が上昇中、プレセールは300万ドル調達間近

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す